イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

A-2. ヤスダヨーグルトセット

搾りたての牛乳は生乳と呼ばれ、たくさんの栄養が含まれています。そんな搾りたての生乳の風味と栄養をそのままに「のむヨーグルト」に仕立てました。生乳のもつ栄養素がまるごと含まれているので、飲み比べると味の違いがハッキリとわかります。 【㈲ヤスダヨーグルト】 TEL:0250-68-5028

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ヤスダドリンクヨーグルト 150ml×25本

搾りたての牛乳は生乳と呼ばれ、たくさんの栄養が含まれています。そんな搾りたての生乳の風味と栄養をそのままに「のむヨーグルト」に仕立てました。生乳のもつ栄養素がまるごと含まれているので、飲み比べると味の違いがハッキリとわかります。 【㈲ヤスダヨーグルト】 TEL:0250-68-5028

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ヤスダドリンクヨーグルト 150ml×25本
このエントリーをはてなブックマークに追加

酪農家の思いから生まれた「ヤスダヨーグルト」

写真
阿賀野市安田地区(旧安田町)は、新潟県の酪農発祥の地として古くから酪農が盛んな地域です。
年々増える牛乳の生産量が需要を大幅に上回るようになり、国による生産調整が実施されたことで、酪農家たちは牛乳が余ってしまう状況に困っていました。
大切な牛乳を廃棄するのは忍びないと、牛乳を余すことなく使えるヨーグルトに目をつけ、地元の酪農家9人で「安田牛乳加工処理組合」を設立し、1989年には「有限会社ヤスダヨーグルト」が誕生しました。

ヒットのきっかけはCA?
手に取ってもらうまでの苦労

写真
現在では都内をはじめ全国のスーパーでも販売されていますが、当時は小さな工場で作ったヨーグルトをすぐに広めることはできず、最初は地元のスーパーにも置いてもらえませんでした。
県外での新潟物産展などで地道に商品のおいしさを伝えていくうち、お客様の「近所で販売してほしい」という声が直接スーパーに届き、少しずつ販路が広まっていったのだとか。さらには新潟空港に寄るCA(客室乗務員)の方々がそのおいしさに次々買い求め、口コミで全国に広まったという裏話も。

地域の酪農とともに…
変わらないための変化

写真
「越後姫」や「無花果」など、期間限定商品がさまざま開発され、商品のラインナップは賑やかになっていますが、定番商品も実は少しずつ変化しています。
好まれるものは時代ごとに常に変わってくるため、甘みや酸味など日々試行錯誤する一方で、「ヤスダヨーグルト」の大きな魅力であるとろっと濃厚な舌触りは創業当時から変わっていません。

現在阿賀野市には20戸ほどの酪農家がおり、そこで搾られたものを含めた新潟県産の牛乳を使用して「ヤスダヨーグルト」は作られています。
もともと酪農家が始めた会社です。これからも地域の酪農とともに「変わらぬおいしさ」をお届けします。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる