イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【010-005】市立博物館ミュージアム商品セット

『南総里見八犬伝』の舞台地である館山市。市立博物館所蔵の同作品の錦絵をモチーフにした繊細で華やかな浮世絵グッズ5点のセットです。 〇都合により、デザインが変更される場合がございます。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
八犬伝絵葉書セット  八犬伝浮世絵シール  手ぬぐい  A4クリアーファイル  切手セット

『南総里見八犬伝』の舞台地である館山市。市立博物館所蔵の同作品の錦絵をモチーフにした繊細で華やかな浮世絵グッズ5点のセットです。 〇都合により、デザインが変更される場合がございます。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
八犬伝絵葉書セット  八犬伝浮世絵シール  手ぬぐい  A4クリアーファイル  切手セット
このエントリーをはてなブックマークに追加

館山市立博物館は戦国大名里見氏の居城跡である城山公園内に設立された、郷土の歴史と民俗の博物館です。

写真
館山市立博物館本館
史実の里見氏をメインに展示するほか、地域の歴史博物館として、安房地方の歴史や民俗資料を収集し展示しています。

写真
館山城(八犬伝博物館)
同公園にある三層四階天守閣形式の館山城(八犬伝博物館)では、里見氏を題材にした『南総里見八犬伝』に関する各種資料の展示と、現在にまで続く 八犬伝の人気を紹介しています。

写真
渚の博物館
渚の博物館(渚の駅たてやま内館山市立博物館分館)は館山市が旧千葉県立安房博物館の移譲を受け、平成23年2月に開館し、房総半島各地の海と生活に関わる資料を展示しています。
館山港交流拠点「渚の駅 たてやま」の中にあります。

『南総里見八犬伝』とは

写真

江戸時代の戯作者、曲亭馬琴によって書かれた大長編小説。
安房の国の城主、里見義実の娘「伏姫」と飼い犬「八房」との間に不思議な力が宿る「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」の八つの玉が生まれます。
伏姫の死とともに八方に散ってしまった霊玉。
その玉を持って生まれた八犬士たちが因縁の糸で結ばれて相会し、里見氏に忠義を尽くし活躍する物語です。

仁…厚い人情
義…敬意と正義感
礼…感謝の心
智…知性と理性
忠…忠誠と真心
信…信頼と誠実
考…父母を敬う心
悌…年長者を敬う心

南総里見八犬伝グッズのお礼の品

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる