イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

E31 【数量限定!】純米大吟醸原酒 酒米菊水1800ml

一度は途絶えた幻の酒米『菊水』を使用した純米大吟醸原酒です。原酒ならではの芳醇な味わいをお楽しみください。 ◇提供事業者:菊水酒造株式会社 ※2019年10月以降増税対応のため記載の寄附金額変更

37,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
純米大吟醸原酒 酒米菊水 1800ml 1本

一度は途絶えた幻の酒米『菊水』を使用した純米大吟醸原酒です。原酒ならではの芳醇な味わいをお楽しみください。 ◇提供事業者:菊水酒造株式会社 ※2019年10月以降増税対応のため記載の寄附金額変更

37,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
純米大吟醸原酒 酒米菊水 1800ml 1本
このエントリーをはてなブックマークに追加

純米大吟醸原酒 酒米菊水

幻の酒米 『 菊水 』

幻の酒米「菊水」で醸した純米大吟醸原酒。酒米「菊水」は名酒米「雄町」を親に持ち、優れた酒造適性ながらも1945年には一度姿を消した品種。それから50年の時を経て、わずか二五粒だけ残っていた種籾から、見事に復活を遂げました。

写真

幻の品種、酒米「菊水」を使った「純米大吟醸原酒 酒米菊水」

「菊水」は、新潟の代表的な品種「越淡麗」や「五百万石」の先祖にあたり、優れた酒造適性をもちながらも一度は姿を消し、わずかに残っていた25粒の種籾から復活を遂げた幻の酒米です。
酒米「菊水」と蔵元「菊水」の酒造りの技術で醸し出した純米大吟醸は、爽やかなリンゴのような香りと原酒ならではの芳醇な味わいをお楽しみいただけるお酒です。

純米大吟醸原酒 酒米菊水の詳細

純米大吟醸原酒 酒米菊水の詳細

◇数量:純米大吟醸原酒 1800ml
◇発送時期:入金確認後2~4週間程度
◇申込期間:6月15日より限定数量に達するまで
◇提供事業者:菊水酒造株式会社

写真
酒米「菊水」は、古くから名酒米として知られる「雄町」を片親に、昭和12年(1937年)に誕生しました。たちまち『品質は雄町に勝るとも劣らない理想的な酒米』との評価が全国の農業関係者に広がります。とりわけ高い関心を示した新潟県農業試験場が、この酒米「菊水」を母親として改良に改良を重ね、代表的な酒米のひとつ「五百万石」や「越淡麗」を誕生させました。

酒米 『 菊水 』 の系譜

写真
写真

酒米「菊水」は、古くから名酒米として知られる「雄町」を片親に、昭和12年(1937年)に誕生しました。たちまち『品質は雄町に勝るとも劣らない理想的な酒米』との評価が全国の農業関係者に広がります。とりわけ高い関心を示した新潟県農業試験場が、この酒米「菊水」を母親として改良に改良を重ね、代表的な酒米のひとつ「五百万石」や「越淡麗」を誕生させました。

写真
酒米「菊水」は、食用米や他の酒米と比較して粒が非常に大きいことが特徴です。
またタンパク質の含有量が低いため、雑味の少ない綺麗な酒を醸すことができます。

写真

コシヒカリ

写真

酒米菊水

原酒ならではの芳醇な味わい

写真

酒米「菊水」、飯豊連峰に源を発する清らかな水、そして菊水の酒造りの技。醸し出された自信の一本は、爽やかなリンゴのような香りと原酒ならではの芳醇な味わいがお楽しみいただけます。

『 菊水 』 でしか出せない風味をお楽しみください !

ひとたび口にすれば、洗練された奥深い香りとまろやかな米の旨みが心地よく喉を通っていきます。他の酒米では出せない、繊細な味わい。「純米大吟醸」の名前以上の、酒米がここにあります。

写真
[ 味わいマップ ]図上段
[ 飲み頃温度 ]図下段
[ 菊水の特徴 ]
●純米大吟醸原酒 ●爽やかなリンゴのような香り、芳醇な味わい ●精米歩合40% ●アルコール17度

まだまだあります ! 『 菊水 』 はこちら

お申込み前にお読みください

E30 【数量限定!】純米大吟醸原酒 酒米菊水 1800ml をご検討の皆様へ

このお礼の品をお申込みの際は、他の商品との組み合わせはできません。
申し込みフォームのお礼品の選択欄で、
 寄附金22,000円以上
 22,000円~の特産品1個
「E30 【数量限定!】純米大吟醸原酒 酒米菊水 1800ml 」を選択してください。
複数のお礼品をご希望の場合は、お手数ですが、複数回に分けてお申込みください。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる