イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

A01-590 老舗和菓子屋「とちもち本舗 大福城」の凍眠 福袋

ご存知ですか? 登録商標されている『凍眠』菓子。 いつでも出来立ての味・食感をお楽しみ頂きたい!との、作り手の 熱い気持ちから生まれた『凍眠』という製法。 自然解凍するだけで、いつでも美味しく頂けます。 数々のメディアでも取り上げられたこの技術で作られた 自慢の凍眠菓子をたくさん詰めました。 お気に入りの一品を見つけて下さい。 ※写真はイメージです。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・とちもち 3ヶ ・白餡栃餅  2ヶ ・とちの実まんじゅう 5ヶ ・だだちゃ餅 5ヶ ・とちゆべし(琥珀のマロニエ)  5ヶ ・だだちゃゆべし(みどりの宝石)  5ヶ          クール便でお届けします。 【提供事業者】(有)大福城

ご存知ですか? 登録商標されている『凍眠』菓子。 いつでも出来立ての味・食感をお楽しみ頂きたい!との、作り手の 熱い気持ちから生まれた『凍眠』という製法。 自然解凍するだけで、いつでも美味しく頂けます。 数々のメディアでも取り上げられたこの技術で作られた 自慢の凍眠菓子をたくさん詰めました。 お気に入りの一品を見つけて下さい。 ※写真はイメージです。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・とちもち 3ヶ ・白餡栃餅  2ヶ ・とちの実まんじゅう 5ヶ ・だだちゃ餅 5ヶ ・とちゆべし(琥珀のマロニエ)  5ヶ ・だだちゃゆべし(みどりの宝石)  5ヶ          クール便でお届けします。 【提供事業者】(有)大福城
このエントリーをはてなブックマークに追加

◆メディアでも取り上げられた注目の製法『凍眠』の技術

写真

出来立ての生和菓子を急速冷凍で眠らせました。

急速冷凍は、短い時間で凍結させるので、冷凍することによって変化
する食材の品質を、通常の冷凍よりも軽減させることができます。

凍眠中の菓子をお送りいたします。

いつでも出来立ての味・食感をお楽しみ頂けますように、食べたい時に食べたい分だけ召し上がれます。

写真

◆生和菓子たちを急速冷凍で凍眠(とうみん)させる理由

とちの実は、非常に強い苦みがあるため、姿形が似ている栗のようにゆでて食べるということはできません。そのため、とちの実を口にするには、あく抜き作業をほどこさなければならず、その作業はあく抜きをしなければならない食品の中でも、特に手間がかかります。
採集からあく抜きが完成するまで、最低でも1か月はかかります。

こちらで使用しているとちの実は、山形県鶴岡市朝日地区のとちの実農家の方があく抜きまで手間をかけほどこしたものです。とちの実農家の方の苦労を無駄にしないよう、心をこめて菓子の製造をしています。

そのとちの実を使い作りあげた生和菓子、また鶴岡特産“だだちゃ豆”を使い作りあげた生和菓子を、作り立ての風味や食感そのまま、皆様にお届けしたいという気持ちから凍眠をさせお届けしております。

凍眠中のとちもち

写真

◆商品のご紹介

とちもち

写真

大福城のとちもちは、粒あんを使用しております。

【無添加無着色】とちの実を練りこんだお餅はとちの実色です。
栃の実独特の香ばしさ、お餅の柔らかさを大切にしたふわっと食感、甘さを抑えた餡ととちの実が相性抜群で、どこかほっとする風味。
シンプルで昔ながらの素朴なとちもちです。

鶴岡では、とちの実といえばとちもちを思い浮かべるほど、なじみ深いものです。

暑い時期は、半解凍でも美味しくお召し上がりいただけます。

白餡栃餅

写真

とちの実の濃厚な風味をお楽しみ下さい。

【無添加無着色】とちの実を練りこんだお餅はとちの実色です。
白あんにとちの実を加えた、当店オリジナル餡「とちあん」を中に入れた、贅沢で新しい味のとちもちです。
栃の実独特の香ばしさ、お餅の柔らかさを大切にしたふわっと食感。
お茶うけにもピッタリな、シンプルゆえに濃厚で素朴なとちもちです。

鶴岡では、とちの実といえばとちもちを思い浮かべるほど、なじみ深いものです。

つぶあんタイプの『とちもち』とは、ちょっと違った味をご堪能下さい。

とちの実まんじゅう

写真

す。着色料は一切使用しておらず、この黄色は実を加えることによって着色されたとちの実色です。

とちあんは、試行錯誤のゆえ完成した、こだわりの濃厚な風味。口にいれると、とちの実独特の風味が一気に広がります。
とちの実づくしの贅沢で新しい味のお饅頭です。

だだちゃ餅

写真

白いお餅の上に、“だだちゃ豆”のじんだん餡(ずんだ餡)をかけた餅菓子です。

山形県鶴岡市特産のだだちゃ豆をすりつぶしたじんだん餡を、丹念につきあげたきめ細かいお餅の上にかけました。
シンプルですが、枝豆の食感が残るつぶつぶの餡は、お餅と合わせることによってさらに存在感が増し、相性抜群です。

琥珀のマロニエ ~とちゆべし~

写真

ゆべしとは、昔は菓子というよりも保存食・携帯食のような存在で、基本的に柚子を用いた加工食品でした。
その昔、まだ輸送技術が発達していない頃、柚子の産地から距離がある東北地方では入手が困難だったため、醤油などをベースにくるみや胡麻を入れたものが馴染み深く食べられており、今もなお東北のゆべしといえば柚子を使っておりません。
ゆべしは現在もその土地に合わせた様々な味・形状で、全国各地でお茶うけとして親しまれています。


このゆべしは、“とちの実”の産地ならではの「とちの実入りゆべし」です。生地の中にたっぷりのとちの実を入れることにより、無着色のとちの実色と、濃厚な風味をもちもちの菓子から味わっていただけるゆべしです。シンプルな原材料にこだわりながらも、深い味わいのとちゆべしに仕上げております。

みどりの宝石 ~だだちゃゆべし~

写真

他では珍しい「枝豆のゆべし」です。
こちらのゆべしは、山形県鶴岡市特産の“だだちゃ豆”を練りこんでおります。枝豆を荒くつぶした、つぶつぶの食感と濃厚な風味を大切にし、シンプルな原材料でだだちゃ豆の香りをお楽しみいただけるよう仕上げました。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる