イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

自園自醸ワイン紫波辛口5本セット

岩手県随一のぶどう生産量を誇る紫波町のぶどう栽培農家の夢が実りました。 「ワインの品質はぶどう畑で育つ」という信念のもと、味の凝縮したぶどうを育てる為に樹に実らせる房数を減らし、そのぶどうを一房一房丁寧に選別して収穫いたしました。 また、ぶどうの味を十分引き出せるよう発酵管理に細心の注意を払い、過度のろ過はせず、果実味あふれるワインにしあげました。 【事業者】株式会社紫波フルーツパーク

30,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・プレミアムメルロー(1本×750ml) ・プレミアムリースリングリオン(1本×750ml) ・メルロー(1本×750ml) ・メルローロゼ(1本×750ml) ・リースリングリオン(1本×750ml)

岩手県随一のぶどう生産量を誇る紫波町のぶどう栽培農家の夢が実りました。 「ワインの品質はぶどう畑で育つ」という信念のもと、味の凝縮したぶどうを育てる為に樹に実らせる房数を減らし、そのぶどうを一房一房丁寧に選別して収穫いたしました。 また、ぶどうの味を十分引き出せるよう発酵管理に細心の注意を払い、過度のろ過はせず、果実味あふれるワインにしあげました。 【事業者】株式会社紫波フルーツパーク

30,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・プレミアムメルロー(1本×750ml) ・プレミアムリースリングリオン(1本×750ml) ・メルロー(1本×750ml) ・メルローロゼ(1本×750ml) ・リースリングリオン(1本×750ml)
このエントリーをはてなブックマークに追加

自園自醸ワイン紫波辛口5本セット

プレミアムメルロー 赤・辛口

写真
【タイプ】 赤・辛口・ミディアムボディ
【渋味】 程よい
【アルコール分】 12度
【葡萄品種】 メルロー
【葡萄産地】 岩手県紫波町

岩程よい渋みと酸、豊かな果実味が広がる綺麗なワインに仕上がっています。
プレミアムシリーズは厳選したぶどうを使用した上に、樽で1年間熟成させたメルローを全体の2割程度ブレンドする事で、余韻の長さと味わいの深さをかもしだしたハイクラスなワインです。

プレミアムリースリングリオン 白・辛口

写真
【タイプ】 白・辛口
【酸味】 程よい
【アルコール分】 11度
【葡萄品種】 リースリングリオン
【葡萄産地】 岩手県紫波町

ライムのような香り、味わいはやわらかな果実味とシャープな酸味、そして心地よい余韻が感じられます。

メルロー 赤・辛口

写真
【タイプ】 赤・辛口・ライトボディ
【渋味】 やわらか
【アルコール分】 12度
【葡萄品種】 メルロー
【葡萄産地】 岩手県紫波町

淡く薄い赤色がかったワインは、上品でカシスの様な香りと、特徴ある程良い酸味と渋み(タンニン分)が長い余韻と果実味を感じさせる一品です。

メルローロゼ 辛口

写真
【タイプ】 ロゼ・辛口
【酸味】 爽やか
【アルコール分】 11度
【葡萄品種】 メルロー
【葡萄産地】 岩手県紫波町

色は鮮やかな朱色をし、味は繊細な中にも芯のある風味です。
軽い口当たりで飽きのこない飲み口は洋風、和風問わず様々な料理に合わせられます。

リースリングリオン 白・やや辛口

写真
【タイプ】 白・やや辛口
【酸味】 爽やか
【アルコール分】 10度
【葡萄品種】 リースリングリオン
【葡萄産地】 岩手県紫波町

上品で爽やかな青りんごの様にフルーティーな香りと、残糖分を残したことで若干の甘みとなめらかでバランスのとれた程良い酸味が長い余韻と果実味を感じさせる一品です。

自園自醸ワイン紫波

写真

自園自醸ワイン紫波は、「自分たちの育てた葡萄でワインをつくりたい」という岩手県紫波町の葡萄栽培農家の長年の想いから生まれ、2005年に醸造を開始しました。

栽培農家自身が株主となる当社では、農家自らが「自分たちのワイナリー」という高い意識を持ち、研修や情報交換に励み、質の高い葡萄栽培をおこなっています。

わたしたちは「良いワインは良い葡萄から」という基本を守り、メルローやリースリングリオン、マスカットベリーAなど紫波町産のワイン専用品種を使用したワインづくりを創業当初から打ち出し、葡萄栽培農家と連携した葡萄づくり、ワインづくりをおこなっています。

「自園自醸」がわたしたちのスタイル

写真
自園自醸ワイン紫波は、葡萄農家と連携し、紫波町で栽培した良質な葡萄(自社栽培葡萄を含む)を使用し[自園]、紫波町内のワイナリーで醸造[自醸]する[自園自醸]をスタイルに掲げ、この紫波の土地を感じるワインづくりを目指した生産をおこなっています。

紫波町の気候風土

写真
北上川をはさんで紫波町の東側に位置する、東部地区(長岡・赤沢・佐比内)は、北国特有の冷涼な気候、適度な寒暖の差、年間降水量が1,000ml程度と比較的少なく、また土壌は非火山灰性の粘土質が多く、深層には古生代の粘板岩、蛇紋岩、花こう岩が拡がっています。

自園自醸ワイン紫波の葡萄はこの地域で生産されており、これらの気候風土から生まれる葡萄は、果実味とミネラル感にあふれ、エレガントで余韻の長いワインが生み出されます。

人から人へ、つながる想い

写真
ラベルに描かれるウェーブのロゴマークはワインの揺らめきを描いているとともに、漢字の「人」が3つ並び、お互いに手と手を取りあっている様を描いています。

ワインを通じた出会いを大切に、お客様と造り手、葡萄生産者が互いに手をつなぎあい、想いやりながら次世代へと受け継ぐ「ワイン文化」をつくろうという強い信念の象徴です。

紫波フルーツパークのワインと葡萄ジュースをご紹介♪

紫波町おすすめのお礼の品

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる