イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【思いやり型返礼品】桜ライン311の活動支援【1年間維持管理】

岩手県 陸前高田市はポイント制を採用しています。岩手県 陸前高田市のポイント制について

お礼品コード:RT913 特定非営利活動法人桜ライン311への「思いやり型返礼品(協賛型)」になります。この返礼品をお選びいただきますと、桜ライン311が植樹した桜1本を1年間維持管理するための費用にすることができます。 桜ライン311は東日本大震災をきっかけとして、地元の若者が中心となり立ち上げた団体です。津波の最大到達点に桜を植樹し、後世に津波災害の教訓を伝承する活動をしています。陸前高田市では2011年3月11日に発生した津波によって1,557の命が犠牲となりました。いまだに行方が分からない方も202名いらっしゃいます。(2019年10月1日現在) 陸前高田市は、これまでも津波による被害に見舞われてきた地域でもありました。先人は石碑を建てて、過去の津波の脅威を伝承しようとしました。しかしながら、私たちはその思いを受け取ることができず、東日本大震災で多くの犠牲を生んでしまいました。 災害で大切な人たちを失ってしまった悲しみ。その悲しみを後世では繰り返さないために「ここまで津波が来た」ことを伝える桜を植樹しています。桜ライン311は石碑よりも多くの方に覚え、愛していただける桜で東日本大震災の教訓を伝えていきます。 皆さまのご支援・ご協力をお願いいたします。

20,000ポイント
(20,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
寄附者様には活動報告書を送らせていただきます。

お礼品コード:RT913 特定非営利活動法人桜ライン311への「思いやり型返礼品(協賛型)」になります。この返礼品をお選びいただきますと、桜ライン311が植樹した桜1本を1年間維持管理するための費用にすることができます。 桜ライン311は東日本大震災をきっかけとして、地元の若者が中心となり立ち上げた団体です。津波の最大到達点に桜を植樹し、後世に津波災害の教訓を伝承する活動をしています。陸前高田市では2011年3月11日に発生した津波によって1,557の命が犠牲となりました。いまだに行方が分からない方も202名いらっしゃいます。(2019年10月1日現在) 陸前高田市は、これまでも津波による被害に見舞われてきた地域でもありました。先人は石碑を建てて、過去の津波の脅威を伝承しようとしました。しかしながら、私たちはその思いを受け取ることができず、東日本大震災で多くの犠牲を生んでしまいました。 災害で大切な人たちを失ってしまった悲しみ。その悲しみを後世では繰り返さないために「ここまで津波が来た」ことを伝える桜を植樹しています。桜ライン311は石碑よりも多くの方に覚え、愛していただける桜で東日本大震災の教訓を伝えていきます。 皆さまのご支援・ご協力をお願いいたします。

20,000ポイント
(20,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
寄附者様には活動報告書を送らせていただきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

具体的な事業内容

【桜の植樹活動】

桜の植樹に適した時期(3月・11月)に植樹会を開催し、市内の津波最大到達点に桜の苗を植樹しています。植樹会は、全国から参加者を募って実施しております。植樹する際に津波最大到達点に立つことで、津波災害の脅威を体感することができ、減災の重要性を学ぶ場として、多くの方からご好評をいただいています。
これまでに5,852名が参加、1,577本の植樹を行いました。市内のすべての津波最大到達点に植樹すると17,000本の桜の植樹が必要となります。
桜ライン311は17,000本の桜並木を目標として、今後も植樹活動を続けていきます。

写真

【桜の管理・保全活動】

植樹した桜の苗木は、きれいな花を咲かせるまでに多くの手間をかける必要があります。余分な枝の剪定や周辺の除草、追肥や病虫害、シカの食害の対策など、日々の管理作業が桜の生育にとって重要になります。桜ライン311の活動に共感し、ご支援をいただいた皆さまのお心をつなぐため、桜の育成に努めています。

写真

【講演活動】

「災害によって命が失われることのない社会をつくる」それが、東日本大震災を経験した私たちの願いです。災害の教訓は、自分たちの地域だけでなく、他の地域へも伝承していく必要があります。
桜ライン311では、東日本大震災での経験と減災の重要性をお伝えするため、全国各所で講演活動を行っています。これまでに189回の講演の場をいただき、のべ19,782人の方にお話しさせていただいてきました。(2019年10月1日現在)
これからも教訓を全国へ伝承し、災害によって人命が失われる悲しみを繰り返さない社会を目指していきたいと考えています。

写真

感謝の気持ちを込めて活動報告書をお送りします

写真

まだまだあります!!お勧め返礼品

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる