イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

カシミヤ100% 天使のストール大判 額縁配色 (ブラック×ミディアムチャコール)

「柔らかい!」「気持ちいい!」ふれた方のほとんどがそう口にするのがUTOを代表する大人気商品である「天使のストール」です。5色の中からお選びください。 ファッションジャンルで毎年上位にランキング!フルオーダーで有名な最高級カシミア専門ブランド「ユーティーオー」。世界レベルの品質を北上市の工場で生産しております。返礼品としてもトップクラスの人気を誇るカシミアの魅力を是非ご堪能下さい。 特典番号:P0008 【発送元】ユーティーオー(UTO)

150,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ストール1枚 ・5色から選択可 ・サイズ約200cm×約78cm

「柔らかい!」「気持ちいい!」ふれた方のほとんどがそう口にするのがUTOを代表する大人気商品である「天使のストール」です。5色の中からお選びください。 ファッションジャンルで毎年上位にランキング!フルオーダーで有名な最高級カシミア専門ブランド「ユーティーオー」。世界レベルの品質を北上市の工場で生産しております。返礼品としてもトップクラスの人気を誇るカシミアの魅力を是非ご堪能下さい。 特典番号:P0008 【発送元】ユーティーオー(UTO)

150,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ストール1枚 ・5色から選択可 ・サイズ約200cm×約78cm
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

◎カラー 5パターンからお選びください。

写真
写真

UTOのロングセラー天使のストールのバイカラーバージョンです

写真
写真

「柔らかい!」「気持ちいい!」ふれた方のほとんどがそう口にするのがUTOを代表する大人気商品である「天使のストール」です。

最高の素材を至高の技術で紡いだUTOの名作。

大判サイズのシンプルなデザインなので、アレンジがしやすく様々な巻き方ができることから

ファッションのコーディネートアイテムであり芸能人の方も愛用しています。

世界でも最高級のカシミヤから作られていて色も風合いも最高級!職人さんたちの思いもしみ込んでいます。

男女兼用でもあり、誕生日などの記念日にはもらって嬉しい逸品です。

巻き方次第で様々な表情を楽しめます。無地とは一味違う襟元のおしゃれを楽しめます。

UTO自慢の天使のカシミヤ

写真

この天使シリーズをUTOが初めてトライしたのが約1995年。何回も試作して作り上げたものです。

天使シリーズは細い糸を太い針に掛けて編むので引っ張りがちょっと強いと繊細なカシミヤの糸はすぐに切れてしまいます。

そのために細心の注意を払いながら編み立てます。

実際に肌触りを実感していただけないのが残念です

写真

Webサイトでご覧いただくみなさまに対して一番残念なことが『天使のストール』を手に取って感触を味わってもらえないことです。

カシミヤならでは、いや、カシミヤでもここまでの風合いの商品はそんなにあるものではないと自負しています。

実際に手に取ったほとんどの人が『やわらかい!』『気持ちいい!』といってくれる我がUTO自慢のシリーズです。

写真

この返礼品に寄付をくださることで

(1)北上市の8項目の「使いみち」のいずれかに貢献します

(2)この返礼品を選択したことで、最上級の品を作り続ける小規模な町工場の売上にも貢献します

(3)さらに、日本人の若手縫製職人の育成にも貢献することになります

つまり、この返礼品への寄附ひとつで、3つの貢献をしたことになります。

写真

北上工場で作られるUTOのカシミヤ製品は、
一流バイヤーも唸らせるほどの、最高級品質です。

なぜ、地方の小さな町工場でこれだけの製品を作れるのでしょうか。

その秘密をこれから皆さんにお話させてください。

写真
写真

2011年の開設以来、地元の20代、30代の職人を雇用してきたUTO 岩手工場では、カシミヤの編立てから製品仕上げまで一貫生産を行える、100年後の日本の縫製産業を支える人材の育成を続けています。

日本の職人を育成するUTOの活動

ふるさと納税がつないだ、未来の縫製業界の最前線

ふるさと納税がつないだ、未来の縫製業界の最前線

日本におけるアパレル産業は、近年安価な海外に製造工程が大量流出し、国内生産比率は2015年時点でわずか3%、繊維製造事業者も1991年以降4分の1に縮小しています。従業者の高齢化も進み、モノづくりとしてのスキルも蓄積と継承が難しい現状があります。

そんな中、UTOはカシミヤ100%ニットの企画・製造・販売という、日本の技を活かす高付加価値製品でグローバルブランドによる低価格大量生産品vs.高級欧州ブランドの二極化が進む市場に挑んでいます。

従来の分業制とは一線を画した体制を確立し、岩手県北上市の若手職人を雇用し、国内では途絶えつつあるニット製造の技術を若者世代に継承しながら、将来のニット産業にコミットする若者の育成に努めています。

2005年 山梨工場開設
2011年2月 山梨工場閉鎖
2011年9月 岩手工場開設(職人3名)
2013年 現在の岩手工場移転(職人5名)
2014年 ふるさと納税返礼品事業開始(職人6名)
2018年現在 岩手工場職人11名雇用

一人前のニット職人になるまでには?

写真
プログラミング、編立て、リンキング、仕上げと、全行程を一通りひとりでこなせるようには、少なくとも10年はかかるでしょうね。私はニット職人歴50年なのですが、特に一目一目を丁寧に縫い合わせていくリンキングは長年の経験と感覚が必要な難しい工程です。UTOの工場を始めてから改めてそう感じました。
セミオーダーのカシミヤ製品を展開するUTOではニット製造の全工程を自社内で行なっているから、それぞれが全行程をこなすことができる、日本には数少なくなった真のニット職人になれる可能性があります。
一緒に働く孫のような若い世代に、これまで培ってきた技術を継承していくことが、私の役目だと思っています。

毎日、どんな業務を行なっていますか?

写真
毎朝8時30分からのミーティングで各工程の昨日の状況からの引き継ぎ、本社からの依頼書の内容確認、当日の各スタッフの作業内容の指示出しをした後、製造スケジュールの作成・管理、必要であれば各工程のヘルプ、製品チェックなどをしています。
私は岩手工場の立ち上げからいるので、各工程を把握できるようになりました。6~7年ずっとそんな業務をしていますが、「飽きたな」と感じたことは一度もないです。2014年に始めたふるさと納税のおかげで売上が安定して、同世代の仲間が随分と増えました。これからは、他のメンバーの育成や業務相談、自分がいなくても現場が回る体制づくりをしていきたいと思っています。
いつかはデザイナーとして自分でデザインしたものを作りたいですね。

いちばんやりがいのある作業は?

写真
僕は主に編立て、検品、風合いを出す縮絨などを担当しているのですが、虫食いで出来た穴やひっかけ穴をお直しをしたり、着古し感が出てきたカシミヤを新品のように再生させるリフレッシュ作業が、UTOの製品を愛用して頂いている「相手」との繋がりを感じられるので、特に好きな作業です。
まだまだ修行中の身なので、秋から冬にかけての繁忙期だけでなく、一年を通じてもっともっと仕事が欲しいですね。そのために、アフターケア含め、春や夏にも需要のあるような商品やサービスを、製造現場の目線で本社に提案できるように勉強していきたいと思っています。
そのためにも、これからはもっと積極的に本社と情報を共有し、ただ言われたものを作るだけでなく、考えながら作業をしていきたいです。

どんな仲間たちと働いているのですか?

写真
40代でみんなよりは年上ですが、2017年6月に入社したので、ここではいちばんの新人社員です。服飾の学校に行きずっとモノづくりを仕事にしたいと思っていたので、自分の住む街にUTOという会社があることを知って、42歳の時に思い切って転職しました。技術の習得など学びの連続の日々ですが、モノを作る作業に集中して向き合い、夢中になれる環境を求めていたので、勇気のいる転職でしたが、本当によかったと思っています。
職場の仲間たちは、みんなモノづくりに対して真剣で、楽しみながらも間違いを指摘し合えるような環境があります。お客さまの好みやサイズにあったカシミヤという、長く大切に着続けることができるモノをそんな仲間と丁寧に作り上げる、その一員になっていることがとても嬉しいですね。

将来、どんな工場になって欲しいですか?

写真
地元北上の出身で、東京で洋服や靴下の販売をしていました。そのうちに、「どうやって製品ができあがるのか?」「どんなところで作られているのか?」と色々と気になり、興味を持つようになりました。そんな時、久しぶりに中・高の先輩である舘下さんに会う機会があり、とてもイキイキと働いている彼女の話を聞いて、この工場で働くことにしたんです。
未経験から始めたこの仕事ですが、自分が担当する工程を覚え各作業のメンバーと連携しながら製品を作っているうちに、とても達成感を感じ、どんどんこの仕事が好きになっていきました。近い将来、妊娠・出産をして母親になっても、ずっとこの仕事を続けていきたいと思っています。もし、新しい工場ができるなら、保育所も作って欲しいですね(笑)!

UTOだからこそできる熟練の技を動画でご紹介します。

よく頂くご質問

Q:同じカシミヤ100%と書いていても値段が違う理由は何?

写真
A:一口にカシミヤと言っても毛のグレードによってピンからキリまであり、色や長さ、太さなどを考慮して等級に分けられるためです。

高級なカシミヤは羊毛ウールなどの約10倍前後という値段になります。
最高等級を買うのは、特に有名ブランド。もちろんユーティーオーのカシミヤもその中に含まれています。

通常のカシミヤ製品は、新品のときが一番フワフワで、使い込むとテロテロになってしまうものですが、UTOのカシミヤは逆に、使えば使うほどフワフワとした優しさが増していきます。これもUTOが最高級のカシミヤを使っている証拠です。

Q:カシミヤ(カシミア)はクリーニングに出さないとダメ?

写真
A:ご自宅での手洗いが可能です。誤解が多いのであえて手洗い表示とはしていませんが、UTOのカシミヤ製品は手洗いも可能な品質です。詳しい洗濯の手順はこちらをご覧になってください。

Q:使っていて穴が空いたり、傷ついたら直してもらえますか?

写真
A:はい。もしUTO製品を購入後穴があいたり、傷ついたり、食害虫にあったりしたら遠慮なくご相談ください。少しお時間と費用が掛かりますが、出来るだけ、元通りにお直しするように努力します。UTOでは返礼品として「アフターケアチケット」もご用意しておりますのでこちらもご参考ください。

Q:スタッフのお話であった「リンキング」とはなんですか?

写真
A:ずらりと並んだリンキングマシンの針にドッキングさせる両方の編地を一本一本の針にひと目ひと目刺してつなぎ合わせる縫製方法です。

ニットの編地を網に例えて考えると理解しやすいと思います。そんな編地を縫い合わせるにはミシンと言うわけにはいきません。

このリンキングの作業は人間が一目一目拾って刺していくしか方法がなく、機械では到底こなせません。残念ながらリンキングができる熟練者が高齢化してどんどん少なくなっているのが現状で、世界的にもどんどん技術が失われつつあります。日本の貴重な財産であるリンキングの技術を若手の職人に受け継いでいくことがUTOの使命の一つです。

「正真正銘のメイドインジャパン」UTO宇土社長の想い

UTOカシミヤ製品 岩手県北上市のふるさと納税返礼品

岩手県北上市は、ふるさと納税を通じて、UTOの若き職人の育成を応援しています。

UTOのカシミア100% 天使のストール 大判サイズ

写真
「柔らかい!」「気持ちいい!」ふれた方のほとんどがそう口にする、最高の素材を至高の技術で紡いだUTOの名作です。

UTOのカシミア100% 天使のストール レギュラーサイズ

写真
肩から羽織っても、そして首に巻いても自然に着こなせる、最高級のカシミヤ製品。UTOの大人気ストールのレギュラーサイズです。

UTOのカシミア100% レディースベーシックオーダー

写真
ベーシック・ニットアイテム5型の中から1デザインを、ご希望のサイズ・カラーでお作りします。
メンズ・レディース、いずれもをお選びいただけます。
大切な方に。感謝の気持ちを込めたプレゼントに、自分へのご褒美に。

UTOのアフターケアサービス

写真
商品に自信があるからこそ、一生使ってもらいたい。
物が溢れてる時代からこそ、本物をながく使い続けてほしい。
そんなUTOの思いがこめられたサービスを商品にしました。

他、30種類以上のUTO製の返礼品をご用意しています

レディースアイテムはこちら

メンズアイテムはこちら

ストールはこちら

UTOすべてのアイテムはこちら

北上市の注目ランキングの高い返礼品情報

他にはない最高品質カシミヤを是非一度お手にとってみてください

写真

株式会社ユーティオー
本社 東京都港区南青山5-4-35たつむら青山607
UTO岩手工場 岩手県北上市江釣子12地割り164番3
*工場見学のお問い合わせは詳細は弊社HPをご覧ください。
HP:uto-knit.com

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる