イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

J-0008 うな丼発祥の地「龍ケ崎市」で食べるうなぎ料理「うなぎ街道お食事券」

龍ケ崎市にある「牛久沼」は、うな丼発祥の地といわれています。うな丼発祥の地 龍ケ崎でぜひ、美味しいうなぎ料理をご賞味ください。 提供者: 伊勢屋・桑名屋・山水閣・鶴舞家

12,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
うなぎ街道お食事券(1名様分) ※「ふるさと納税特典うなぎメニュー」1名様分となります。 ※掲載写真は調理イメージです。提供内容等は各店で異なりますのでご了承ください。 ※このチケットの有効期限は発行日より1年間です。

龍ケ崎市にある「牛久沼」は、うな丼発祥の地といわれています。うな丼発祥の地 龍ケ崎でぜひ、美味しいうなぎ料理をご賞味ください。 提供者: 伊勢屋・桑名屋・山水閣・鶴舞家

12,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
うなぎ街道お食事券(1名様分) ※「ふるさと納税特典うなぎメニュー」1名様分となります。 ※掲載写真は調理イメージです。提供内容等は各店で異なりますのでご了承ください。 ※このチケットの有効期限は発行日より1年間です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『うな丼発祥の地「龍ケ崎市」で食べるうなぎ料理』
このチケットで、牛沼湖畔にあるうなぎ料理専門店4店(伊勢屋・桑名屋・山水閣・鶴舞家)のいずれかのお店で「ふるさと納税特典特別うなぎメニュー」をご賞味いただけます。
うなぎはビタミンAが豊富で夏バテに効くといわれています。皆さんも「うなぎ街道のうなぎ」を、ぜひご賞味ください。

 -・-・-・-・-・-・- 
うな丼発祥の地牛久沼・創業数十年以上の老舗が並ぶ、龍ケ崎市うなぎ街道。
厳選された素材と、素材の良さを生かす伝承の技術。

 龍ケ崎市の牛久沼沿いは、知る人ぞ知る「うな丼発祥の地」。国道6号線の牛久沼湖畔は、何十年も続くうなぎの老舗が軒を連ね、うなぎ街道と呼ばれています。
取手方面から国道6号線を北上すると道路の両側に桑名屋、伊勢屋、鶴舞家、そして山水閣と続くうなぎ料理の専門店。狭い地域で味を競い合っているだけあって、いずれ劣らぬ名店ぞろいで、東京を初め、関東近県から人が集まります。
 厳選された新鮮なうなぎを素早くさばき、「下焼き」とていねいな「蒸し」の後じっくりとたれを潜らせながら焼く――各店とも仕事のていねいさには定評がありますが、「串打ち三年、割き八年、焼きは一生」と言われるように、うなぎをおいしく調理するには年数に裏付けられたしっかりした職人の技術が必要。牛久沼湖畔のうな丼には「大久保今助」に始まる伝統と長年培ってきた技術がしっかりと生きています。

写真
うな丼発案者「大久保今助」と「牛久沼」
 -・-・-・-・-・- 
 今助江戸時代後期に江戸日本橋堺町に芝居の金方(資金を出す人)で、鰻の大好きな大久保今助という人物がいた。その今助が故郷である現在の茨城県常陸太田市に帰る途中、水戸街道を牛久沼まで来て、茶店で渡し船を待っているときに鰻が食べたくな り、蒲焼きとドンブリ飯を頼んだ。
 ところが、注文した品が出てきたとき「船が出るよー」の声。今助はドンブリと皿を借り、ドンブリ飯の上に蒲焼きののった皿をポンと逆さにかぶせて船に乗り込み、対岸に着いてから土手に腰をおろして食べたところ、蒲焼きが飯の温度で蒸されていて、より柔らかくなり、飯にはタレがほどよくしみこんで、これまでに食べたどこの鰻よりもうまかった。
 その後、どのように「うな丼」が広まったのかは、いくつかの説があります。一つは、今助が帰りに茶屋に食器を返しながら、その話をし、茶屋が出すようになったところ、水戸街道の名物になったというもの。もう一つは、今助が自分の芝居小屋でうな丼を売り出して江戸から広まったという説。さらに、うな丼が牛久沼の茶屋で出されるようになった一方、今助は、自分の芝居小屋で芝居に付きものの重詰めの代わりにご飯に蒲焼を載せさせて重箱を取り寄せ、それが江戸でうな重としてとして広まっていき、庶民にも、うな丼の形で提供するようになったという説もあります。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる