イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

60P2317 比内地鶏1羽ケース&濃縮スープ(冷凍)

秋田県 大館市はポイント制を採用しています。秋田県 大館市のポイント制について

【提供】㈱本家比内地鶏 160日もの間、大館市の自然の中で飼育された本場の比内地鶏です。日本三大美味鶏のひとつとして知られる比内地鶏の肉まるごと1羽分とスープをセットにしました。肉はそのまま焼いて贅沢にステーキや焼き鳥で食べるか、鍋や煮物でお召し上がりください。

12,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1kg前後、濃縮スープ400g(200g×2)

【提供】㈱本家比内地鶏 160日もの間、大館市の自然の中で飼育された本場の比内地鶏です。日本三大美味鶏のひとつとして知られる比内地鶏の肉まるごと1羽分とスープをセットにしました。肉はそのまま焼いて贅沢にステーキや焼き鳥で食べるか、鍋や煮物でお召し上がりください。

12,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1kg前後、濃縮スープ400g(200g×2)
このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)本家比内地鶏のはじまり

写真

(株)本家比内地鶏が、比内地鶏の飼育を始めたのは昭和57(1982)年。当時は、きりたんぽ鍋など冬の鍋用の鶏肉として地元で食べられていましたが、全国的にはほとんど無名の鶏でした。
その後「比内地鶏をブランド化しよう」と、旧比内町(現大館市)、地元の農業協同組合と本家比内地鶏が協力し、全国に向けて比内地鶏の美味しさをPRする取り組みが始まりました。
20年近くかけた地道な努力が実を結び、2000年ごろになると東京などで比内地鶏専門店の人気が高まり、さらに地鶏ブームも追い風となって、比内地鶏は「日本三大美味鶏」と呼ばれるようになりました。
現在、本家比内地鶏は鶏肉の加工・販売業者として、30万羽以上を処理できる大規模食鳥処理場を持ち、28軒の生産者さんが飼育した比内地鶏を全国へ届けています。

これが日本三大美味鶏、比内地鶏

写真

比内地鶏の特徴は、しっかりとした歯ごたえと、味わうほどに口の中に広がる濃厚な旨み。
自然豊かな土地でたっぷり運動をして、160〜180日という長い飼育期間をかけて大切に育てられています。
最近の研究で、比内地鶏の肉には旨味成分が豊富なだけでなく、カルノシン、アンセリンといった疲労回復成分も含まれることが分かりました。
生産者の一人である山本隆仁さんは、5つの鶏舎で比内地鶏を育てる飼育歴約20年のベテランです。
「なるべく広い場所でしっかり運動できるよう、認証基準よりも大きいサイズの鶏舎を設置しました。止まり木をつけるなど、自然に近い環境になるように工夫しています」
オススメの食べ方について、「焼き鳥は本当に絶品です! 比内地鶏の旨みたっぷりの肉の味を、ダイレクトに感じていただきたい」と山本さん。

写真

こだわりのポイントを紹介

写真

本家比内地鶏では、比内地鶏の生肉セットや串焼き商品、ミンチボール、ウィンナー、ガラスープなどを加工・販売しています。
特に生肉のセットは、朝に入ってきた鶏をその日のうちに処理して加工しているため新鮮そのもの。朝絞めならではの弾力を味わうことができます。
処理場には県の食鳥検査員が常駐して厳正なチェックを行い、安全・安心な鶏肉を出荷しています。

写真

取締役専務・阿部健二さんは、
「私たちは処理・加工面で努力をしていますが、 “美味しい鶏肉を作る”という部分は、飼育をする生産者さん一人一人にかかっています。各生産者さんとしっかりコミュニケーションを取って、二人三脚で品質の良い美味しい鶏肉をお届けしています」と、“比内地鶏ブランド”にかける想いを語ります。

比内地鶏はこちらでお召し上がりください

本家比内地鶏の鶏肉は、比内地鶏専門店「本家あべや」で味わうことができます。丸鶏の状態で出荷した新鮮な鶏肉を、お店でさばいて提供。
焼き鳥や親子丼のほか、県外ではなかなか食べる機会のない「きりたんぽ鍋」など、自然豊かな秋田で育った比内地鶏の最高の味を、プロの料理人が引き出します。
日本三大美味鶏のコクと香り、濃厚な旨みをぜひご賞味ください。

本家あべや店舗紹介ページ

私たちの想い

写真

比内地鶏が日本三大美味鶏として有名になるのと同時に、県外への出荷が増え、現在は県外出荷6割、県内が4割と消費が逆転している状態です。
「全国に比内地鶏ファンがいるのはとても嬉しいことですが、地元の人たちにも、普段からもっと比内地鶏を食べてほしいです。地元に愛される鶏を目指したい!」と阿部さん。
最近、秋田県が主催となって比内地鶏の幅広いレシピをPRする取り組みが行われています。「比内地鶏といえば鍋」という従来のイメージを一新し、スープ、サラダ、煮込み料理などさまざまなレシピを考案して「比内地鶏のおうちごはん。」として紹介。
「今後は、レシピや商品開発に取り組みながら、県や地域とコラボして地元に向けた情報発信にも力を入れていきたい」と、阿部さんは熱意を燃やしています。

比内地鶏のおうちごはん。

新型コロナウイルス感染拡大による影響

2020年の年明けから徐々に都内での消費が減り始め、3月に非常事態宣言が出されてからは県外への出荷がほとんどない状態です。
比内地鶏は160日という長い飼育日数をかけて生産しているため、消費が落ち込んだからといって、すぐに生産数を減らすことはできません。
「育ちあがった比内地鶏を無駄にしないよう、少しでも多くの人に食べていただきたい」という思いで、加工商品の販売に力を入れています。
4月に非常事態宣言が全国に拡大され、今後の生産数を4割削減する方針が決定しました。
「今は一旦生産数が落ちても、ここを踏ん張って、また復活させていきたい」と阿部さん。
比内地鶏ブランドを絶やさない努力を続けています。

返礼品の紹介

モツ・ガラ付きの「1羽ケース(冷蔵)」は、1羽分の比内地鶏を丸ごと楽しめる贅沢な一品。
部位ごとのオススメの食べ方をご紹介します。
モモ肉・・・程よく脂が乗ったモモ肉は、大きめに切ってシンプルに塩焼きにすると、噛むごとに濃厚な旨みが口の中に広がります。
ムネ肉・・・モモ肉と比べると淡白なムネ肉ですが、比内地鶏ならではのしっかりとした味わいがあります。野菜などと一緒に蒸して食べると、旨みがジュワッと染み出します。
レバー、砂肝・・・筋肉質な比内地鶏の砂肝は、歯ごたえのある食感が魅力。レバーも砂肝も臭みがなく食べやすいので、焼いたり、煮込んだり、お好みの食べ方でお楽しみください。
ガラ・・・比内地鶏の最高の出汁をとることができ、鍋、ラーメン、スープなど様々な料理に使うことができます。ガラスープを作ったら、小分けにして冷凍しておくと、使いたい時に手軽に使えて便利です。
また、各種串焼き商品は、肉を大きめにカットしているのが特徴。噛むほどに旨みが増す比内地鶏を存分に堪能することができます。

写真
【取材協力】
(株)本家比内地鶏
専務取締役 阿部 健二さん

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる