イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

37 ほたるいか ボイル&刺身セット

滑川産のホタルイカは、産卵期の成熟したメスを定置網で獲るため、身はふっくら、鮮度抜群です。 ホタルイカの刺身は、職人が一匹一匹手作業で内臓を取り除いていますので、安心してお召し上がりいただけます。 ボイルほたるいかは、朝どれのものを新鮮なうちに茹で上げています。加熱してありますので、こちらもそのままお召し上がりいただけます。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ボイルほたるいか:230g ほたるいか刺身:21尾

滑川産のホタルイカは、産卵期の成熟したメスを定置網で獲るため、身はふっくら、鮮度抜群です。 ホタルイカの刺身は、職人が一匹一匹手作業で内臓を取り除いていますので、安心してお召し上がりいただけます。 ボイルほたるいかは、朝どれのものを新鮮なうちに茹で上げています。加熱してありますので、こちらもそのままお召し上がりいただけます。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ボイルほたるいか:230g ほたるいか刺身:21尾
このエントリーをはてなブックマークに追加

【注意!!】※※必ずご確認ください※※

※配送日指定不可
※発送前に必ず在宅確認の電話連絡をいたします。連絡が取れない場合は返礼品の発送ができませんので、お申し込みの際は、必ず連絡の取れる電話番号をご記入ください。
※離島への配送はできません。

富山湾の神秘・ホタルイカ

写真

深海200~600mに生息するホタルイカは、産卵の時期である3月から5月にかけて富山湾にやってきます。
全国に分布しているホタルイカですが、これほど大群で押し寄せるのは世界的にも珍しく、滑川市沿岸を含む富山市から魚津市までの海域は「ホタルイカ群遊海面」として国の特別天然記念物にも指定されています。

環境にもやさしい滑川のホタルイカ漁

ホタルイカの漁期は3月~6月。
富山県では、春に産卵のために深海から海面近くにあがってきた、メスのホタルイカを誘導して獲る「定置網漁」を行っています。底引き網で一度に多くの群れをとってしまう漁とは違い、「資源にやさしい漁業」、「自然と上手に共生した漁業」と呼ばれています。

写真

また、定置網の一部には昔ながらの「わら網」を使用しており、漁が終わると、わら網を切り落とすことで、藻場を作り出し、良好な漁礁となる効果があると言われています。

ホタルイカ漁の出港は午前2時頃。
滑川漁港から約3kmの沿岸、11カ所の定置網で漁を行っています。

写真

漁師たちが力を合わせて定置網を引き上げると、網にかかったホタルイカはキラキラと青白い光を放ちます。

写真

獲れたて新鮮なホタルイカは、ホタルイカの生息している深海の水・海洋深層水を使用し、鮮度を保ったまま漁港へと運ばれます。

ふっくらプリプリ

写真

滑川の定置網漁では、産卵のためやってきたメスを漁獲するため身が大きくふっくらとしているのが特徴です。
競り落とされた後は海洋深層水につけ鮮度を保ち、熟練の職人が絶妙な塩加減で茹で上げその日のうちに発送されます。
ホタルイカの本場滑川漁港朝どれのホタルイカが翌日(※遠方の場合は翌々日)にご自宅に届きますので、その新鮮な美味しさをご堪能ください。

新鮮でなければ食べられないホタルイカの刺身

写真

生のまま食べると食中毒の原因になることもある内臓を熟練の職人が1匹1匹手作業で取り除いておりますので、生のまま安心してお召し上がりいただけます。
鮮度にこだわった滑川ならではの品。こちらも朝どれのものを即日発送しています。

地元でしか味わえない生のホタルイカが持つ上品な甘さを存分にお楽しみください。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる