イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

010117. 【北陸三県で生産量NO.1】小松とまとづくし

北陸3県で最大のトマト産地である小松市産の小松とまとで作った加工品3種類のセットです。 ◆まるごととまとジュース JA小松市が、農家を応援するため未利用農産物ゼロを目標に、トマトのキズや割れを1つ1つ丁寧に取り除いた可食部を「規格外トマト」として加工しています。 通常のトマトジュース(濃縮還元タイプ)と比べると、果肉が多く、トマト特有の青臭さが抑えられており、オレンジ色が強いのが特徴で、季節ごとに違うトマトの風味がお楽しみいただけます。 小松市産生食用トマトを100%使⽤しており、着⾊料・保存料は使⽤していないので安心してお飲みいただけます。 ◆小松とまとでつくったカレールウ 小松市は北陸一のトマト産地。小松市産のトマトと小麦を使って家族で食べられるカレールウが出来ました!ぜひご賞味ください。 ◆とまとケチャップ JA小松市が販売する、小松産の完熟トマトをたっぷりと使ったケチャップです。 とまとの味が濃いのが特徴です。着色料、保存料一切使用しておりません。そのまま料理に掛けるだけでなく、炒め物や煮込み料理などに幅広く使えます。 JA小松市

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
まるごととまとジュース 720ml×2本 小松とまとでつくったカレールウ 150g(6皿分) とまとケチャップ 380g×1本

北陸3県で最大のトマト産地である小松市産の小松とまとで作った加工品3種類のセットです。 ◆まるごととまとジュース JA小松市が、農家を応援するため未利用農産物ゼロを目標に、トマトのキズや割れを1つ1つ丁寧に取り除いた可食部を「規格外トマト」として加工しています。 通常のトマトジュース(濃縮還元タイプ)と比べると、果肉が多く、トマト特有の青臭さが抑えられており、オレンジ色が強いのが特徴で、季節ごとに違うトマトの風味がお楽しみいただけます。 小松市産生食用トマトを100%使⽤しており、着⾊料・保存料は使⽤していないので安心してお飲みいただけます。 ◆小松とまとでつくったカレールウ 小松市は北陸一のトマト産地。小松市産のトマトと小麦を使って家族で食べられるカレールウが出来ました!ぜひご賞味ください。 ◆とまとケチャップ JA小松市が販売する、小松産の完熟トマトをたっぷりと使ったケチャップです。 とまとの味が濃いのが特徴です。着色料、保存料一切使用しておりません。そのまま料理に掛けるだけでなく、炒め物や煮込み料理などに幅広く使えます。 JA小松市

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
まるごととまとジュース 720ml×2本 小松とまとでつくったカレールウ 150g(6皿分) とまとケチャップ 380g×1本
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

○小松とまと50周年に感謝!

 小松のトマト栽培はハウスでの養液栽培が主流。地面に苗を植えず、熱処理したもみ殻を入れた容器に根を張らせて液体の肥料を与えることで農薬の使用を最小限に留め、トマトが効率的に栄養を吸収するので、味の濃いトマトが育ちます。
 甘すぎるわけでも強い個性があるわけでもないけれど、昔ながらのトマトの味がします。旬の時期限定商品です。子供にも食べさせたい安心の味です。ぜひ、ご賞味ください。

写真

○北陸三県一の生産量

 小松市は、昭和30年代から続く、北陸三県一の生産量を誇るトマトの産地。約50軒のトマト農家が栽培し、年間約1500トンを出荷しています。
 主な品種は「桃太郎はるか」と「麗容(れいよう)」。たっぷりと太陽の恵みを受けて丁寧に育てられた小松とまとは、春(5月~7月)と夏秋(9月~11月)に最盛期を迎え、果肉が柔く、程よい酸味が特徴です。

写真

○おいしい食べ方、提案します

写真
 生産者だけでなく、消費者の立場からも「小松とまと」のブランド価値を高めるために発足した「小松とまとコミッティー」。
 フードジャーナリストの里井真由美さんを中心に、イベントやレシピコンテストなどを通じて、おいしいトマトの食べ方レシピを普及しています。

小松とまと(各種パンフレットなど)

写真

小松市のおすすめ返礼品(農産物)をご紹介

写真

○環境王国こまつからの贈り物

 2011年10月、小松市は民間団体の環境王国認定委員会(大阪市)が選ぶ「環境王国」に北陸三県で初めて認定されました。自然と人との調和が保たれた都市として、豊かな里山・里湖の自然文化を守り、次世代へ引き継ぐための取り組みが認められたことになります。
 絶景と称賛される「木場潟から望む霊峰白山」をシンボルに、農林水産物の販売・加工といった6次産業や、里山、観光、環境、定住など多方面にわたる交流人口を拡大して、環境王国こまつの魅力を全国に発信していきます。

環境王国こまつ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる