イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

千葉アクアメロン(マスクメロン)2玉【まとめてお届け】[№5651-0325]

アクアメロンと総称される千葉県生まれのアールス・フェボリット(マスクメロン)の改良品種です。1本の苗木から1個のメロンしか収穫できません。これぞという、1個だけが大切に育てられます。 ※画像はイメージです。 ※2玉まとめてお届けします。 ※賞味期間:常温7日 ※複数月でお届けする「定期便」もご用意しています。 事業者:安田農園

27,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1玉1.4kg×2個

アクアメロンと総称される千葉県生まれのアールス・フェボリット(マスクメロン)の改良品種です。1本の苗木から1個のメロンしか収穫できません。これぞという、1個だけが大切に育てられます。 ※画像はイメージです。 ※2玉まとめてお届けします。 ※賞味期間:常温7日 ※複数月でお届けする「定期便」もご用意しています。 事業者:安田農園

27,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1玉1.4kg×2個
このエントリーをはてなブックマークに追加

◆千葉アクアメロンとは

千葉県農業試験場と千葉県内のメロン組合員約300人が経験や技術を結集し完成させた、マスクメロン(アールス・フェボリット種)の温室専用の改良種です。
栽培するのが難しいとされていますが、惜しみない手間暇を経て収穫されたものは、その見た目の美しさ、味わいともに別格です。
アクアメロンという名称は、昭和60年頃に名付けられました。
当時構想中だった千葉県と神奈川県を結ぶ「東京湾アクアライン」(平成9年開通)とあわせ、千葉県の発展を願い名付けられました。

アクアメロンはここが違う!

1本の木から1個を収穫するので甘さが違う!

写真
1本の木(苗)から1個のメロンを大切に育てます。糖度を1個に集中させ、甘いメロンを育てるためです。

温暖な南房総のガラス温室で育つので冬を含め通年お届け可能

写真
温室栽培用に品種改良したアクアメロンは通年お届けができます。
植える時期をずらし栽培することで、安田農園には常に収穫可能なメロンがあります。

もちろん、冬でもお送りしています。
合計約350坪のガラス温室で棟ごとに植える時期をずらすことで、収穫期を調整しています。
ご紹介する下の2枚の写真はどちらも同じ日の作業風景です。
苗の状態から、収穫を迎えるものまでが安田農園には揃っています。

写真
メロンを支えるため、竹で柵を作った後の様子
苗がほんの少し大きくなった程度。

写真
日焼けを防ぐ目的で被せていた新聞紙を取り除く作業です。
この作業のあと、間もなく収穫期を迎えます。

純系メロンの実の柔らかさ

写真
アクアメロンは純系と呼ばれています。
日本のメロン栽培の長い歴史の中で、根を強くしたり、低温に強くしたり品種改良をする中で、ほかの作物の良い部分をメロンに取り入れようと交配を行うことでできたメロンもあります。
アクアメロンは他の品種との交配を行わず、マスクメロンの改良品種であるため「純系」と呼びます。
純系とほかのメロンの一番の違いは実の柔らかさ、甘さです。
追熟したアクアメロンは皮の近くまで甘く瑞々しく、スプーンが止まらなくなります。

写真
メロン狩りツアーに参加された方に、メロン半分をご試食していただいた時の画像です。
皆さん皮の付近まで召し上がっています。

◆商品をお送りした皆様からの声

写真

・とってもおいしく家族みんなで頂きました。
・食べ頃の日付があったので悩まずにおいしく食べられました。
・去年も同じものを選びましたが、とてもおいしく、感動したので。

◆生産者 安田農園(安田正一代表)のご紹介

写真

農家の長男として生まれた安田さんは、迷うことなく農家を後継しました。
それまでの野菜や米づくりから、メロンに注目し、20年前からメロン栽培を始めました。
20年のキャリアを活かし、見た目が美しく、とびきり美味しいメロンを生産しています。

写真
安田農園では「メロン狩り」が通年お楽しみいただけます。
ご自身で木から切ったメロン1個を、箱に詰めてお持ち帰りできます。

写真
お持ち帰りのメロンは追熟が必要なので、すぐには食べられません。
すでに熟したメロン(なんと1/4カット!)を試食できます。

まだまだあります!安田農園がお送りするお礼の品

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる