イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【メロンと同等の糖度】精研さんのとうもろこし 12本

高い糖度がある品種「サニーショコラ」12本セット。 すっきりとした甘味で、やわらかくてみずみずしい食感をしており、食味も良いとうもろこしです。 やわらかい粒皮、抜群の甘味があるため、生食で食べることもできます。(生食の場合は、発送日含みで2日間以内でお召し上がりください。) とうもろこし農家さんおススメの調理法は、ラップで包んで、電子レンジで5分間加熱させると、甘みが逃げないそうです。 特典番号:C0083 【提供元】髙橋 精研 ☆ 配達不可日があれば必ず記載下さい☆   記載なくお受け取りが出来ない場合、再発送は出来かねます。ご了承下さい。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
生とうもろこし(品種:サニーショコラ)×12本

高い糖度がある品種「サニーショコラ」12本セット。 すっきりとした甘味で、やわらかくてみずみずしい食感をしており、食味も良いとうもろこしです。 やわらかい粒皮、抜群の甘味があるため、生食で食べることもできます。(生食の場合は、発送日含みで2日間以内でお召し上がりください。) とうもろこし農家さんおススメの調理法は、ラップで包んで、電子レンジで5分間加熱させると、甘みが逃げないそうです。 特典番号:C0083 【提供元】髙橋 精研 ☆ 配達不可日があれば必ず記載下さい☆   記載なくお受け取りが出来ない場合、再発送は出来かねます。ご了承下さい。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
生とうもろこし(品種:サニーショコラ)×12本
このエントリーをはてなブックマークに追加

■サニーショコラとは

写真

サニーショコラ
◆品種名
サニーショコラ
◆種類
スイートコーン(甘味種)
◆配色の種類
ゴールデンコーン(黄粒種)

甘みを連想させるネーミングを裏切らない、非常に高い糖度がある品種です。その糖度は高いもので19度を誇り、粒皮も薄いため「フルーツコーン」と呼ばれています。フルーツコーンの中でもすっきりとした甘みや、やわらかてみずみずしい食感をしており、食味も大変良いとうもろこしです。やわらかい粒皮、抜群の甘みがあるため、生で食べることは勿論出来ます。特にこの品種は生で食べることが前提で生まれた品種と言われているため、茹でても生でもフルーティーな美味しさを味わうことができます。(とうもろこしの総合サイト|トウモロコシノセカイより)

■生産者|髙橋精研さんを訪ねる

写真

先日、サニーショコラの収穫真っ只中、生産者の髙橋精研さんのご自宅を訪ねました。お忙しい中対応していただき大変恐縮です。北上市の稲瀬地区でこのサニーショコラを生産しているのは精研さんだけ。

サニーショコラという品種、育てるのが普通の品種より難しいそうで、同じ日にトウモロコシの種を撒いたとしても、成長具合がバラバラ、子育てのようだと思いました

■かわいい3代目もお手伝い

写真

精研さんは、早朝2時から収穫し、その日の朝に収穫したものをその日のうちに発送します。いつもなら朝9時には宅急便が荷物の集荷に来るとのことで、急ピッチでの作業。奥様、仕事に出掛ける前の娘さんもサイズの仕分けや、梱包作業に励みます。

かわいい3代目も保育園へ行く前にお手伝い

写真

✦茹でたてをいただきました!✦

写真

■産直へGO!

写真
写真
写真
写真

✦産直は、生産者と消費者をつなぐ場所✦

生産者さんのモチベーションを維持することって結構難しいことなんじゃないかな?と思います。例えば私の実家ではお米を農協に出してお金に替えるワケですが、それが評価されるのって、数値でしかない。消費者の声はなかなか生産者まで届きません。

写真

このような産直は、シールに実名が表記されています。販売した商品にもし何かあれば、ダイレクトに自分に返って来ます。自信がないと出せません。そのような中、精研さんは、実名でお米やアスパラ、今回のサニーショコラをふるさと納税にも出しています。サニーショコラにおいてもその丁寧な仕事ぶりに驚きました。間違いのない商品を消費者の方へ届ける。髙橋精研さんの心意気に私の小さな1票です!

写真
高い糖度がある品種「サニーショコラ」12本セット。

すっきりとした甘味で、やわらかくてみずみずしい食感をしており、食味も良いとうもろこしです。
やわらかい粒皮、抜群の甘味があるため、生食で食べることもできます。(生食の場合は、発送日含みで2日間以内でお召し上がりください。)

とうもろこし農家さんおススメの調理法は、ラップで包んで、電子レンジで5分間加熱させると、甘みが逃げないそうです。

写真
今回ご提供するとうもろこしは、北上市でも南東部に位置する稲瀬町で栽培されたものです。こちらは、北上川から流れ出た砂地を利用して、とうもろこしが盛んに栽培されています。
通常、1つの株から、2~3本のとうもろこしが出来ますが、美味しさを凝縮させるために、1本だけ残して、あとは間引いて育てます。

とうもろこしは、寒暖の差が大きい時期ほど糖度が高くなります。ただ、暑さに弱く、収穫後からどんどん甘みが失われていくので、お早目に召し上がっていただきたい野菜です。

今回は、一番おいしい状態を保つため、朝取りしたとうもろこしを発送いたします。

ちなみに、農家さんから教えてもらったのですが、たまにタヌキが畑を荒らしに来るそうで、新幹線の高架下近くで、ネットで囲いながら育てているということでした。タヌキも食べたいくらい美味しいとうもろこしなんですね。

精研さん自慢のお礼の品はこちら

【発送元】髙橋 精研
【TEL】0197-64-4854

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる