イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

江戸前ちばのり 満喫セット◆

創業1957年-海苔の名産地 木更津で江戸前ちばのりを扱う海苔専門店が選ぶ、バラエティーに富んだ海苔7点詰め合わせです。色・艶・香りと三拍子揃った江戸前ちばのりは、お米との相性も抜群!贈答品としても大変喜ばれます。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
焼きのり:全形10枚、中川パリ太郎:半切10枚、おにぎり用焼海苔:三切30枚、江戸前きざみのり:10g、のり屋の佃煮:150g、江戸前青まぜの焼海苔ボトル:八切64枚、江戸前漁師さんの焼海苔ボトル:八切64枚

創業1957年-海苔の名産地 木更津で江戸前ちばのりを扱う海苔専門店が選ぶ、バラエティーに富んだ海苔7点詰め合わせです。色・艶・香りと三拍子揃った江戸前ちばのりは、お米との相性も抜群!贈答品としても大変喜ばれます。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
焼きのり:全形10枚、中川パリ太郎:半切10枚、おにぎり用焼海苔:三切30枚、江戸前きざみのり:10g、のり屋の佃煮:150g、江戸前青まぜの焼海苔ボトル:八切64枚、江戸前漁師さんの焼海苔ボトル:八切64枚
このエントリーをはてなブックマークに追加

色よし・味よし・香りよし!三拍子揃った
「江戸前ちばのり」

60年にわたり、海苔の名産地・木更津で「江戸前ちばのり」の伝統の味を守り続ける中川海苔店。買い付けから焼き加工まで一貫した管理を行い、自社焼海苔工場でじっくり丁寧に焼き上げています。

海の栄養をたっぷり含んだ「江戸前ちばのり」は、磯の香りがフワーッと広がり、食欲がそそられます!ごはんとの相性は言うまでもありません!
ぜひ一度ご賞味いただき、千葉名産「江戸前ちばのり」のファンになってください。

写真

返礼品ご紹介「江戸前ちばのり 満喫セット」

写真
写真
写真
写真

厳選した「ちばのり」を自社工場でじっくり丁寧に焼き上げ!

「色・味・香り」三拍子揃った千葉県産の海苔は評価が高く、プロも愛用する逸品。しかも、千葉県産は国産海苔の約5%なので、非常に希少価値の高い海苔なのです。

千葉県漁連で行われる入札会にて海苔を吟味し、商品にあった海苔を落札します。オークションとは違い、一瞬で最高額をつけた商社が落札者となるため、緊張ムードが漂っているそうです。そして、入札会で買い付けた海苔を、自社焼海苔工場で丁寧に加工していきます。

写真
①伸ばし作業
買い付けた乾海苔は二つ折りの状態なので、まず平らに伸ばしていきます。

写真
②火入れ作業
焙炉(ホイロ)
乾燥機で約6時間、乾海苔に含まれている約10%の水分を、約2%以下にします。

写真
③焼加工(1)
乾燥させた海苔を供給機にセットし、1枚ずつ金属探知機に通してチェックします。

写真
③焼加工(2)
約7メートルの焼き釜の中を通して焼いていきます。1時間で約1万枚焼くことができます。

写真

海苔の味を決める焼加工をじっくり丁寧に、形状不良や異物は選別機で除外し、安心・安全な海苔をお届けしています。

写真

営業部の斉藤 顕二郎さん(左)、代表の斉藤 徹さん(右)、ご兄弟で伝統の味と技術を引き継がれています。

千葉県海苔問屋協同組合関東地区の代表も務める徹さんは、千葉産海苔のPR活動も積極的に行っています。県内小学校での出前授業では、海苔の生産工程から製造工程までをわかりやすく解説し、海苔焼き体験まで出来るそうです。
また、中川海苔店焼海苔工場でも海苔ができるまでの説明を含む、焼海苔の加工工程を見学することもできます(お電話にて要予約)。

写真

毎日の食卓やお弁当に、贈り物やお土産に、千葉県産海苔の美味しさを最大限に引き出した中川海苔店の「江戸前ちばのり」を、ぜひご賞味ください!

木更津の名産!美味しい海苔の返礼品一覧

中川海苔店

中川海苔店

焼海苔工場直売所
〒292-0801 千葉県木更津市請西2-5-22
TEL:0438-37-1226 FAX:0438-37-1232
受付時間:9:00~17:00 定休日:日曜・祝日
https://www.nakagawa-nori.com/

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる