イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

B4001 雪見蔵セット

米・大豆共に地元産原材料にこだわり、頑なに古来製法を守って造った天然醸造味噌。蔵付き酵母を井戸水によって、ふくよかな高い香りに仕上げた蔵人の技をお楽しみ下さい。 【特記事項】6月から9月 夏期は冷蔵便で発送。 【事業者名】㈲石孫本店

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【内容】百寿1L、不二本醸造1L、寒仕込雪見蔵味噌400g、籾発芽玄米仕込孫佐エ門味噌400g 【賞味期限】発送日から180日間 【発送について】配達曜日を指定したい方は、メッセージ欄にご記入ください(例:○曜日の配達を希望)。

米・大豆共に地元産原材料にこだわり、頑なに古来製法を守って造った天然醸造味噌。蔵付き酵母を井戸水によって、ふくよかな高い香りに仕上げた蔵人の技をお楽しみ下さい。 【特記事項】6月から9月 夏期は冷蔵便で発送。 【事業者名】㈲石孫本店

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
【内容】百寿1L、不二本醸造1L、寒仕込雪見蔵味噌400g、籾発芽玄米仕込孫佐エ門味噌400g 【賞味期限】発送日から180日間 【発送について】配達曜日を指定したい方は、メッセージ欄にご記入ください(例:○曜日の配達を希望)。
このエントリーをはてなブックマークに追加

①ミシュランの星付きレストランやラーメン店、行列の出来る店として紹介されるお店が、メニューに『石孫の醤油・味噌を使っています』と案内して下さることが多くなりました。
プロに認められた美味しさを是非ご賞味下さい。素材を生かし、季節の味を楽しむ、食卓に欠かせない日本の正しい調味料です。
--------------------------------------
②原料となる米・大豆・小麦は秋田県産、とりわけ大豆や籾発芽(モミハツガ)玄米は全量を地元湯沢市のJAこまちさんより仕入れ、地元の農場と契約栽培した米も使っております。
--------------------------------------
③自社の蔵での手作りによる醤油造りは全国でも稀少になりました。百年以上使い続けている土蔵の中の巨大な木桶や、レンガ積みのむぎ炒り機、その昔、水車を動力としていた頃の川が、現在でも作業場の中を流れている様子を見て、蔵見学のお客様が驚歎の声を上げていらっしゃいます。

写真
レンガ積みの麦炒り機

今では国内でも数機しか現存しておらず、動力に石炭を使用するものは石孫の麦炒り機が唯一のものとなりました。明治後期から使い続け老朽化したものを、2年前にレンガを積み直し修繕、伝統の造りを守っております。

写真
醤油の麹は、石室で一定温度を保つため、昼夜を問わず人の手で管理します。

写真
石室の温度を保つために木炭を使います。その木炭を長持ちさせるために稲藁を焼き、炭にして木炭にかぶせます。それを埋み火(うずみび)といいます。

写真
石室内の温度は埋み火により保たれ、温度が上がると室の天窓を開け、下がりすぎると、埋み火を掘り、木炭に空気を送ります。これを三日三晩続け、四日目にようやく麹として出来上がります。

写真
巨大な天杉桶に眠るもろみは四季を暮らしようやく醤油になります。伝統を後世に残すことも仕事のひとつと考え、石孫はこれからも正真正銘の手作りを続けて参ります。

写真
機械らしい機械はこの大豆の蒸煮窯のみ。蒸し上がり、開封するときに勢いよく蒸気の上がる様は見学に来た子供たちにも大人気。

写真
味噌の米麹となる米は全て秋田県産を使用。蒸した米は萩を編んだむしろに広げてあら熱を取ります。道具も全て伝統のものを使用します。

写真
手作業で丁寧に蒸し米をほぐし、種麹を撒きます。手の感覚で米の状態、温度などを感じ、その都度状態にあった方法で作業を進めます。

写真
米麹専用の麹室に運び、天杉の麹蓋で麹を育てます。300枚ほどの麹蓋にもすべて蔵人の手で盛り込みます。

写真
米麹が室に入っている三日間、朝夕二回、300枚の麹蓋全ての手入れをします。全ての作業において必ず蔵人の手作業が入るため、五感によりその時々の状態を確かめられます。

写真
百年もの時を過ごした巨大な木桶には、石孫の蔵特有の家付き酵母が棲み着いており、この蔵でなければ出せない旨味のある味噌を育てます。人の手、自然、歴史の融合。本物の手作りを是非ご賞味下さい。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる