イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

I22 新発田ブランドつめ合わせ(ごままんじゅう、餅屋が作った笹だんご、くるみがんじき)

【明治23年創業以来守り続けている、ふるさと新発田の味】 新潟県新発田に縁のある方なら、小さな頃から慣れ親しんだ味。 県外から帰省した際に口にし、「ふるさとの味だ」としみじみ感じるという和菓子です。 米どころであり城下町である新発田の人々が慣れ親しんだ、地元のお菓子を、ぜひお召し上がりください。 ◇提供事業者:有限会社 和泉屋 ※2019年10月以降増税対応のため記載の寄附金額変更

14,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ごままんじゅう:10個 餅屋が作った笹だんご:10個 くるみがんじき:10個

【明治23年創業以来守り続けている、ふるさと新発田の味】 新潟県新発田に縁のある方なら、小さな頃から慣れ親しんだ味。 県外から帰省した際に口にし、「ふるさとの味だ」としみじみ感じるという和菓子です。 米どころであり城下町である新発田の人々が慣れ親しんだ、地元のお菓子を、ぜひお召し上がりください。 ◇提供事業者:有限会社 和泉屋 ※2019年10月以降増税対応のため記載の寄附金額変更

14,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ごままんじゅう:10個 餅屋が作った笹だんご:10個 くるみがんじき:10個
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真
【ごままんじゅう】
ごままんじゅうは和泉屋を代表する一品。米どころ新潟の最高品種「こがねもち米」を使用した生地で北海道産の高級小豆を包みました。絶妙なすり加減の黒ゴマがたっぷり。ゴマの風味が餡の甘さを程よくひきしめます。翌日になると固くなるので、その日売るものはその日に作っており、保存料も一切使いません。本当に新発田の中でしか召し上がれないお菓子です。

写真
【餅屋が作った笹だんご】
地元の農業生産法人「いたやま純心村」が栽培するこがねもち米を主原料に、菅谷産天然よもぎを混ぜてつき上げました。よもぎの色がきれいで天然に勝るものはありません。餡は少し甘めのつぶあんと甘さ控え目のこしあんがあります。

写真
【くるみがんじき】
国産くるみとを水飴で包み、海苔で巻いた、くるみがんじきは、新発田地区の郷土菓子で、新発田藩の初代藩主が加賀から、この地に来た際に伝えられた加賀の菓子文化の影響を受けた一品です。とても固いので、袋のまま割って、食べやすい大きさにしてお召し上がりください。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる