イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

名古屋×陸前高田 希望のはちみつりんごアイス

岩手県 陸前高田市はポイント制を採用しています。岩手県 陸前高田市のポイント制について

お礼品コード: RT740 愛知商業高校の屋上で採れた「徳川はちみつ」と陸前高田市の特産品「米崎リンゴ」をふんだんに使用したアイスクリームです。蜂蜜ベースのアイスに、皮ごとコンポートした林檎をトッピングしています。

10,000ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
はちみつりんごアイス80ml×10個

お礼品コード: RT740 愛知商業高校の屋上で採れた「徳川はちみつ」と陸前高田市の特産品「米崎リンゴ」をふんだんに使用したアイスクリームです。蜂蜜ベースのアイスに、皮ごとコンポートした林檎をトッピングしています。

10,000ポイント
(10,000以上の寄附でもらえる)
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
はちみつりんごアイス80ml×10個
このエントリーをはてなブックマークに追加

陸前高田の「シャキシャキりんご」×愛知の「徳川はちみつ」

愛知商業高校の屋上で採れた「徳川はちみつ」と陸前高田の特産品「米崎りんご」をふんだんに使用したアイスクリームです。2013年2月に販売を開始し”震災について考えてほしい”陸前高田と名古屋をつなぐ希望の架け橋になってほしい”という私たちの思いを多くの方にお届けしてきました。アイスに使用している「米崎りんご」は豊かな香りと爽やかな味わいが特徴で「徳川はちみつ」の濃厚な甘さと相性抜群です。また、売り上げ1個につき8円が「陸前高田市小中学校復興基金」に充てられる仕組みとなっており、アイスを通して「買って・食べて」できる新しい復興応援の形を提案したいと考えています。

写真

はちみつベースのアイスの上に、皮ごとコンポートしたりんごをトッピングしているため、ふたを開けたときの感動があります。食べる際には、りんごの果実とはちみつアイスを一緒にお召し上がりください。

写真

「希望のはちみつりんご」の開発に至るまで

私たちがアイスの開発をはじめた2012年、地元名古屋が、震災により大きな被害を受けた陸前高田市を“丸ごと支援”していることを知りました。そこで、名古屋と陸前高田、2つの地域を元気にできる取り組みをしたいと考え、学校の近くにあるアイスクリーム工房“ぷらんぼん”と共同でアイスの製造を開始しました。実際にアイスの試作品作りにも携わらせていただき、ネーミング、パッケージなども自分たちで考えるなど、私たちの思いが詰まったアイスの完成を目指しました。
そして、完成したのが「希望のはちみつりんご」です。

開発当初は2,000個の販売を予定していましたが、2週間で完売し、現在では販売個数7万7,000個(2016年3月1日現在)を超えています。

写真

「希望のはちみつりんご」に込める私たちの思い

「希望のはちみつりんご」の開発から始まった私たちの復興応援プロジェクトは、一歩ずつ前へと進み始めました。“名古屋と陸前高田を元気にしたい”という開発当初の思いは、実際に陸前高田を訪問するなど、多くの方との交流を通し、“陸前高田の未来を照らす活動にしたい”という新たな思いへと結びつきました。

「米崎りんご」の生産者が、今後も継続的に安心して生産を続けると共に、多くの方に「米崎りんご」の魅力を知っていただけるよう私たちが思いを受け継ぎ、地元名古屋で発信していきたいと考えています。また、着実に前進する陸前高田の更なる復興に貢献できるよう、私たちユネスコクラブならではのアプローチを模索していきます。

写真

ユネスコクラブの活動紹介

私たち愛知商業高校ユネスコクラブは学校周辺に広がる、名古屋近代化の歴史遺産が数多く残るエリア「文化のみち」の持続可能なまちづくりに貢献するため、2011年より校舎屋上で都市型養蜂の実証実験を行っています。
ミツバチを核として、環境まちづくり、観光まちづくり、商品開発など多分野にわたって活動しています。
「希望のはちみつりんご」に続く陸前高田の復興を応援する商品として陸前高田市のブランド米「たかたのゆめ」と「徳川はちみつ」を使用し「友好都市である陸前高田と名古屋の絆を更に深めたい」という思いを込め「ゆめ咲くはちみつ甘酒」を開発しました。甘酒を通して、震災について考えていただくのはもちろん、陸前高田の魅力も知っていただきたいです。また、「たかたのゆめ」の生産者が、“生産を拡大し、ブランド米として確立したい”という強い思いを持ちながら、米の栽培に努めていることも発信していきたいと思います。そして、私たちも「たかたのゆめ」が地域ブランドとして確立するよう、認知度向上に貢献したいと考えています。

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる