イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

■みやびふきん~変わり花十字~

生成りの生地に草木染めの柔らかな風合いの糸で刺した、ひとひと針、手刺しの飾りふきんです。台ふきんではなく、箱膳や供物台など大切な物にかける飾りふきんとしてのご使用がおすすめです。色は、ログウッドブルー、ベージュグレー、ラベンダーパープルの3色から1色お選びください。 【提供事業者】 大槌復興刺し子プロジェクト

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
生成りの生地に草木染めの柔らかな風合いの糸で刺した、ひと針ひと針、手刺しの飾りふきんです。1色/個です。 寸法:縦約36cm、幅約33.5cm ※色はログウッドブルー、ベージュグレー、ラベンダーパープルの3色から1色をお選びいただき、備考欄へご記載ください。

生成りの生地に草木染めの柔らかな風合いの糸で刺した、ひとひと針、手刺しの飾りふきんです。台ふきんではなく、箱膳や供物台など大切な物にかける飾りふきんとしてのご使用がおすすめです。色は、ログウッドブルー、ベージュグレー、ラベンダーパープルの3色から1色お選びください。 【提供事業者】 大槌復興刺し子プロジェクト

20,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
生成りの生地に草木染めの柔らかな風合いの糸で刺した、ひと針ひと針、手刺しの飾りふきんです。1色/個です。 寸法:縦約36cm、幅約33.5cm ※色はログウッドブルー、ベージュグレー、ラベンダーパープルの3色から1色をお選びいただき、備考欄へご記載ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

生成りの生地に草木染めの柔らかな風合いの糸で刺した、大槌刺し子のみやびふきん

写真
ひと針ひと針、刺し子をしたふきんのことを「花ふきん」といいます。
晒しのふきんに刺し子をすることで、布を丈夫にし、大切に使えるようにしたもので、昔は、女の子が一番初めに覚える針しごとだったそうです。また、お母さんがお嫁に行く娘に持たせる花嫁道具の一つでもありました。
台ふきんではなく、箱膳や供物台などにかけたり、飾りふきんとしてのご使用がおすすめです。

写真
刺した時の華やかさや上品さを表現するために、「みやびふきん」と名付けました。
ログウッドブルー、ベージュグレー、ラベンダーパープルのどれも上品で、心落ち着く色合いに、
「変わり花十字」という、ふきんを彩るに相応しい華やかな柄の組み合わせです。
岩手県大槌町の職人(刺し子さん)が、一から仕立て、刺し子をしました。

写真
みやびふきんの特徴と注意点
●糸には、手作業で丁寧に染められた草木染めの糸を使用しています。
使用していると色が落ちたり、変色することがありますが、自然の風合いとしてお楽しみください。
●晒しには、ノンホルマリンの工程で製造された安全性にも配慮した晒しを使用しています。
●糸には草木染めで染めた糸を使用しているため、色落ちの可能性があります。漂白剤、蛍光増白剤入りの洗剤などは使用せず、水、またはぬるま湯で優しく洗ってください。手洗いがお勧めです。
●アイロンをかける際には、低温であて布をしてかけてください。温度によって糸色が変化することがあります。

大槌復興刺し子プロジェクトの歩み

写真
私たちの原点
大槌復興刺し子プロジェクトは、岩手県の沿岸南部に位置する小さな三陸の町、大槌町の避難所から始まりました。2011年3月11日、東日本を襲った未曾有の大震災。大槌町は、町役場など町の機能の大半を失い、町長を含め、1,280名以上の犠牲者を出しました。当時、避難生活を余儀なくされる方の数は9,000人を超えました。

写真
お母さんに役割を。
避難所では、男性には瓦礫撤去などの仕事が山積みの一方、女性たちは家事をするための場所もありません。仕事に出ようにも車も、職場もありません。働き者の大槌の女性たちの生活は、一変してしまったのです。そんななか、「何かをしたい」という思いからたどり着いたのが、避難所とういう限られたスペースで、針と糸、そして布さえあればできる「刺し子」の制作でした。

写真
復興への強い願いを込めて。
避難所で一日中横になっていたおばあちゃんも。仕事を失ったお母さんも。働き盛りの若い女性も。
復興への願いを込めて、ひと針ずつ刺していく。2011年6月、大槌町発、一歩を踏み出した女性たちによるプロジェクトが始まりました。東日本大震災により町や大切な人、家、仕事を奪われ、綻んでしまった大槌という町を、「刺し子」を通して、もう一度、繕い、補強し、みんなが誇れる美しく、たくましい町にしていきたいと思います。

大槌町長よりメッセージ

写真
東日本大震災では、多くの町民が犠牲となり、町制はじまって以来の、甚大かつ未曾有の大惨事になりました。
震災から7年が経過した今なお、義援金、寄付金が寄せられておりますことを町民を代表いたしまして厚く御礼申し上げます。
岩手県大槌町 町長 平野 公三

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる