イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

<清酒>日光路

栃木県 日光市はポイント制を採用しています。栃木県 日光市のポイント制について

事業者名:片山酒造(TEL:0288-21-0039) 越後杜氏から代々継承した本醸造酒です。冷や又は燗どちらもおすすめです。 ※商品がなくなり次第終了となります。

1,800ポイント
(6,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
720ml

事業者名:片山酒造(TEL:0288-21-0039) 越後杜氏から代々継承した本醸造酒です。冷や又は燗どちらもおすすめです。 ※商品がなくなり次第終了となります。

1,800ポイント
(6,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
720ml
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真
日光連山の恵み「千両水」
日光連山の麓、今市。この地で片山酒造は創業から変わらぬ原料、製法で日々酒作りに励んでいます。業は遡ること1879 年。米処新潟から良質な水を求め初代当主は日光の地に赴きました。ここで出会ったのが日光連山から湧き出る「千両水」。弘法大師にまつわる伝承で、美味しいお酒ができるとされる水「酒の泉」と同じ水源の伏流水でした。地下16m から汲み上げる「千両水」は口当たりの良い軟水で、お酒にするとまろやかな味わいと香りを生み出します。この水と最高の米、酵母、手間ひまを惜しまない製法が掛合わさり、140 年の長きに渡って良質なお酒を作り続けることができました。

写真

写真
製法と直販のこだわり
米は特A ランクの山田錦を使い、酵母は栃木で生まれた特別なものを使用。原料にこだわり抜いた上で相乗効果を生み出すのが、創業当初から変わらぬ製法。中でも片山酒造が最も大切にしているのが「搾り」の工程。熟成したもろみからお酒を抽出するのが「搾り」で、創業以来片山酒造では「佐瀬式」と呼ばれる方法で搾りを行います。「もろみ」を一つ一つ丁寧に袋に詰めて積み重ね、ゆっくり3,4 日かけて少量のお酒を確保。大量生産が不可能なため、ほとんどの酒蔵が採用していない方式ですが、ゆっくり圧力をかけることでお酒の味を損なわないこだわりの製法です。少量生産かつ熟成後はいち早くご賞味頂きたいため、片山酒造のお酒は流通ルートには乗せず、他の酒屋に並ぶことはありません。こだわり抜いた貴重な味をぜひふるさと納税で。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる