イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

C-1331 カガミクリスタル社製 伝統工芸士作「江戸切子 冷酒杯」1個

伝統工芸士 鍋谷聰氏がデザイン、カットを施した冷酒杯です。やわらかいフォルムの色被せクリスタルガラスにカットを施すことで、それぞれ桜・菊花・紫陽花・水仙・向日葵を表現しています。 ※5種セット(各色1個)は、200,000円以上のご寄附で選択できます。ご希望の方は、E-1334を選択してください。 ※われもの(ガラス)となりますので、お取扱いにご注意ください。 提供者:カガミクリスタル株式会社

50,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
木箱入 冷酒杯(口径56mmx高さ57mm・80cc)×1個

伝統工芸士 鍋谷聰氏がデザイン、カットを施した冷酒杯です。やわらかいフォルムの色被せクリスタルガラスにカットを施すことで、それぞれ桜・菊花・紫陽花・水仙・向日葵を表現しています。 ※5種セット(各色1個)は、200,000円以上のご寄附で選択できます。ご希望の方は、E-1334を選択してください。 ※われもの(ガラス)となりますので、お取扱いにご注意ください。 提供者:カガミクリスタル株式会社

50,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
木箱入 冷酒杯(口径56mmx高さ57mm・80cc)×1個
このエントリーをはてなブックマークに追加

「桜(赤)」と「菊花(紫)」は2016年5月に開催された「G7茨城・つくば科学技術大臣会合」にて使用され、各国大臣へのお土産として贈られた作品です。

写真
【菊花】
菊花をイメージしたシンプルなカットが光を反射しあい、万華鏡のような輝きを放ちます。上面からグラスを覗くと細かく刻まれた底面の菊紋様と、カットガラスの美しさを存分にお楽しみいただけます。

写真
【桜】
やわらかいフォルムの鮮やかな金赤色被せクリスタルガラスに、カットを施すことで桜を表現しています。上面からグラスを覗くと細かく刻まれた底面の菊紋様と、桜の花びらを見ることが出来ます。

写真
【紫陽花】
やわらかいフォルムの鮮やかな青被せクリスタルガラスに、連結した玉をカットしていくことで紫陽花を感じさせます。上面からグラスを覗くと細かく刻まれた底面の菊紋様と、カットガラスの美しさを存分にお楽しみいただけます。

写真
【水仙】
「水仙」の花をモチーフにしたカットで、口元から覗くと水仙の可愛らしい花を見つけることが出来ます。スッと立ち上がる青々とした葉っぱを思わせる、爽やかな緑のグラスで、きりりと冷やした冷酒をお楽しみください。

写真
【向日葵】
「向日葵」の花をモチーフにしたカットで、口元から覗くと向日葵の可愛らしい花を見つけることが出来ます。底面には「魚子」と呼ばれる江戸切子の伝統文様を、向日葵の種に見立てています。

※われもの(ガラス)となりますので、お取扱いにご注意ください。

カガミクリスタル社とは

カガミクリスタルは、昭和9年に日本で初めてのクリスタルガラスの専門工場として各務鑛三氏により創業。その後、各務鑛三氏がパリ万国博覧会金賞受賞など数々の栄誉に輝き、創業以来培われてきた熟達した技術は、たゆまぬ努力により受け継がれ、更に磨きぬかれた独創的な製品を日々創り続けています。カガミクリスタルの製造・加工技術は日本における最高級クリスタルと賞されるほど高い評価を受けており、宮内庁外交団正餐用食器及び迎賓館正餐用食器、在外日本大使館等において多数使用されています。

カガミクリスタル から KAGAMI へ

1934年、日本初のクリスタル専門メーカーカガミクリスタルは産声をあげ、以来、熟達した職人が作り出す極めて繊細なクリスタルは宮内庁御用品としても認められ、広く愛されてきました。

2016年秋 カガミクリスタルは“KAGAMI”へ。
長年培った技術と高い品質はそのままに、時代と世代を超えて愛される、最高峰のクリスタルブランドとして“KAGAMI”は新しい歴史を刻み始めます。

ブランドコンセプトは「Feel Japan」
最高級クリスタルメーカーKAGAMIの作る製品とは、まさに「日本の伝統と革新」。
創業以来培ってきた技術力と、細部に目が届く表現力は、KAGAMIの誇り。
すべての方々に、「KAGAMIを手にすることは日本を感じる事」と思っていただけることを祈念したブランドコンセプトです。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる