イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

魚沼産コシヒカリ20kg(5kg×4袋)

魚沼産コシヒカリは、魚沼の肥沃な大地と豊富な水が育て、ミネラルなどの豊富な栄養分を含み、独特の甘みと粘りのある食感が特徴です。美味しいお米が食べたい方は、一度お試しください。おすすめです。お米20kgを5㎏袋で4つ一度にお届けします。離れて暮らすご家族に、ご近所や職場でシェアしてお召し上がりいただくのもオススメです! 新潟県小千谷市(おぢや)からお届けします。小千谷市は、魚沼地区の北部にあり、錦鯉が初めて誕生した場所です。錦鯉のほか、美味しい水が産んだお米やお酒が自慢です。 ここで採れる魚沼産コシヒカリは、日中と夜の寒暖差が激しいことで生まれる独自の甘みと粘りのある食感が特徴です。やっぱりおいしいね、食卓で会話がはずむ…そんな魚沼こしひかりを、ぜひ一度食べてみてください。 産地直送!美味しいお米は小千谷市の返礼品で一番人気!!オススメです(^^) ※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

40,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
魚沼産こしひかり5kg×4

魚沼産コシヒカリは、魚沼の肥沃な大地と豊富な水が育て、ミネラルなどの豊富な栄養分を含み、独特の甘みと粘りのある食感が特徴です。美味しいお米が食べたい方は、一度お試しください。おすすめです。お米20kgを5㎏袋で4つ一度にお届けします。離れて暮らすご家族に、ご近所や職場でシェアしてお召し上がりいただくのもオススメです! 新潟県小千谷市(おぢや)からお届けします。小千谷市は、魚沼地区の北部にあり、錦鯉が初めて誕生した場所です。錦鯉のほか、美味しい水が産んだお米やお酒が自慢です。 ここで採れる魚沼産コシヒカリは、日中と夜の寒暖差が激しいことで生まれる独自の甘みと粘りのある食感が特徴です。やっぱりおいしいね、食卓で会話がはずむ…そんな魚沼こしひかりを、ぜひ一度食べてみてください。 産地直送!美味しいお米は小千谷市の返礼品で一番人気!!オススメです(^^) ※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

40,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
魚沼産こしひかり5kg×4
このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟が誇る日本一のブランド米!小千谷の魚沼産コシヒカリ

日本が誇る最高級ブランド米の「魚沼産コシヒカリ」は、新潟県魚沼地域で収穫される米の産地ブランドです。
日本穀物検定協会の米食味ランキングで、全国最多の最高評価「特A」認定数を誇る、まさに日本一のブランド米です。

写真

新潟県の魚沼地方は、日本有数の豪雪地であり、春には山からの雪解け水が大地を潤します。
また、日本一の大河、信濃川と、魚沼の語源となった魚野川の水が集まる小千谷は地下の伏流水にも恵まれた町です。
大河が何万年もかけて大地を削ってできた、日本有数の河岸段丘が作り出す地形を巧みに利用して、人々は田んぼを広げてきました。
美味しい米には理由があります。天の恵みである「水」、豊かで広い「大地」、
愛情込めて作る「人」、天地人がそろう絶好のロケーションの「小千谷」で魚沼産コシヒカリは作られています。

日本一のブランド米の誇りをもって丁寧に育てています!

写真
小千谷市内には専業、兼業農家が合わせて2,000戸ほどあり、多くはコシヒカリを作っています。 生産者は皆、日本一のブランド米の誇りをもって、ていねいに育てています。 近年の猛暑でも米の品質が低下しないよう、水や肥料の管理を厳しく行い、ブランドに恥じない米作りを行っています。

このほか、農薬・肥料を50%減らして作る「特別栽培米」や、雪室で貯蔵し、新鮮な風味を保つ「雪中貯蔵米」、 産地でも希少な「JAS有機栽培米」、山から湧き出る水だけで作る棚田の「天水米」、今では珍しくなった天日での自然乾燥を 行った「はさ掛け米」など、魚沼コシヒカリの豊富なバリエーションを取り揃えていますので、お好みに合わせてお選びください。

シンプルが一番!美味しいお召し上がり方

写真


小千谷の魚沼産コシヒカリは、炊き立てのご飯をそのまま食べるのが一番おいしい食べ方です。


写真

どんなおかずにも合う味わい、旨みはもちろん、冷めるといっそう引き立つ香りは、
ぜひ「おにぎり」で召し上がってみてください。

写真

もちろん、天ぷらやみそ汁などにも!ついつい食べ過ぎてしまうこと間違いなし。
ごはんが美味しいとパンや麺類の出番が減るかもしれませんね。

【雑学エピソード】
炊飯器開発には魚沼こしひかり?!

【雑学エピソード】
炊飯器開発には魚沼こしひかり?!

お米はどれも同じ、という方に、一度食べていただきたい魚沼産コシヒカリ、
新しい品種がどんどん開発されますが、元祖ブランド米はまだまだベンチマークとして君臨しています。

ご存じない方も多いのですが、炊飯器開発の基本設定はもともとは魚沼コシヒカリなんですよ。

せっかくの美味しいお米も、精米してから時間がたっては美味しく食べられません。
定期便で、食べたい頃に食べたい量が届くので、いつでもおいしく召し上がれます。

意外と知られていなくて残念なのですが、小千谷市は、魚沼地区北部にあり、魚沼市、南魚沼市、湯沢町、十日町市、津南町、長岡市(川口)と共に魚沼産コシヒカリの産地です。

魚沼産コシヒカリ 毎月届く、お米の定期便あります

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる