イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

銀河高原ビール シルバーボトル8本セット

銀河高原ビールの「定番」と言える「小麦のビール」。文字通り、小麦麦芽を贅沢に使用しています。2017年アジアビアカップ(ヴァイスビア部門)金賞受賞。 -------------- ■提供元 (株)西和賀産業公社(西和賀町川尻40-73-11 湯夢プラザ2F) JRほっとゆだ駅 向かいの『湯夢プラザ』2階に事務所を構える 西和賀産業公社。 「西和賀の蕎麦」「西わらび」「一本漬け」といった西和賀の特産品の販売・加工を手掛ける企業。 近年では町と連携してユキノチカラデザインプロジェクトに取り組み、「西わらびピクルス」等の商品開発も行っている。 また、町内にある湯夢プラザ・道の駅錦秋湖・結ハウス・レストハウスゆのさわといったお土産・飲食施設や、ほっとゆだ駅の温泉・砂ゆっこなどの町内のいくつかの温泉施設を運営。 幅広く西和賀町をPRしている。 ※銀河高原ビールの提供元は返礼品によって異なります。そのため、同じ時期のお申込みでも、発送のタイミングが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。 --------------

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
銀河高原ビール シルバーボトル300㎖×8本

銀河高原ビールの「定番」と言える「小麦のビール」。文字通り、小麦麦芽を贅沢に使用しています。2017年アジアビアカップ(ヴァイスビア部門)金賞受賞。 -------------- ■提供元 (株)西和賀産業公社(西和賀町川尻40-73-11 湯夢プラザ2F) JRほっとゆだ駅 向かいの『湯夢プラザ』2階に事務所を構える 西和賀産業公社。 「西和賀の蕎麦」「西わらび」「一本漬け」といった西和賀の特産品の販売・加工を手掛ける企業。 近年では町と連携してユキノチカラデザインプロジェクトに取り組み、「西わらびピクルス」等の商品開発も行っている。 また、町内にある湯夢プラザ・道の駅錦秋湖・結ハウス・レストハウスゆのさわといったお土産・飲食施設や、ほっとゆだ駅の温泉・砂ゆっこなどの町内のいくつかの温泉施設を運営。 幅広く西和賀町をPRしている。 ※銀河高原ビールの提供元は返礼品によって異なります。そのため、同じ時期のお申込みでも、発送のタイミングが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。 --------------

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
銀河高原ビール シルバーボトル300㎖×8本
このエントリーをはてなブックマークに追加

小麦を贅沢に使った、"小麦のビール"

2017年アジアビアカップ(ヴァイスビア部門)金賞受賞

銀河高原ビールの定番、"小麦のビール"!
文字通り、小麦麦芽を贅沢に使用しています。

日本で一般的に飲まれているビールは、淡い透明感のある黄金色、苦みと炭酸が特徴の「ピルスナー」という種類のものです。
「ピルスナー」は通常「大麦麦芽」を使用して作られています。

「小麦のビール」は、南ドイツ伝統の「ヴァイツェン」という種類のレシピを元に日本でアレンジした商品で、大麦麦芽に小麦麦芽をブレンドして作られたビールです。

小麦麦芽を使用することにより、麦の香りや味わいがまろやかに感じられ、また泡持ちがよく、独特のこんもりとした甘い泡を楽しんでいただけます。
ヨーロッパでは、「ヴァイツェン」ビールは「貴族のビール」とも呼ばれる贅沢なビールなのです。
ビール酵母入り、天然水仕立て、厳選された麦芽とホップにこだわり、副原料も使わない製法がおいしさの秘密です。

写真

銀河高原ビールは伝統ある「本物のビール」を伝えます

□銀河高原ビールのポリシー

I:ドイツ純粋令を守り続けます

写真
◆「自然食品」としてのビール造り◆

「ビール純粋令」とは、1516年にバイエルンのヴィルヘルム4世が布告した法律です。
そこで、「ビールは、麦芽・ホップ・水のみを原料とする」と定めています。

銀河高原ビールではこの「ドイツ純粋令」に基づき、「工業製品」ではなく、
「自然食品」としてのビール造りを目指して、ビールの原材料を「麦芽・ホップ・水」のみで造り続けています。

日本の酒税法では「ビール」に何種類かの副原料が認められており、「米」や「コーンスターチ」なども使われているのが現状です。
麦芽100%、副原料なしの「銀河高原ビール」と飲んでいただくと、麦芽由来の穀物の甘みや、旨味がしっかり感じられることでしょう。

II:ヴァイツェン(小麦)のビールにこだわります

写真
◆「甘みとコク」フルーティーな香り◆

「ヴァイツェン」(weizen)とは、ドイツ語で「小麦」という意味。

ヴァイツェンビール(weizenbier)は、南ドイツで造られている伝統ビールで、
小麦麦芽を50%以上使用し、ヴァイツェン酵母という独特のビール酵母で醸造することにより、酵母由来のフルーティーな香りが特徴です。

それまで日本で一般的に飲まれていたビールは「キレ・苦み」重視のピルスナーが主流でしたが、「ヴァイツェン」は「甘み・コク」のあるビール。
特にビールが苦手だった女性層に「飲みやすい」と好評です。

日本のビール文化において、さらに「ヴァイツェンビール」のスタンダードの地位を確立するため、品質のさらなる向上を目指しながら、スタッフは日々精進しています。

□銀河高原ビールのこだわり

写真
◆麦芽◆

ドイツ産麦芽100%使用 (ウィートモルト・ピルスナーモルト・ほかスペシャルモルト)

写真
◆ホップ◆

ドイツ産マルチファインアロマホップをメインに使用

写真
◆水◆

ビール造りにおいて、水質はビールの味と品質を決める重要な要素です。
銀河高原ビールでは、岩手県和賀岳の伏流水をくみ上げて使用しています。

適度なミネラルを含む天然水は仕込み水として最適です。

銀河高原ビールの特徴「無ろ過」とは

ー 「無ろ過」のビールって、なにが違うの?

一般的なビールはパッケージする前にビール酵母を取り除きます。
その工程を「ろ過」といいます。

「無ろ過」のビールは、ビールの中にビール酵母が残っているということなのです!

ー ビール酵母とは?

ビール酵母は直径1000分の4~6ミリという非常に小さな生物ですが、
ひとつひとつが独立して生命活動を営んでおり、増殖作用をもっています。

それをビールの原料である小麦や大麦を分解した液(麦汁)に加えると、
アミノ酸・糖類・ミネラル分などを取り込みながらだんだん増えていきます。

麦汁の糖分を分解しながら発酵し、
アルコール、炭酸ガス、香りに変えていきます。

ビールは発酵食品のひとつなのです。

ー 「無ろ過」だから 旨みと栄養がそのまま。それが銀河高原ビールの特徴です

銀河高原ビールのビールは、そのろ過をしません。
そのため、酵母がビールの中にのこり、一般的なビールに比べ濁っているのが特徴です。

この濁りが、銀河高原ビール特有のフルーティーな香り・濃厚なコクを生み出すのです。
また酵母には20種類のアミノ酸・10種類のビタミン・14種類のミネラル・食物繊維などが含まれています。

「無ろ過」であるからこそ、
栄養そのままに、うまみを十二分に味わうことができるのです。

銀河高原ビールのおいしさを最大限に!おすすめの飲み方

よりおいしく!ビール酵母が底にたまっているので、軽く左右にゆらしてください

ぜひ、グラスに注いで飲んでください!
クリーミーなきめ細かい泡が立ち、それが収まるのを待ちます。

その間に、底に溜まったビール酵母が全体にいきわたるように、
缶・ビンを左右に軽くゆらしてください。

そして、そのままグラスへ。どうぞおいしくお召し上がりください◎

ワークステーション湯田・沢内の利用者の仕事に

ワークステーション湯田・沢内は、平成14年4月1日に「障がいを持っていても地域の一員として生きていく。
地域に支えられるだけでなく、地域を支え、元気にする」というコンセプトのもと設立されました。銀河高原ビールの発送は利用者さんが箱詰めして発送しております。

~ワークステーション湯田・沢内の業務統括主任 高橋さんからのメッセージ~
「ふるさと納税の寄附ありがとうございます。皆さんの寄附が自治体への納税だけでなく、地域に暮らす障がい者支援に繋がっています。これからも心込めて取り組んでいきますので、よろしくお願いいたします。」

【内容】
・銀河高原ビール シルバーボトル 300㎖:8本

■銀河高原ビール

■銀河高原ビール

合併前の旧沢内村の村おこし事業として、平成8年創業。
同年が宮沢賢治誕生100周年に当たる年だったことから「銀河高原ビール」と名付けられた。

約500年前に布告された「ドイツ純粋例」に基づき、原材料は麦芽・ホップ・水のみで、「麦芽100%」「無濾過」「天然水仕込み」の本場ドイツビールを製造している。

岩手県沢内村は豪雪地帯のため清冽な天然水が豊富な環境であり、気候もドイツのバイエルン地方に似ているため、ビール醸造に適した地となっています。

銀河高原ビールのHPはこちらです

<銀河高原ビールの返礼品一覧>

写真

まだまだあります銀河高原ビール

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる