イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

B-12 かぶら寿し

穴水の蕪に挟まれたサバが絶品!穴水の冬のごっつおです。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
0.8kg 樽

穴水の蕪に挟まれたサバが絶品!穴水の冬のごっつおです。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
0.8kg 樽
このエントリーをはてなブックマークに追加

穴水のかぶら寿司とは?

写真

北陸で、かぶら寿しというと、中に入れる魚は「ブリ」を使用することが多いのですが、曽良のかぶら寿しは「サバ」を使用しています。
また、食品添加物不使用のため、保存中発行が進み、酸味と旨味が増していく変化が楽しめる商品です。

全て手作業で行われるかぶら寿司作り

写真

能登では昔から作られている【かぶら寿司】。当初は家庭で作られていたものが段々評判になり、能登の名産品となりました。低農薬の白かぶらと日本海で捕れた鯖を使用し、かぶらの洗浄からカット、型抜き、製造まですべてが手作業で行われています。カブはやわらかくシャキシャキとした歯ごたえに、噛みしめるとコウキュウなしめ鯖のような風味が口いっぱいに広がります。金沢のかぶら寿司とは違いさっぱりしているので、かぶら寿司が苦手という方にも是非食べていただきたい一品です。

生産者の想い

写真



穴水町の曽良(そら)地区のおかあさんたちが丹精込めて作っています。
おかあさんたちが、能登の赤土の畑で主原料である大きなまんまるの「白かぶら」を育て、
脂の乗った塩サバを挟み、地元の糀で漬け込んだ穴水の冬のごちそうの「かぶら寿し」です。
かぶら寿しのシーズンはおかあさんたちが朝早くから
かぶらの収穫や仕込みに発送作業を行い、冬のごっつおを食卓に届けてくれます。

配送方法等

配送方法等


■配送方法 :クロネコヤマト(予定) 樽型の容器を専用のダンボールに入れて発送します
■お届け時期:11月中旬から順次発送となります。お届け期間中のご寄附の場合、寄附日から早くて2週間ほどでお届けが可能です。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる