イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

日本みつばちの蜂蜜1,200g F21K-044

日本みつばちは、古来からの在来種で野生のみつばちです。病害虫に強く耐寒性にもすぐれ、生命力の強いみつばちです。春から秋まで100種類以上の花の蜜を集め、この集大成が「百花蜜」と呼ばれます。 蜂蜜の味は濃厚で、ほのかな花の香りとまろやかで深みのある味がします。採蜜量はごく少なく「幻の蜂蜜」といわれ、希少価値の高い蜂蜜です。 ※画像はイメージです。 ※蜂蜜は健康的な食品ですが、一歳未満の乳児には与えないでください。 ※また、白く結晶しますが品質には変わりありません。湯せんすると元の液状にもどります。

42,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
日本みつばちの蜂蜜 瓶入り1,200g

日本みつばちは、古来からの在来種で野生のみつばちです。病害虫に強く耐寒性にもすぐれ、生命力の強いみつばちです。春から秋まで100種類以上の花の蜜を集め、この集大成が「百花蜜」と呼ばれます。 蜂蜜の味は濃厚で、ほのかな花の香りとまろやかで深みのある味がします。採蜜量はごく少なく「幻の蜂蜜」といわれ、希少価値の高い蜂蜜です。 ※画像はイメージです。 ※蜂蜜は健康的な食品ですが、一歳未満の乳児には与えないでください。 ※また、白く結晶しますが品質には変わりありません。湯せんすると元の液状にもどります。

42,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
日本みつばちの蜂蜜 瓶入り1,200g
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ミツバチのこと

春、穏やかなあたたかい日に「巣別れをする」

写真

日本ミツバチは自然界にいる蜂です。つまり、野生の蜂です。
捕獲することが難しく、自宅に設置してある巣箱で分蜂群をとり増やしています。
1年のうちでも、一番、花の蜜が多い4月~5月のおだやかなあたたかい日に、新しい女王バチを育て、巣別れをします。これが「分蜂」です。木の枝や屋根の下など、ミツバチの群れができるので、タイミングを見計らい捕獲します。タイミングを逃すとミツバチたちはその場から離れてしまうので、この時はミツバチたちから目を離せません。

ミツバチたちは、夜明けとともに夕方暗くなるまで働く

写真

巣箱に入った分蜂群は、夜明けとともに巣を飛び出て、夕方暗くなるまで働き、子を増やし蜜を採るために一気に大群となっていきます。花の蜜を採りに行くのはメスのミツバチたちで、1匹のミツバチが一生のうちに採る蜜の量はティースプーン1杯ほどと言われています。

夏をすごし、秋の終わりに蜜を採る

写真

佐藤ファームの佐藤正一さんは、重箱式の巣箱を少し山に入った場所に置いています。草木が茂るその場所は、佐藤さんが何度も通った跡が残り、獣道のような細道ができていて、草木をかき分けながら巣箱に向かいます。

写真

草木が茂る中に、巣箱が置いてあります。この中に、ミツバチたちが集めた蜜がたまっています。

写真

巣箱の近くに手づくりのワナがあります。これは、ミツバチたちを襲うオオスズメバチを捕獲するためのワナで、甘い匂いにつられてオオスズメバチを捕獲する仕組みです。
10月になるとオオスズメバチが巣箱の出入り口に居座り、ミツバチたちが噛み殺されてしまいます。巣箱からの出入りができず、蜜を運べないどころか掃除もできなくなり、2~3匹ほどが居座ることで3・4日ほどで全滅してしまうほどオオスズメバチは大敵なのです。そのため、1週間に一度は巣箱まわりを点検し、オオスズメバチを退治しなければなりません。

写真

巣箱の木枠を外すと、中には何層ものミツロウが重なっているので、1層1層、丁寧にナイフで切り出します。
採蜜している時、たくさんのミツバチたちが巣のまわりを飛び回っていますが、日本ミツバチはおだやかな性格なので人を刺すことはありません。よく見ると、とてもかわいい顔をしています。

写真

採ったミツロウは自宅に持ち帰り、昔ながらの垂れ蜜方法で蜜を精製します。
この時、ミツバチたちに越冬用の蜜を残しておきます。
夏の暑さを耐え、蜘蛛やスズメバチから守られてきた日本ミツバチの蜂蜜「百花蜜」、ミツバチたちからのおすそ分けはとても貴重なものと言えます。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる