イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

「すみだモダン」廣田硝子 大正浪漫硝子と江戸硝子醤油差しセット [№5619-0009]

花蕾大正浪漫硝子とは、江戸硝子の「乳白あぶりだし技法」による製造方法にて生産しております。 ※「乳白あぶりだし技法」とは、明治大正時代に盛んに使われていた、日本独特の成型方法で作った江戸硝子の乳白色のガラス製法。 硝子の中に特殊な原料を入れて、急激な温度差を与える事によって、ガラスに乳白色の模様を浮かび上がらせる。 この技法は熟練した職人の腕と、精密な紋様の金型が必要で、現在は廣田硝子のみで行われています。 江戸硝子醤油差萩柄 本体ビンとガラス栓をしっかり擦り合わせることにより醤油漏れを防ぐ、すり口醤油差しです。 1970年代に廣田硝子が化学教師の示唆により日本国内で初めてすり口栓による醤油差を開発し、 現在多数あるガラス製醤油差しの普及に大きく貢献しました。 懐かしい色合いの醤油差に江戸切子職人による萩柄を入れた醤油差です。お醤油入れた後に、柄がほんのり見えるのが特徴です。   ※画像はイメージです。 事業者:廣田硝子

50,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
花蕾 大正浪漫硝子 市松と十草ペアセット 1セット と 江戸硝子醤油差 萩柄 1個

花蕾大正浪漫硝子とは、江戸硝子の「乳白あぶりだし技法」による製造方法にて生産しております。 ※「乳白あぶりだし技法」とは、明治大正時代に盛んに使われていた、日本独特の成型方法で作った江戸硝子の乳白色のガラス製法。 硝子の中に特殊な原料を入れて、急激な温度差を与える事によって、ガラスに乳白色の模様を浮かび上がらせる。 この技法は熟練した職人の腕と、精密な紋様の金型が必要で、現在は廣田硝子のみで行われています。 江戸硝子醤油差萩柄 本体ビンとガラス栓をしっかり擦り合わせることにより醤油漏れを防ぐ、すり口醤油差しです。 1970年代に廣田硝子が化学教師の示唆により日本国内で初めてすり口栓による醤油差を開発し、 現在多数あるガラス製醤油差しの普及に大きく貢献しました。 懐かしい色合いの醤油差に江戸切子職人による萩柄を入れた醤油差です。お醤油入れた後に、柄がほんのり見えるのが特徴です。   ※画像はイメージです。 事業者:廣田硝子

50,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
花蕾 大正浪漫硝子 市松と十草ペアセット 1セット と 江戸硝子醤油差 萩柄 1個
このエントリーをはてなブックマークに追加

[№5619-0009]「すみだモダン」廣田硝子 大正浪漫硝子と江戸硝子醤油差しセット

花蕾大正浪漫硝子とは、江戸硝子の「乳白あぶりだし技法」による製造方法にて生産しております。
※「乳白あぶりだし技法」とは、明治大正時代に盛んに使われていた、日本独特の成型方法で作った江戸硝子の乳白色のガラス製法。硝子の中に特殊な原料を入れて、急激な温度差を与える事によって、ガラスに乳白色の模様を浮かび上がらせる。この技法は熟練した職人の腕と、精密な紋様の金型が必要で、現在は廣田硝子のみで行われています。

江戸硝子醤油差萩柄 本体ビンとガラス栓をしっかり擦り合わせることにより醤油漏れを防ぐ、すり口醤油差しです。
1970年代に廣田硝子が化学教師の示唆により日本国内で初めてすり口栓による醤油差を開発し、現在多数あるガラス製醤油差しの普及に大きく貢献しました。
懐かしい色合いの醤油差に江戸切子職人による萩柄を入れた醤油差です。お醤油入れた後に、柄がほんのり見えるのが特徴です。

【内容】
花蕾 大正浪漫硝子 市松と十草ペアセット 1セット と 江戸硝子醤油差 萩柄 1個
【事業者】
廣田硝子
※画像はイメージです。

写真

他にも種類がございます

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる