イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

A31 上三原田の歌舞伎舞台 歌舞伎公演優先観覧席(2019年11月2日分)【数量限定】

上三原田(かみみはらだ)の歌舞伎舞台は、2019年に創建200年を迎える農村歌舞伎舞台です。 2019年11月2日(土曜日)、3日(日曜日)に「上三原田の歌舞伎舞台創建200年祭」と題して、地元小学校の歌舞伎クラブの公演や舞台機構の操作をはじめとして、様々な演目が披露されます。 舞台前面に製作される桟敷席(屋根付きの観客席)のうち、より舞台に近い前列の桝席をお礼の品としてご用意しました。 プレミアムな年に行われる上三原田の歌舞伎舞台での公演をぜひご覧ください。 ※公演内容は、2日(土曜日)と3日(日曜日)とで異なります。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
優先観覧席券(2019年11月2日分) 1枚(1席分) 関連グッズ ・プログラム 1冊 ・手ぬぐい 1枚 ・座布団 1枚 ・手さげ袋 1枚 ※当日開演の時間より後に到着される場合は、観覧席券に記載する連絡先まであらかじめご連絡ください。ご連絡がない場合、席を一般開放させていただく場合がありますので、ご了承ください。 ※当日お越しいただけない場合は、後日関連グッズを送付させていただきます。 【数量限定】 100席(11月2日分)

上三原田(かみみはらだ)の歌舞伎舞台は、2019年に創建200年を迎える農村歌舞伎舞台です。 2019年11月2日(土曜日)、3日(日曜日)に「上三原田の歌舞伎舞台創建200年祭」と題して、地元小学校の歌舞伎クラブの公演や舞台機構の操作をはじめとして、様々な演目が披露されます。 舞台前面に製作される桟敷席(屋根付きの観客席)のうち、より舞台に近い前列の桝席をお礼の品としてご用意しました。 プレミアムな年に行われる上三原田の歌舞伎舞台での公演をぜひご覧ください。 ※公演内容は、2日(土曜日)と3日(日曜日)とで異なります。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
優先観覧席券(2019年11月2日分) 1枚(1席分) 関連グッズ ・プログラム 1冊 ・手ぬぐい 1枚 ・座布団 1枚 ・手さげ袋 1枚 ※当日開演の時間より後に到着される場合は、観覧席券に記載する連絡先まであらかじめご連絡ください。ご連絡がない場合、席を一般開放させていただく場合がありますので、ご了承ください。 ※当日お越しいただけない場合は、後日関連グッズを送付させていただきます。 【数量限定】 100席(11月2日分)
このエントリーをはてなブックマークに追加

───────────────────────────────────────────
この返礼品は、「上三原田の歌舞伎舞台創建200年祭関連事業」を応援いただいた方にお返しします。
───────────────────────────────────────────

上三原田の歌舞伎舞台とは

写真

「上三原田の歌舞伎舞台」は、地元の水車大工であった永井長治郎が文政2年(1819)に天龍寺(渋川市赤城町上三原田)に建築したと伝えられ、明治15年に現在地へ移築されました。全国に例を見ない特殊な機構を備えており、国の重要有形民俗文化財に指定されています。
多様な舞台演出を可能にする主な機構として、三方の板壁を外側に倒して、舞台面を2倍以上の広さにする「ガンドウ返し」、舞台の奥に背景を付け、奥行きを深く見せる「遠見(とおみ)」、平舞台いっぱいの回転部を回転させる「柱立式廻転機構」、二重(にじゅう)と呼ばれる小舞台を天井・奈落の双方からせり上げ、せり下ろす「二重セリ機構」があります。
これらの舞台装置を操作する技術も国の選択無形民俗文化財となっており、地元の上三原田歌舞伎舞台操作伝承委員会によって伝えられています。公演時には約80人の大人の力が必要となり、伝承委員会のメンバーが裏方となり、拍子木の音を合図に一斉に操作をします。また、桟敷席(屋根付きの観客席)の製作も伝承委員会の手で行われ、その製作技術が受け継がれています。

ただいま観客席の製作中です(7月27日)

写真

公演プログラム

11月2日(土曜日) 9:00〜18:00

・ 9:00  木遣り入場  〔上三原田歌舞伎舞台操作伝承委員会〕
・ 9:20  開会式
・ 9:40  永井長治郎供養祭
・10:00 三番叟    〔津久田人形操作伝承委員会桜座〕
・10:30 三原田小学校金管クラブ演奏
・10:50 歌舞伎「白浪五人男」  〔三原田小学校歌舞伎クラブ〕
・11:30 舞台操作披露      〔上三原田歌舞伎舞台操作伝承委員会〕
・12:10 人形芝居「鎌倉三代記七段目」  〔津久田人形操作伝承委員会〕
・13:10 とろんぷ・るいゆの農村舞台でシェークスピア!!「夏の夜の夢」
     〔翻訳/河合祥一郎、上演台本/小出和彦、演出/中村ひろみ(演劇プロデュースとろんぷ・るいゆ
     主催)、特別公演/萩原朔美(多摩美術大名誉教授・前橋文学館長)〕
・15:10 歌舞伎「奥州安達ヶ原三段目」   〔赤城古典芸能保存会〕
・16:40 映像上映・トーク「映像とともに、夜の舞台を楽しもう」
                     〔野田香里(映画監督)、kabukifilm〕

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる