イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

アップルパイ 12個入(箱入り) お一人様サイズ

鹿角のリンゴ農家家のお母さん達が作りました。 りんごたっぷり、甘さ控えめのやさしい味、鹿角の美味しさに“はまって“しまうこと、うけあいです。添加物なし、低糖度で日持ちしません。焼きたてを冷凍してお送りします。 ※画像はイメージです。 事業者:レディースファーム

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
お一人様サイズのアップルパイ 12個入(箱入り)

鹿角のリンゴ農家家のお母さん達が作りました。 りんごたっぷり、甘さ控えめのやさしい味、鹿角の美味しさに“はまって“しまうこと、うけあいです。添加物なし、低糖度で日持ちしません。焼きたてを冷凍してお送りします。 ※画像はイメージです。 事業者:レディースファーム

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
お一人様サイズのアップルパイ 12個入(箱入り)
このエントリーをはてなブックマークに追加

アップルパイ 12個入(箱入り) お一人様サイズ

写真
写真
写真

女性たちがより豊かに働けるレディースファーム

「もったいない」から生まれて20年

鹿角の女性たちが農作物を’’おいしい形’’で届けます!

いまから約20年前の平成12年、鹿角市の直売所で働いていた女性たちが「もっと人を呼びたい」という気持ちから、加工品を作り始めたのが「レディースファーム」です。


最初に作ったのは、小さなアップルパイでした。

写真
写真

りんごの名産地である鹿角市、「材料はね、ほら、いくらでもあったから」と代表の米田敦子さんは笑います。


立ち上げた当初は、時間に余裕のできる農閑期だけでのんびりやろうと思っていた米田さん。しかし小さなアップルパイは口コミでどんどん広がり、なんとマスコミにまで取り上げられるように!


生地から丁寧に仕上げられるレディースファームのアップルパイは、やがて市のキャンペーンとしてもお声がかかります。


それは鹿角地方の鉱山で採れた金が、岩手県平泉の世界遺産・金色堂に運ばれたという伝説にかけて、’’黄金のスイーツ’’が作れないか?というもの。

写真

黄金という言葉から、見た目にもゴージャスなスイーツを考えた結果、生まれたのが、現在もレディースファームのアイコニック商品として知られる「極(きわみ)」だったのです。


「極」は、日経新聞でも紹介され、爆発的な人気となりました。


数ヶ月待ちでひと月の送料だけでも100万円を超えたり、遠くは種子島からの注文が入ったり……小さな加工場では一日に6個までしか作ることが出来ず、いよいよ手狭になってきたそう。


さらに「極」が売れたことで、もっと色々なものを作りたいと思うようになり、加工場を徐々に広げ、今のレディースファームが出来上がりました。

写真

現在は果物だけではなく、きのこやサツマイモを使った加工品も多く出しているレディースファーム。
味や無添加へのこだわりを何ひとつ諦めないレディースファームは、ひとつひとつの発案から商品化までに2~3年はかかるそう。

なにが原動力となっているのでしょうか?

写真

もったいないという気持ちでしょうね。鹿角はほんとうに豊かな土地で、作っている農作物の種類も量も多いんです。その豊かさを無駄にしたくない、地元の農作物を無駄にしたくないという気持ちです。だからこそ、なるべく無駄のない加工で、余ったらまた何か別なものに……って考えて。2年3年かかっても諦めないのはしつこいからですね(笑)」(米田さん)


秋田県のなかでも、鹿角は’’特別な土地’’と米田さんは言います。他市町で生まれ育った米田さんは、農業においてすべて作り、出荷までしている鹿角の豊かさにおどろいたそう。


そして特別なほど豊かな土地だからこそ生まれてしまっていた’’余り’’を、’’おいしい形’’にして全国へ届けるレディースファーム。’’ハズレ無し’’で知られるレディースファームの美味しい加工品を、ご自宅までお届けします!

上は85才!女性が生涯現役でよろこんで働ける職場を。

写真
写真

現在、レディースファームには子育て世代から上は85才という、幅広い年齢層の女性が働いています。


しかし、立ち上げ当初からすべてが上手くいっていたわけではありませんでした。


直売所から加工メンバーとして集まったのは10名ほどでしたが、農作業との両立がむずかしく数年でメンバーは5名まで減ったそう。アップルパイが売れてくにつれ忙しくなり、しかし人手は減り……代表の米田さんがおひとりで作業をすることもあったり、早朝の早い時間だけ手伝ってもらったり。


さらにレディースファームの知名度が上がっていくなか、メンバーの病気や死別など、さまざまな別れを経験した米田さん。


その別れに「ショックが大きかった」とは仰ってましたが、その大変さは言葉以上のものだったことでしょう。


それでも、ここまでやってこれたことを「良いスタッフ、良いご近所さんに恵まれていたからです」と、米田さんは話します。レディースファームの加工場のなかでは、幅広い年齢層の女性たちが忙しく手を動かしながらも、笑い声にあふれていました。


米田さんは、レディースファームを’’女性が生涯現役で、子育て世代もよろこんで働ける場所’’にしていきたいと言います。


「子育て世代の女性は、なによりも’’時間’’が欲しいんです。だからその辺りには柔軟に対応しています」(米田さん)


この町に暮らす女性たちがより豊かに働ける職場としても、レディースファームは鹿角の宝。レディースファームの’’おいしい物’’を食べることは、鹿角の女性たちを応援できるということ。


ぜひ、気になる一品からご賞味ください!

サクッとした手作りパイ

写真
写真
写真

生地からすべて手作りで、一つ一つ丁寧に作っています。
バリバリしたパイ生地ではなく、「サクッ」っとしっとりとおいしく味わってもらえます。

鹿角産「ふじ」お一人様サイズこだわりパイ

写真

食べやすい
お一人様サイズに仕立ててみました。
かづのリンゴの「ふじ」を100%使用しています。
ご贈答用にもいかがでしょうか。

事業者のお礼の品ラインナップはこちら

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる