イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

TSBBQ スクエアケトル 700ml オール熱源対応 角型 オールステンレス製 コンパクト アウトドア用品 キャンプ用品 燕三条【027S004】

一般的に丸形のケトルを角形にすることで、スペースを隅々まで活用できて容量アップ!(適正容量700ml)。薄くてコンパクトな設計に。 ハンドルは天板に設けた凹状の溝にすっきり収納。蓋も凹形にデザインし、未使用時の天板はいつもフラット。 水入れ口にもなる注ぎ口は、水垂れしにくく、コーヒードリップにも対応。 少量でも注ぎやすい形状です。 蓋に付いたツメが本体にカチッとハマる、回転ロック式。フラットな形状にこだわって、ツマミ部分をカットしました。 蓋には6カ所の凹凸を設けました。この溝が本体と蓋に隙間をつくって蒸気を横方向へ逃し、ハンドルが高温になるのを防ぎます。 サビにくいオールステンレス製。フォルムが引き立つよう、コーナーの丸みを最小限にした加工を実現しています。 IH調理機やガス火、たき火などすべての熱源に対応します。

27ポイント
(27,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
内容 ■材質:本体/ステンレス鋼(クロム18%、ニッケル8%)     本体底面/ステンレス鋼(クロム18%) ■サイズ:幅/約160mm、奥行/約160mm、高さ/約51mm ■適正容量:700ml ■重量:597g ■使用可能熱源:IH電磁調理器(100V、200V)、ガスコンロ、ハロゲンヒーター、シーズヒーター、電気プレート、炭火 ■製造:新潟県燕三条地域

一般的に丸形のケトルを角形にすることで、スペースを隅々まで活用できて容量アップ!(適正容量700ml)。薄くてコンパクトな設計に。 ハンドルは天板に設けた凹状の溝にすっきり収納。蓋も凹形にデザインし、未使用時の天板はいつもフラット。 水入れ口にもなる注ぎ口は、水垂れしにくく、コーヒードリップにも対応。 少量でも注ぎやすい形状です。 蓋に付いたツメが本体にカチッとハマる、回転ロック式。フラットな形状にこだわって、ツマミ部分をカットしました。 蓋には6カ所の凹凸を設けました。この溝が本体と蓋に隙間をつくって蒸気を横方向へ逃し、ハンドルが高温になるのを防ぎます。 サビにくいオールステンレス製。フォルムが引き立つよう、コーナーの丸みを最小限にした加工を実現しています。 IH調理機やガス火、たき火などすべての熱源に対応します。

27ポイント
(27,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
内容 ■材質:本体/ステンレス鋼(クロム18%、ニッケル8%)     本体底面/ステンレス鋼(クロム18%) ■サイズ:幅/約160mm、奥行/約160mm、高さ/約51mm ■適正容量:700ml ■重量:597g ■使用可能熱源:IH電磁調理器(100V、200V)、ガスコンロ、ハロゲンヒーター、シーズヒーター、電気プレート、炭火 ■製造:新潟県燕三条地域
このエントリーをはてなブックマークに追加

スクエアケトル

角型だからスペースを最大限に活用できて容量アップ!

写真
写真
写真
写真
写真

スクエアケトルの取扱説明書はこちらをクリックしてください

TSBBQについて

写真
高い品質の製品を作るものづくりの街「燕三条」の頭文字でTsubame Sanjo BBQ。
さらに、BBQシーンをスタイリッシュに!という Try Stylish BBQ 想いを込めて
2つのTSを重ねた「TSBBQ」というブランド名を付けました。
三本の線(三条市)の上を燕(燕市)が飛翔することでBBQには欠かせない金網が浮かび上がります。
三条と燕の技術が絡み合うことで生まれる確かな製品。
TSBBQのシンボルは、その確かな品質も表現しています。

ものづくりの町「燕三条」とは?

写真
新潟県にある燕市と三条市は、ともに日本有数の金属加工技術をもつ地域。
長年磨かれてきた伝統的かつ最先端の技術力は、「燕三条」のものづくりとして発信され、世界でも高い評価を得ています。
ルーツは江戸時代に和釘で培った鍛冶技術。
それがプレス・金型・成形・鋳造・研磨などの加工技術へと受け継がれ、現在でもキッチン用品やアウトドア用品など、質の高い金属製品を生んでいます。

村の鍛冶屋の商品が全て揃う実店舗

写真
2017年10月 燕三条工場の祭典開催に合わせオープンした、実店舗、「村の鍛冶屋SHOP」。
工場の祭典を監修しているmethodの山田遊氏が商品セレクトや店舗デザインを全体監修。
2万点を越えるECショップでの取扱品から厳選してセレクトした約1000点のアイテムを実際に手に取ってご覧いただくことができまるようになりました。

店舗デザインは中川政七商店の大日本市を手がけるABOUTの佛願忠洋氏。

燕三条地域の包丁を使いキッチンで野菜を切る体験や研ぎ直し体験、コーヒー豆を自分で挽いて燕三条のドリップポットでコーヒーを淹れる体験、庭ではテントを固定するペグ・ペグハンマーの使用体験や斧やナタを使った薪割り体験などを行えます。

体験を通じて気に入った商品があればその場で購入もしくはECサイト「村の鍛冶屋」から購入してもらえます。
地場産センターやファクトリーショップなど村の鍛冶屋の商品を購入できるだけでなく、燕三条を感じてもらえる周辺施設もご紹介いたします。


〇住所 :〒955-0053 新潟県三条市北入蔵2-2-57
〇TEL : 0256-38-5635
〇営業時間 :10:00~17:00(土曜 10:00〜16:00)
〇定休日:日曜・祝日

写真

事業者のオススメ返礼品

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる