イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

BD08 医療的ケアを必要とする子どもとご家族に対する支援事業(返礼品なし)

【あなたの寄付で、医療的ケアを必要とする子どもに対する支援を行います】 近年、医学の進歩を背景として、NICU(新生児集中治療室)に長期入院し、退院後も、引き続き人工呼吸器や胃ろう等を使用し、たんの吸引や経管栄養などの医療的ケアが日常的に必要な子ども(医療的ケア児)が急増しています。 こうした子どもたちは日常的に医療的ケアが必要なため、親が仕事を辞めたり、一日中ケアに追われ介護から離れられないなど、家族の負担が大きくなっています。 このような状況を受け、山形県では、医療的ケア児とその家族を支援する事業をスタートいたしました。寄付金については、支援事業に活用させていただきたいと存じますので、ご協力をよろしくお願いいたします。 【お問合せ先】 障がい福祉課 障がい福祉支援担当 電話番号:023-630-2317

2,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
※返礼品なし

【あなたの寄付で、医療的ケアを必要とする子どもに対する支援を行います】 近年、医学の進歩を背景として、NICU(新生児集中治療室)に長期入院し、退院後も、引き続き人工呼吸器や胃ろう等を使用し、たんの吸引や経管栄養などの医療的ケアが日常的に必要な子ども(医療的ケア児)が急増しています。 こうした子どもたちは日常的に医療的ケアが必要なため、親が仕事を辞めたり、一日中ケアに追われ介護から離れられないなど、家族の負担が大きくなっています。 このような状況を受け、山形県では、医療的ケア児とその家族を支援する事業をスタートいたしました。寄付金については、支援事業に活用させていただきたいと存じますので、ご協力をよろしくお願いいたします。 【お問合せ先】 障がい福祉課 障がい福祉支援担当 電話番号:023-630-2317

2,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
※返礼品なし
このエントリーをはてなブックマークに追加

医療的ケアを必要とする子どもに対する支援を行います。

山形県では、医療的ケア児を持つ子どもとそのご家族を支援するため、次の事業を実施しております。

1各分野の緊密な連携体制の構築

医療的ケア児の支援については、福祉分野の他に、教育、
医療、保健等、各分野における関係機関との連携が不可欠です。
県では、これらの各分野の関係機関との緊密な連携体制を構築し、医療的ケア児に対する支援について協議を行っていきます。

2小児在宅医療の推進

医療的ケア児は、定期的に病院に通う必要があります。しかし、通院中の車中や病院内における待ち時間でも、たんの吸引などの医療的ケアが必要であり、通院はご家族にとって大きな負担となっています。
県では、こうしたご家族の負担軽減のため、医師が医療的ケア児の自宅に訪問して診療を行う小児在宅医療を推進するための実地研修を行います。

3医療的ケアに関するコーディネーターの養成

医療的ケア児を持つご家族は、障がい福祉サービスや医療サービスなどの支援制度等の情報収集に苦労をしています。
県では、ご家族の相談を受け付け、最適なサービスを調整するコーディネーターの養成研修を行います。

4医療的ケア児に医療的ケアを行う人材の育成

医療的ケア児に対して直接ケアを行うためには、専門的な知識・実技を習得した支援人材が必要となります。
そのため県では、直接ケアを行う方(医師、看護師、福祉機関職員、教員等)を対象とした養成研修を行います。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる