イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

およねの里の三千石みそ

大豆、お米は西和賀町産。米麹なので甘みがあります。 およねの里、沢内村で作られていたことから三千石という名前が付けられました。 味噌汁はもとより生野菜につけて食べるのもオススメです。

5,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
三千石みそ1kg×2袋

大豆、お米は西和賀町産。米麹なので甘みがあります。 およねの里、沢内村で作られていたことから三千石という名前が付けられました。 味噌汁はもとより生野菜につけて食べるのもオススメです。

5,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
三千石みそ1kg×2袋
このエントリーをはてなブックマークに追加

三千石みそ 1kgを2つお送りします

写真
<三千石みそ>
大豆、お米は西和賀町産。米麹なので甘みがあります。
およねの里、沢内村で作られていたことから三千石という名前が付けられました。

味噌汁はもとより生野菜につけて食べるのもオススメです。
西和賀では夏にきゅうりとみそマヨネーズは定番!かんたんでおいしいので、おすすめです◎

沢内村のおよねのお話

沢内村(西和賀町沢内)は、奥羽山脈のふところ深く抱かれた山間の村で、沢内三千石といわれるほど広い領地をもった米の産地でした。
そのため、南部藩の隠し田の地ともなっていました。
しかし、冷害により収穫高が半分までに減ることもありました。

天保の大飢饉のときの凶作は特に甚大で年貢が納められずにおりました。
そのとき、村の娘・およねが我が身をもって村の窮地を救ったそうです。

町内には身代わりとなったおよねを偲んだ「およね地蔵尊」があります。
悲しい話ではありますが、「およね」という名前はなじみがあるように感じます。

【内容】
・三千石みそ1kg:2袋

■(株)西和賀産業公社

昭和61年に設立。地元の豊富場資源を生かした温泉施設・特産品を扱う産直・レストランの経営、独自の技術による食材の乾燥・パウダー加工事業、地元の食材を使った特産品の開発販売が主な事業。

西わらびの産地化、寒ざらしそばの開発、大根の一本漬けのブランド化など、西和賀オンリーワンの商品づくりに努めている。

西和賀産業公社のHPはこちらです

<西和賀産業公社の返礼品一覧>

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる