イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【020-021】地域観光ガイドと巡る「戦跡コース」

地元館山の観光ガイド付きで歴史巡り。半日コースとなります。 平成16年4月1日より公開されるようになった、館山海軍航空隊赤山地下壕跡(通称:赤山地下壕・あかやまちかごう)などを巡って、戦争の歴史を学ぶ観光コースとなります。 お子さんの夏休みの自由研究にもオススメです。 地元の観光ガイドと楽しい思い出を作ってください。

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
チケットは簡易書留にて送付いたします。 チケットが届きましたら、 ●また旅倶楽部  TEL:0470-28-5086 までご予約ください。

地元館山の観光ガイド付きで歴史巡り。半日コースとなります。 平成16年4月1日より公開されるようになった、館山海軍航空隊赤山地下壕跡(通称:赤山地下壕・あかやまちかごう)などを巡って、戦争の歴史を学ぶ観光コースとなります。 お子さんの夏休みの自由研究にもオススメです。 地元の観光ガイドと楽しい思い出を作ってください。

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
チケットは簡易書留にて送付いたします。 チケットが届きましたら、 ●また旅倶楽部  TEL:0470-28-5086 までご予約ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

▼ 必ずお読みください ▼

●午前(9:30~12:00)または午後(13:00~15:30)の部をお選びください。
●日程は毎月第3火曜日と年末年始(12/29~1/3)を除く、平日・土・日の中で、寄附者の希望日となります。
2カ月前までにご予約ください。
●予約状況により、日程がご希望に添えない場合がございます。予めご了承ください。

※赤山地下壕 - 掩体壕 - 鷹之島弁財天をご案内いたします。
※5名様まで、赤山地下壕入壕料は無料となります。
 (コースの参加は10名様までお受けいたしますが、6名様以上は入壕料が必要になります)
※その他有料施設への入館料や交通費は別途かかります。
※集合場所は「赤山地下壕」となります。集合場所までの交通費は自己負担となります。
※歩きやすい靴と動きやすい服装で見学してください。なお、地下壕跡の中では、ヘルメットと懐中電灯を貸し出しています。

館山海軍航空隊赤山地下壕跡

写真

平成16年4月1日より、館山海軍航空隊赤山地下壕跡(通称:赤山地下壕)の一部が公開されました。
赤山地下壕は、合計した長さが約1.6kmと、全国的にみても大きな壕で、館山市を代表する戦争遺跡のひとつです。
昭和10年代のはじめに、ひそかに建設がはじまったという証言もありますが、今のところ赤山地下壕に関する資料が、ほとんど確認されていないため、つくられた時期は、はっきりしていません。しかし、このような大きな地下壕が、1941(昭和16)年の太平洋戦争開戦の前につくられた例はなく、当時の軍部が本格的に防空壕をつくりはじめたのは、1942(昭和17)年より後であることを、他地域の壕から知ることができます。
また、全国各地につくられた大きな地下壕の壕と壕の間の長さは、一般的には10~20m以上(長野市松代大本営予定地の象山地下壕は25m)であるとされていますが、この赤山地下壕は5~10mと狭いうえ、計画的に掘られたとは考えにくく、そのつくりから見て、終戦がさし迫った1944(昭和19)年より後に建設されたのではないかと考えられています。
アメリカ軍の空襲が激しくなった太平洋戦争の終りの頃、この赤山地下壕が、館山海軍航空隊の防空壕として使われていたことは、壕内にある発電所跡や、終戦間際に、この壕の中で実際に館山海軍航空隊の事務をおこなったという体験や、病院の施設があったなどの証言からうかがい知ることができます。

※ 地下壕内に置いては、以下の遵守事項を守ってください ※

・地下壕内に危険物を持ち込まないこと。
・地下壕内において火気を使用しないこと。
・地下壕内では、飲食、喫煙及び落書きをしないこと。
・地下壕内では、集会等他の見学者の迷惑になる行為をしないこと。
・地下壕内へは、ヘルメットを着用の上、入壕すること。
・地下壕内の形状が変わる原因となる行為をしないこと。
・地下壕内の照明、金網等の施設を破損しないこと。
・非常の場合は、速やかに避難すること。
・見学は、公開部分のみとし、非公開部分への立ち入りは行わないこと。
・以上のほか、今後の入壕の妨げとなる行為をしないこと。

写真

また旅倶楽部とは

館山・南房総地域の歴史・自然・伝統文化・産業を活かし都市との交流、観光振興や地域活性化を目的とし、平成24年3月に発足いたしました。
館山・南房総地域において地域観光ガイドとして、お越しになるお客様に、館山・南房総地域の魅力を知っていただき、ガイドとのふれあいを通じて、「また来たい」「もっと知りたい」と思っていただけるよう、地域資源を大切にし、地域観光ガイドとして、ホスピタリティあふれた倶楽部でありたいと思っております。是非、館山・南房総にお越しになる際は、「また旅倶楽部」をご利用いただけたら幸いです。心よりお待ちしております。

写真

また旅倶楽部のお礼の品

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる