イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

全種味噌セット(こし入りタイプ)

創業80年、今も変わらず品質本位をモットーに美味しさと安全を求め続けている渋谷商店。 原料にこだわり、手間暇惜しまず造り上げたシブヤのお味噌をぜひお召し上がりください。 ■別製こし味噌  国産米麹入り赤味噌。まろやかでコクのある風味が魅力です。  麹の粒を漉して見えなくしたもの。 ■特撰こし味噌  上質な国産米麹をたっぷり使った白味噌風の越後味噌※。 上品でさわやかな風味が好評です。  麹の粒を漉して見えなくしたもの。 ■吟醸つぶ味噌  国産米、国産大豆、天日塩を使い、こだわったコクのある極上甘口な越後味噌  マイルドな風味で納得の一品。 ※越後味噌:米どころ新潟出身の味噌。米麹が味噌の中に浮いたように見えるのが特徴。          コクのある味わいの赤色中辛口味噌。 【提供事業者】株式会社 渋谷商店 【原材料名】大豆(遺伝子組み換えでない)、米、食塩、酒精 ※写真はイメージです。 ※直射日光を避け、常温で保存してください。開封後は冷蔵庫で保管してください。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
別製こし1kg×2個、特撰こし1kg×2個、吟醸つぶ1kg×1個

創業80年、今も変わらず品質本位をモットーに美味しさと安全を求め続けている渋谷商店。 原料にこだわり、手間暇惜しまず造り上げたシブヤのお味噌をぜひお召し上がりください。 ■別製こし味噌  国産米麹入り赤味噌。まろやかでコクのある風味が魅力です。  麹の粒を漉して見えなくしたもの。 ■特撰こし味噌  上質な国産米麹をたっぷり使った白味噌風の越後味噌※。 上品でさわやかな風味が好評です。  麹の粒を漉して見えなくしたもの。 ■吟醸つぶ味噌  国産米、国産大豆、天日塩を使い、こだわったコクのある極上甘口な越後味噌  マイルドな風味で納得の一品。 ※越後味噌:米どころ新潟出身の味噌。米麹が味噌の中に浮いたように見えるのが特徴。          コクのある味わいの赤色中辛口味噌。 【提供事業者】株式会社 渋谷商店 【原材料名】大豆(遺伝子組み換えでない)、米、食塩、酒精 ※写真はイメージです。 ※直射日光を避け、常温で保存してください。開封後は冷蔵庫で保管してください。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
別製こし1kg×2個、特撰こし1kg×2個、吟醸つぶ1kg×1個
このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷の味噌づくり

渋谷の味噌は「おばあちゃん世代からずっと使っています」という方が多いそうです。
おばあちゃんの味、母の味、家の味として、代々受け継がれ、
お味噌の香りや、お味噌汁を飲んだ瞬間に愛しい風景がよみがえるような、そんなお味噌でありたいという思いで80年間お味噌をつくり続けています。
また、渋谷のお味噌のつくり方は、手間ひまを惜しまず、時間をかけているため、非効率的な作業が多いといわれますが、
製造工程の中には小さなこだわりが沢山詰め込まれています。

製麹

写真
米は国産(主に新潟県産米)を使い、一晩浸漬させたのち「こしき」という昔ながらの製法で浸漬米を蒸します。
大釜に浸漬米を敷き、蒸気が抜けたところからさらに浸漬米を重ねて、全体ムラなく均一に蒸しあげます。
この方法を抜け掛け方といい、昔ながらの方法です。
こうして蒸しあがった蒸米を製麹に適した温度まで冷却して、麹菌を植えつけ、48時間生育・増殖させます。

大豆

写真
渋谷のお味噌は大豆の煮方も昔ながらの方法です。
豆の種類によって、その豆に適した煮方をしますが、基本は愚直なまでに朝早くからコトコト時間をかけて煮ることです。
その間、温度調節や豆の柔らかさに細心の注意をはらいます。
圧力をかけて数十分で処理してしまう今の時代からみれば、時代遅れな味噌屋かもしれませんが、
職人たちはそれに誇りをもって美味しいお味噌造りに励んでいます。

熟成

渋谷のお味噌は徹底した衛生管理のもとで熟成させています。
原料やつくり方が同じでも、「味噌は生き物」といわれるように、すべてのタンクで熟成具合が異なります。
樽ごとに色や香り、柔らかさ、味を確かめながら6~12ヶ月熟成させていきます。
安心安全を第一に考え、衛生面に十分気を配り、品質にばらつきなく安定させることがとても大切です。

製造者

株式会社 渋谷商店
住所:聖籠町東港7丁目4763-7
TEL:025-278-1600

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる