イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

花柳界の歴史を紡ぐ空間で味わう、四季の昼御膳(2名様・1ドリンク付)

37,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
四季の昼御膳(2名様・1ドリンク付のランチ)

37,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
四季の昼御膳(2名様・1ドリンク付のランチ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

おもてなしの心が行き届いた空間で味わう、特別なお昼のひととき

江戸時代からの宿場町、そして絹織物の町として栄えた八王子。料亭や花街は織物産業と共に繁栄しました。JR八王子駅から徒歩5分。メインストリートから裏路地に入ると現れる「花街黒塀通り」は、風情あふれる花街の姿を今に伝えています。そんな黒塀通りにある、当時の芸者衆の待合だった建築を改築した「すゞ香」にて、優雅に「昼御膳」をお楽しみいただけるコースをご用意しました。名残を感じるしつらえの中で、特別な時間を過ごしてみませんか?

写真
写真

東京三多摩地区で唯一の花柳界の歴史を紡ぐ 置屋「ゆき乃恵」

織物産業の発展とともに栄えた接待文化が下火になり、芸妓も激減していった八王子。そんな中、「芸者が消えては受け継いできた伝統芸能も一緒に消えてしまう」と、新たに置屋「ゆき乃恵」を立ち上げためぐみさん。広告で芸者募集をかけるなど斬新な手法で、NHKでドラマ化されるまでに八王子花柳界を盛りたてた立役者です。
一方、プロとして、日々厳しい稽古を欠かしません。芸者衆は、日本舞踊と茶道はもちろんのこと、三味線や胡弓、琴など、1日に2種類以上はお稽古をするそうです。
「堅苦しいと途絶えてしまう。楽しく、そして格好良くよくなくてはね」とやさしく微笑むめぐみさん。地元町会と花街の文化を残す活動を行うとともに、お祭やイベントにも積極的に参加し、地域の人々に愛されています。

写真
写真

寄附お申し込み後、お食事券をお送りします。ご希望日をお電話(042-622-1261)またはメール(t.machida@clea.co.jp)にてご予約ください。
※お席に限りがあり、ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる