イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

災害備蓄品「もしもの備え」コンパクトタイプ一人用3セット【発送月指定予約】

岩手県 陸前高田市はポイント制を採用しています。岩手県 陸前高田市のポイント制について

東日本大震災の実体験に基づいて生まれた5年保存可能な災害備蓄品です。被災して物資が届くまでの間、避難所で温かいご飯が食べられたらどんなに良いだろうと、そんな思いからこの製品が生まれたのです。水を注ぐだけで温まり、あったかご飯が作れます。お米は、陸前高田市のブランド米「たかたのゆめ」が使用されており、お水は清冽な白神山地の湧水で、硬度がわずか0.2mg/lという超軟水のため、お腹に優しく、赤ちゃんのミルクを溶くにも適していると言われています。 2017年にはコンセプトとデザイン性が認められグッドデザイン賞を受賞しました。また災害備蓄用としてだけではなく、アウトドアやレジャーの時にもおすすめです。 ※アルファ米とは、炊きたてご飯の美味しさをそのままに、急速乾燥したものです。 【提供元】@かたつむり

12,000ポイント
(12,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・アルファ化米(陸前高田市産たかたのゆめ)80g ×1 ・水(青森県白神山地産 軟水)500ml ×1 ・塩(岩手県野田村産)2g ×1 ・モーリアンヒートパック(加熱袋・発熱材) ×1 ・プラスチックスプーン ×1 ※上記の品が1セットで収められています、3セットお届けします。

東日本大震災の実体験に基づいて生まれた5年保存可能な災害備蓄品です。被災して物資が届くまでの間、避難所で温かいご飯が食べられたらどんなに良いだろうと、そんな思いからこの製品が生まれたのです。水を注ぐだけで温まり、あったかご飯が作れます。お米は、陸前高田市のブランド米「たかたのゆめ」が使用されており、お水は清冽な白神山地の湧水で、硬度がわずか0.2mg/lという超軟水のため、お腹に優しく、赤ちゃんのミルクを溶くにも適していると言われています。 2017年にはコンセプトとデザイン性が認められグッドデザイン賞を受賞しました。また災害備蓄用としてだけではなく、アウトドアやレジャーの時にもおすすめです。 ※アルファ米とは、炊きたてご飯の美味しさをそのままに、急速乾燥したものです。 【提供元】@かたつむり

12,000ポイント
(12,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・アルファ化米(陸前高田市産たかたのゆめ)80g ×1 ・水(青森県白神山地産 軟水)500ml ×1 ・塩(岩手県野田村産)2g ×1 ・モーリアンヒートパック(加熱袋・発熱材) ×1 ・プラスチックスプーン ×1 ※上記の品が1セットで収められています、3セットお届けします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大震災の実体験から生まれた災害備蓄品

水を注ぐだけで温まり、あったかご飯が作れます

良く目にする災害備蓄品の中には、様々なアイテムがパッケージされ、大きくて重く、避難時の負担になる物もあります。そこで、小さくて軽く、手軽に購入できる災害備蓄品を製作しました。
この商品が広く流通されることで、売り手・買い手の「地域で守るという防災意識」も高まるに違いありません。

自宅に備蓄品があったとしても、必ずしも災害は在宅中に起きるとは限りません。また、台風被害・豪雪による孤立など、いつどこでどんな「災害」が起きるかもわかりません。自分の身を自分で守れないもしもの時、頼りになるのは「地域」。自らが逃げ込んだ先、もしくは誰かが逃げ込んだ際の「生きるため」の支援が「地域」には必要なのです。

持って逃げるのではなく「逃げた先にある安心」。地域での支援が大きなものになる、新しい災害備蓄品を提案します。

写真

陸前高田市のブランド米「たかたのゆめ」を使用

陸前高田のおいしい米「たかたのゆめ」は、東日本大震災で壊滅的な被害を受けた陸前高田市の農業の復興支援の一環として、JT(日本たばこ産業株式会社)で「いわた13号」という品種名称で開発・保有していた種を、権利も含めて市に寄贈した新種米です。
陸前高田の米農家が様々な困難を乗り越え、一生懸命に心を込めて育ったお米が「たかたのゆめ」です。

「たかたのゆめ」というブランド名は、平成24年に全国公募し、169点の応募作品の中から、「被災地からみんなで夢を追いかけ、夢を乗せ、期待を乗せた」思いを込めた名前として決定しました。

「あきたこまち」「ひとめぼれ」と同等の食味を持ち、炊き立てはもちろん、冷めても食感があまり変化しないため、おいしくつややかで、あらゆる具材と相性が良いと評価をいただいています。

写真

企画は@かたつむり

この商品の企画と加工を手掛けるのはふるさと納税の梱包作業もお願いしている障がい者福祉作業所「非営利型一般社団法人かたつむり」です。
2011年に発生した東日本大震災の津波により作業所が流失してしまいましたが、2018年にようやく建物が完成し、津波のこない安全な場所で新たにスタートをきりました。

※パッケージデザインは北上市の障害者就労支援施設「北上アビリティーセンター」が担当しています。

写真
写真
写真

まだまだあります!おすすめ返礼品!!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる