イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

005001. 【トマト農家の味】マイルドトマトカレー(中辛)2個セット

2014モンドセレクション銀賞、100%小松産トマト使用、無添加! 水を一切使わず小松産トマトの水分だけで作りました。スパイシーでトマトの酸味が生きており、どろりとした油脂感がありません。思わずリピートしたくなるレトルトカレーです。

5,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
トマトカレー(レトルトパウチ1人前180g)×2袋

2014モンドセレクション銀賞、100%小松産トマト使用、無添加! 水を一切使わず小松産トマトの水分だけで作りました。スパイシーでトマトの酸味が生きており、どろりとした油脂感がありません。思わずリピートしたくなるレトルトカレーです。

5,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
トマトカレー(レトルトパウチ1人前180g)×2袋
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

北陸三県一の生産量「小松とまと」

 小松市は、昭和30年代から続く、北陸三県一の生産量を誇るトマトの産地。約50軒のトマト農家が栽培し、年間約1500トンを出荷しています。主な品種は「桃太郎はるか」と「麗容(れいよう)」。たっぷりと太陽の恵みを受けて丁寧に育てられた小松とまとは、春(5月~7月)と夏秋(9月~11月)に最盛期を迎え、果肉が柔く、程よい酸味が特徴です。

写真

トマト農家から生まれたトマトカレー

 小松のトマトは程よい酸味が特徴で、子供も喜んで食べてくれるやさしい味です。
 トマト農家の皆さんが、普段食べている方法を再現して生まれた料理が、この「トマトカレー」です。2007年にトマトのPRイベント「トマト祭り」をきっかけに商品化の検討が始まり、2008年にはJA小松市を中心とした産学官連携の開発チームが発足しました。
 ちょっとした傷があったり、形が悪かったりしたものは商品にならず、年間30~40トンが規格外のために廃棄されていたこともあって、プロジェクトの成功は誰もが望んでいました。毎週150食のカレーを作って専門家と打ち合わせしながら、通年で加工できる施設の建設に至ることで、2010年に念願の「トマトカレー」はようやく完成しました。

写真

 現在、JA小松市では「マイルド」を中心に4種類を販売中。中でも「マイルド」は2010年に農林水産大臣賞、2013年度にモンドセレクション銀賞を受賞しています。トマト農家の思いをのせた小松の名産品です。ぜひ、ご賞味ください。

写真
写真

 2011年10月、小松市は民間団体の環境王国認定委員会(大阪市)が選ぶ「環境王国」に北陸三県で初めて認定されました。自然と人との調和が保たれた都市として、豊かな里山・里湖の自然文化を守り、次世代へ引き継ぐための取り組みが認められたことになります。
 絶景と称賛される「木場潟から望む霊峰白山」をシンボルに、農林水産物の販売・加工といった6次産業や、里山、観光、環境、定住など多方面にわたる交流人口を拡大して、環境王国こまつの魅力を全国に発信していきます。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる