イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

No.082 【手塩づけ】“さば”の干物 / 魚 ひもの 加工品 手塩づくり 千葉県 特産

数量限定20セット 【1917年開業の老舗干物店】 一枚一枚手でひらき、魚種や魚の大きさ・部位ごとに塩加減を調整できる同店こだわりの“手塩づくり”でつくられた干物をお届けします。 天日干しにて仕上げた一押しの干物を、ぜひご賞味ください。 提供:提灯屋干物店

9,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
さばの干物 1箱(約2~3枚) ※魚のサイズにより、枚数は異なります。 商品到着後は冷蔵で保存し、できる限りお早めにお召し上がりください。 ※枚数に関するご指定はお受けできかねます。予めご了承ください。

数量限定20セット 【1917年開業の老舗干物店】 一枚一枚手でひらき、魚種や魚の大きさ・部位ごとに塩加減を調整できる同店こだわりの“手塩づくり”でつくられた干物をお届けします。 天日干しにて仕上げた一押しの干物を、ぜひご賞味ください。 提供:提灯屋干物店

9,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
さばの干物 1箱(約2~3枚) ※魚のサイズにより、枚数は異なります。 商品到着後は冷蔵で保存し、できる限りお早めにお召し上がりください。 ※枚数に関するご指定はお受けできかねます。予めご了承ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【地域おこし協力隊 清水隊員の生産者インタビュー】

干物専門店「提灯屋」の人気の秘訣は、こだわりの作り方にありました!

JR内房線「保田駅」の商店街の中ほどにある、「提灯屋干物店」。創業から100年以上たつ老舗として知られています。地元の人はもちろんのこと、干物を購入した観光客がその後、リピーターになるほどの人気ぶり。その秘訣は、どうやら独自の作り方にあるようです。実際にお店を訪れてみました。

写真

・サバは30分で売り切れるほど

取材で訪れたのは、1月中旬の朝10時。店の中には、すでにお客さまが何人か来ており、干物を選んでいました。「県内から来たんだけど、サバ、2つもらえますか?」「今日は、まだサバある?」取材が始まってたった30分で、店頭にあったサバがすべて売り切れてしまいました。

写真
「やはり、サバは脂が乗っているので、おいしいと言われます。『魚ぎらいの子どもが、提灯屋のサバだけは食べる』と言ってくださるお客さまもいらっしゃって、うれしいですね」とご主人の長谷川利之さんは話します。

写真
販売している干物は、そのほか、アジ、サンマ、サンマみりん、えぼ鯛、イカ、カマスなど。干物以外には、くじらの肉をタレにつけこんで天日干しにした「くじらのたれ」が人気商品です。

・創業以来つづける「手塩づくり」

写真
「提灯屋」は創業から100年以上たち、長谷川さんは4代目。現在、お母様と従業員さんと一緒に、この店を切り盛りしています。

写真
お客さまは地元の人と観光客が半々。観光で干物を買った人がその後リピーターになることも珍しくありません。「昨年は12月のお歳暮だけで、300件の注文がありました。『3000円で見つくろってください』という感じで、電話もしくはファックスで注文が来ます」と長谷川さん。遠くは、九州や北海道からも定期的にお取り寄せがあるとのこと。

写真
提灯屋の干物は、手塩づくり。開いた魚一枚一枚に手で塩をつけていき、天日干しします。「塩水に魚を漬け込み、干すのが一般的な干物の作り方です。ただ、それだと魚のサイズや、部位ごとに塩加減を調整できない。当店では、少しでも美味しい干物がつくれるように、創業以来、手塩づくりにこだわっています」と話します。

写真
また、南房総の温暖な気候に、太陽の光、鋸山から吹きおろす適度に乾いた北風で、干物が美味しくできあがるとのこと。しっかりと乾かすため、冷凍から解凍してもあまり生臭くならないんだとか。

写真
一枚一枚を手で塩をつけ、天候にも左右されるため、生産量も限られ、サバのように、品切れになってしまうのが辛いところと苦笑いの長谷川さん。

・そんな店主のご趣味は「English」

ご主人の長谷川さんの趣味は、語学の学習。英語が好きで、勉強を続けているといいます。「時間があるときに、EnglishJournalとか、雑誌TIMEの中で、興味のある記事を読んでいます」。現在、手がけてみたいのは外国人を観光客として呼び込んでいく「インバウンド」。

中国語も学習しはじめているという長谷川さん。「ただ、店を空けられる日が限られていてね…、なかなかできないのが現状です。でも、できるかどうかはわからないけれど、休みの日に外国人に向けて、いつか干物の魅力をアピールしてみたいです」と笑顔で話しました。

写真

鋸南町に訪れたら、ぜひお土産として「提灯屋」の干物を購入してみてはいかがでしょうか。


【関連するお礼の品】

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる