イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

男鹿沖産紅ズワイガニ550g前後×2匹【男鹿なび】[№5605-0277]

意外と知られていない男鹿のカニ。実は、カニの本場といわれる北陸や山陰地方でも、男鹿沖で獲れたカニが結構な量扱われていて、なかでも紅ズワイガニは大型で身もびっしり詰まっているので、かなり評判がいいんです。 カニの本場山陰でも評価の高いその品質を是非一度お試しください。 紅ズワイガニを水っぽいと評価される方もいますが、やはりこのカニの特徴はその食感、そしてジューシーな汁気と程よい甘さにあります。汁をたっぷり含んだ紅ズワイガニ特有の甘さが口中に広がります。 朝帰港した船から上げられた、水揚げ直後の新鮮なカニを、港のすぐそばにある加工場の大型の釜で一気に茹であげ、しっかり冷やして「冷蔵便」で発送しますので、みずみずしい食感や甘さは冷凍品とは比べ物になりません。 ●生もの(冷蔵便)のため、事前にお電話等でご連絡をさせて頂いただいた上での発送となります。連絡がつき次第の発送になります。 ●賞味期限:出荷日より4日(お届け後はなるべくお早めのお召し上がりをおすすめいたします) ●まれに足が折れている場合がありますのでご了承ください。足折れの原因は色々ありますが味の優劣には影響しません。足欠けがある場合は不足分の同サイズの足を一緒にお入れします。 ●お手元に届いたらそのままお召し上がりください。ボイルしなおすと味が落ちてしまいます。温めなおす場合は軽く蒸していただくと美味しく召し上がれます。 ●発送期間にご注意ください。 ※1~2月は休漁のため発送できません。 ※10月末ご入金確認分まで年内に発送いたします。ただし天候や漁の状況により年内の発送ができない場合もありますので、あらかじめご了承ください。 ※11月~翌年2月以降の受付につきましては翌年3月以降に順次発送いたします。 ※画像はイメージです。 ※沖縄・離島へのお届けはできません。 ※商品受取後、すぐに商品の状態をご確認ください。万が一不良の場合はお問い合わせセンターまでご連絡ください。お時間が過ぎてからの対応は致しかねます。 ※賞味期間:冷蔵4日 事業者:株式会社男鹿なび

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
男鹿沖産紅ズワイガニ550g前後×2匹 ※重量はおおよその目安です。

意外と知られていない男鹿のカニ。実は、カニの本場といわれる北陸や山陰地方でも、男鹿沖で獲れたカニが結構な量扱われていて、なかでも紅ズワイガニは大型で身もびっしり詰まっているので、かなり評判がいいんです。 カニの本場山陰でも評価の高いその品質を是非一度お試しください。 紅ズワイガニを水っぽいと評価される方もいますが、やはりこのカニの特徴はその食感、そしてジューシーな汁気と程よい甘さにあります。汁をたっぷり含んだ紅ズワイガニ特有の甘さが口中に広がります。 朝帰港した船から上げられた、水揚げ直後の新鮮なカニを、港のすぐそばにある加工場の大型の釜で一気に茹であげ、しっかり冷やして「冷蔵便」で発送しますので、みずみずしい食感や甘さは冷凍品とは比べ物になりません。 ●生もの(冷蔵便)のため、事前にお電話等でご連絡をさせて頂いただいた上での発送となります。連絡がつき次第の発送になります。 ●賞味期限:出荷日より4日(お届け後はなるべくお早めのお召し上がりをおすすめいたします) ●まれに足が折れている場合がありますのでご了承ください。足折れの原因は色々ありますが味の優劣には影響しません。足欠けがある場合は不足分の同サイズの足を一緒にお入れします。 ●お手元に届いたらそのままお召し上がりください。ボイルしなおすと味が落ちてしまいます。温めなおす場合は軽く蒸していただくと美味しく召し上がれます。 ●発送期間にご注意ください。 ※1~2月は休漁のため発送できません。 ※10月末ご入金確認分まで年内に発送いたします。ただし天候や漁の状況により年内の発送ができない場合もありますので、あらかじめご了承ください。 ※11月~翌年2月以降の受付につきましては翌年3月以降に順次発送いたします。 ※画像はイメージです。 ※沖縄・離島へのお届けはできません。 ※商品受取後、すぐに商品の状態をご確認ください。万が一不良の場合はお問い合わせセンターまでご連絡ください。お時間が過ぎてからの対応は致しかねます。 ※賞味期間:冷蔵4日 事業者:株式会社男鹿なび

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
男鹿沖産紅ズワイガニ550g前後×2匹 ※重量はおおよその目安です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と知られていない男鹿の「紅ズワイガニ」

写真

ズワイガニが水深200~600メートルに生息しているのに対して紅ズワイガニは水深1000メートルもの深海に生息しています。
見た目はズワイガニにそっくりですが、体色が茹でる前から紅色をしているのが特徴です。

写真

毛ガニやタラバガニの本場は北海道、ズワイガニやベニズワイガニの本場は山陰や北陸地方が有名ですが、男鹿(秋田)沖にもズワイガニや紅ズワイガニの好漁場があることはあまり知られていません。
実は、カニの本場といわれる北陸や山陰地方でも、男鹿沖で獲れたカニが結構な量扱われていて、なかでも紅ズワイガニは大型で身もびっしり詰まっているので、かなり評判がいいです。

写真

紅ズワイガニを水っぽいと評価される方もいますが、やはりこのカニの特徴はその食感、そしてジューシーな汁気と程よい甘さにあると思います。汁をたっぷり含んだ紅ズワイガニ特有の甘さが口中に広がります。家族でも仲間でもおいしいカニが目の前にあると全員無口になる。ひたすら殻をむき食べることに夢中になってしまいます。

朝帰港した船から上げられた、水揚げ直後の新鮮なカニを、港のすぐそばにある加工場の大型の釜で一気に茹であげ、しっかり冷やして「冷蔵便」で発送しますので、みずみずしい食感や甘さは冷凍物とは比べ物になりません。
カニの本場山陰でも評価の高いその品質を是非一度お試しください。

他にも紅ズワイガニのお礼の品をご用意しております

「紅ズワイガニ」以外にも男鹿市のお礼の品をご紹介

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる