イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

05-010 最上伝承野菜「畑ナス」と新庄の夏野菜セット

北前船の舟運により上方から伝えられたとされている畑ナス(はだなす)は、300年以上この地で栽培されて守り伝えられてきました。美しい丸ナスで、型崩れせず調理できるため、さまざまな料理に活用できます。平成22年には最上伝承野菜にも認定されました。 提供事業者:株式会社もがみ物産協会

5,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
最上伝承野菜「畑ナス」2kg(8-10個前後) 旬の新庄産夏野菜2品-3品 ※収穫状況によってセット内容が変更となる場合があります

北前船の舟運により上方から伝えられたとされている畑ナス(はだなす)は、300年以上この地で栽培されて守り伝えられてきました。美しい丸ナスで、型崩れせず調理できるため、さまざまな料理に活用できます。平成22年には最上伝承野菜にも認定されました。 提供事業者:株式会社もがみ物産協会

5,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
最上伝承野菜「畑ナス」2kg(8-10個前後) 旬の新庄産夏野菜2品-3品 ※収穫状況によってセット内容が変更となる場合があります
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

最上伝承野菜「畑ナス」とは

写真

新庄市の畑(はた)地区で栽培されているため、この名前がつきました。最上川を使った紅花の舟運が盛んだった300年以上前に、北前船で上方から種が持ち込まれたものと考えられています。畑(はた)の人たちは、その名の通り畑で野菜を作り、それをリヤカーで街に売りに行き生計を立てていましたが、水稲が盛んになり、次第にその暮らしは変わっていきました。

写真

「このなすだけは、みんななぐさね(無くさない)で作ってきたなだ。」

人の手によって長い歴史を受け継いできた「畑なす」は、平成22年10月に最上伝承野菜に認定されました。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる