イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

1(5)-14【数量限定】ボイルずわいガニ 3肩セット 約1kg

鴨川市の天津地区で水産加工60年を誇る金高水産さんより、『ボイルずわいガニ』をご提供いただきました! ロシアで収獲したずわいガニ、「なぜ鴨川市の返礼品に?」と思われたかもしれません。 実は、全国のスーパーなどに並んでいる大手メーカーさんより依頼を受け、ずわいガニを食べやすく加工しているのが金高水産さんなのです。 普段は業務用の食品を多く扱い、小売りなどは行っていない金高水産さんですが、今回鴨川市の為に一肌脱いでくださいました! ボイル済みのずわいガニ3肩(約1kg)を数量限定でお届けいたします!

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
冷凍ボイル ずわいガニ 3肩(約1kg) ※グレーズ(乾燥防止用の氷の膜)込の重さとなります。

鴨川市の天津地区で水産加工60年を誇る金高水産さんより、『ボイルずわいガニ』をご提供いただきました! ロシアで収獲したずわいガニ、「なぜ鴨川市の返礼品に?」と思われたかもしれません。 実は、全国のスーパーなどに並んでいる大手メーカーさんより依頼を受け、ずわいガニを食べやすく加工しているのが金高水産さんなのです。 普段は業務用の食品を多く扱い、小売りなどは行っていない金高水産さんですが、今回鴨川市の為に一肌脱いでくださいました! ボイル済みのずわいガニ3肩(約1kg)を数量限定でお届けいたします!

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
冷凍ボイル ずわいガニ 3肩(約1kg) ※グレーズ(乾燥防止用の氷の膜)込の重さとなります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

写真
身入りが良く、食べ応え抜群なロシアで獲れたずわいガニ、大ぶりなサイズを3肩セットでお届けします!
約1kgとなりますが、グレーズ(商品の乾燥などを防ぐために付けられた氷の膜)が含まれた重量となります。
ボイル済みのため、解凍後そのままお召し上がりいただけます。写真の量で2人~3人前が目安です。
ずわいガニ特有の濃厚なうまみを、お好みに合わせてお楽しみください!鍋やサラダ・かに玉など様々な料理にお使いいただけます。

安心・安全な商品をお届けします。

写真
金高水産さんでは、HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理を行い食品を提供しています。
HACCPとは、食品事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、
それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。

金高水産では、会社の中に独自の細菌検査室を設け、徹底した品質管理を行い続けています。
安全な食品を安心してお召し上がりください。

ずわいガニを美味しく食べるには。

解凍は『自然解凍』がおすすめ!

解凍は『自然解凍』がおすすめ!

 ①カニを袋から取り出し、新聞紙やキッチンペーパーで包んでください。
 ②底が深めのボウルやバットにいれて「冷蔵庫」へ入れます。
 ③解凍の目安は冷蔵庫で「約半日」程度です。
  ※溶け出た水にカニが浸かると、「うまみ」が抜けてしまうため注意してください!
 ④カニの表面に付いている氷の膜がはがれる程度になったら食べごろの目安です。

お急ぎの方は「流水解凍」で。

お急ぎの方は「流水解凍」で。

 ①カニをビニール袋などに入れて、直接”流水に触れないように”してください。
 ②大き目のボウルなどにカニが入った袋を置き、流水で解凍します。
 ③時間の目安は「30分」程度です。解凍状態は7割程度に留めるのがベストです。
 ④解凍後、袋の中の水は捨ててください。
  ※過度な解凍や、直接水にさらすと、カニ本来の水分と一緒に「うまみ」も抜けてしまいます。

加工のプロより伝授!カニのさばき方

写真
棒肉のさばき方
 ①肩肉から脚の付け根をカットし、脚先側もカットします。
 ②殻が白い方の両面に切込みを入れます。
 ③両脇を切ったら殻をはがします。

写真
しゃぶしゃぶ風に一工夫!

 ①棒肉の肩と反対側の関節に一周切込みを入れます。
 ②ゆっくりと殻を外していきます。
 ③脚先を持ってがぶっとどうぞ。

写真
爪肉のさばき方

 ①付け根でカットした爪肉の、白い部分から切込みを入れます。
 ②一周するように切込みを入れます。
 ③ゆっくりと殻を外して完成です!

写真
肩肉のさばき方
 ①各脚ごとに切り分けます。
 ②脚の付け根側から切込みを入れます。
 ③半分に割って完成です!

金高水産さんをご紹介します。

写真
天津地区に工場を構える金高水産さんは、創業60年の水産冷凍食品の会社です。
創業当時は、鴨川で水揚げされた鮮魚の加工を行っていたそうですが、40年ほど前から冷凍食品の加工を中心に行っているそうです。
現在の主流はロシアやアメリカで獲れた、たらばガニやずわいガニを加工し、取引先を通じて全国のスーパーや量販店にも商品をお届けしています。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる