イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

群馬県産シルク配合化粧品まゆ美水  リンクルエッセンス

群馬県産シルクを配合した「まゆ美水 リンクルエッセンス」は、塗るボトックスとして注目されるアルジレリンをたっぷり配合。さらに保湿性を高めるためシルク成分、植物性のプラセンタとコラーゲンもプラスしています。乾燥を防ぎ、小じわやたるみができにくい健康な肌を育てます。モイスチャーローションを使用後、目元やほうれい線など気になる部分になじませると角質に浸透し、キメを整えます。 お問合せ先:有限会社シャルマン TEL 0270‐70‐1558

12,000ポイント
(40,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
30ml

群馬県産シルクを配合した「まゆ美水 リンクルエッセンス」は、塗るボトックスとして注目されるアルジレリンをたっぷり配合。さらに保湿性を高めるためシルク成分、植物性のプラセンタとコラーゲンもプラスしています。乾燥を防ぎ、小じわやたるみができにくい健康な肌を育てます。モイスチャーローションを使用後、目元やほうれい線など気になる部分になじませると角質に浸透し、キメを整えます。 お問合せ先:有限会社シャルマン TEL 0270‐70‐1558

12,000ポイント
(40,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
30ml
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

周辺の山々の美しい景観が望める伊勢崎市

写真

群馬県南東に位置する伊勢崎市は群馬県では珍しくほぼ平坦な地域。このため、見晴らしは抜群で、赤城山や榛名山、浅間山など周辺の山々の美しい景観が望めます。また、織物のまちとして発展してきた伊勢崎市では、世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産である「田島弥平(たじまやへい)旧宅」もあり、養蚕王国群馬の歴史を今に伝えています。

群馬県産シルクの成分を配合したリンクルエッセンス

写真

この養蚕に着目したのが今回の返礼品「まゆ美水 リンクルエッセンス」です。実際にエステサロンなどで使用されている美容液に群馬県産のシルク成分を配合。さらに、スペイン直輸入のアルジレニン、植物性コラーゲンとプラセンタを配合し、小じわ、たるみなどの集中ケアに効果的です。色素や香料、鉱物油不使用。安心・安全にこだわった美容液です。

50歳で起業。納得できる製品を販売したい!

写真

このリンクルエッセンスを企画・販売している有限会社シャルマンの事務所は住宅街の一角にあります。白を基調とした事務所を訪ねると、河口潤子(かわぐちじゅんこ)代表が笑顔で出迎えてくれました。(※写真は、シャルマンの武井克真さんと河口清恵さん)

河口さん、実は遅咲きの社長です。長年、営業社員として、ファクシミリや電話機などを販売していましたが50歳を迎えた時「自分が企画して、自分が納得できる商品を販売したい」と一念発起し、起業を決意しました。当初、作業服などを販売していましたが、ある日、なじみのお客さんから「群馬にはいいシルクがある。せっかくなら、これを売ったらいいのでは?」と持ちかけられ、既存の絹のタオルを自身でパッケージして販売することに。これが、群馬産シルクとの出会いでした。

「座繰り」の女性の手に着目。群馬県産シルクとの出会い

写真

その後、河口さんがたまたま県内唯一の製糸工場「碓氷製糸株式会社」を訪れ、煮出した繭から糸を引く「座繰り」を見学していたところ、作業する女性の手がとても綺麗だったことに驚きました。早速、煮出した水をもらってきて恐る恐る自身の肌につけてみたところ、「しっとりとして、肌が滑らかになった感じで」。実は、この水、絹糸の周りを透明な膜状で覆っている「セリシン」という成分が溶け出したものでした。人間の肌に近いアミノ酸タンパク質であるセリシンは紫外線や活性酸素、雑菌などから繭を守る働きをしています。

この「セリシン」に着目した河口さんはすぐに、製造メーカーと化粧水を共同開発。群馬県産の「安全・安心」なシルクを配合することに加え、群馬県の名物「空っ風」が吹き荒れる乾燥した地域のため、保湿性にこだわって試作を繰り返しました。「直接、肌につけるものだからこそ品質を大切にし、安全性、効果、使用感の3要素を重視しました」と河口さん。そして2007年、ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキスなども配合した化粧水「まゆ美水 モイスチャーローション」が完成しました。

世界遺産「富岡製糸場」登録を機に誕生した美容液

写真

次の転機となったのは2014年、「富岡製糸場」が世界遺産に登録される直前でした。富岡製糸場は明治時代に設立された日本初の本格的な機械製糸工場。河口さんは「世界遺産登録を機に、新しい商品で群馬県産シルクを多くの人にアピールしたい」と考え、エステティックサロン向けの美容液を製造する会社と共同で、返礼品の「リンクルエッセンス」を誕生させました。この時、セリシンを含んだ洗顔、乳液、クリームも新たに仲間に加わりました。

保湿効果に優れた、しっとりとした使い心地

写真

群馬県産のセリシンを配合したリンクルエッセンスは、天然由来の保湿成分である植物性コラーゲンと植物性プラセンタ、さらにスペインから直輸入した“塗るボトックス”ともいわれる「アルジレン」を配合。肌の乾燥を防ぎ、小じわ、たるみなどの集中ケアに効果的です。早速、つけ心地を確認!一滴を手に取り、顔全体になじませます。液自体はさらっとしているので、スーっと肌に染み込んでいくような感触。最後に優しく手で包み込むと、肌がしっとりとしてくるのがわかります。その後は乳液などの脂分で“ふた”をして成分を閉じ込めます。使用のおすすめは夜。利用者からは「翌朝のハリが違う」「肌がワントーン、明るくなった」といった声が届いています。

そして2022年、さらなる転機が訪れました。海外での勤務経験がある武井克真(たけいかつま)さんがメンバーに加わり、「まゆ美水シリーズ」の中国への輸出が決定したのです。武井さんは「富岡製糸場というネームバリューもあって注目度も高いようです。今後、まゆ美水をきっかけに、海外の人が群馬県を訪れてくれると嬉しいですね」と期待しています。

写真

強力なメンバーとともに群馬シルクの魅力を発信

養蚕王国といわれた群馬県ですが、今では養蚕の風景を見ることは難しくなりました。そんな中、群馬県産シルクにこだわり、群馬県ならではの商品を海外へ広めようとする河口さんの熱意、行動力には感服します。

50歳で起業した熟年挑戦者に、武井さん、そして河口さんの次女・清恵(きよえ)さんという強力なメンバーが加わり、これから群馬県産シルクの魅力を世界へ発信してくれることでしょう。

写真

関東支部(群馬県伊勢崎市担当) / 斎藤 里香(さいとう りか)

群馬県桐生市在住。北関東と埼玉を中心に取材・執筆活動をしています。一番、大切にしたいのは、人々の「思い」です。いろいろな「コト」や「モノ」に携わっている人々の“代弁者”として、頑張っている姿、その根底にある思いなどを多くの人たちに伝えることができたら嬉しいです。

伊勢崎市といえば家族でにぎわう華蔵寺公園が有名です。観覧車から見渡す景色は圧巻。平坦な伊勢崎市ならではの景色が楽しめます。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる