イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

きたかみ牛のサーロインミニステーキとヒレステーキ

今回、ふるさと納税の寄付に対する返礼品として、北上市が誇るブランド牛「きたかみ牛」のサーロインミニステーキとヒレステーキのセットを西部開発農産としてお届け致します。きたかみ牛の肉の美味しさをご堪能ください。 「きたかみ牛」は平成5年10月の東京食肉市場で行われた「全国肉用牛枝肉共励会」で最優秀賞を受賞、肉質日本一と評価されました。 これをきっかけに北上市内の畜産農家の皆さんがたゆまぬ研鑽を積み重ね、 優れた子牛を導入し、管理技術の向上を図った結果、現在の「きたかみ牛」の銘柄が確立されました。 (株)西部開発農産の「きたかみ牛」は平成23年7月の「全農肉牛枝肉共励会」において最優秀賞(雌牛の部)を受賞して以来、首都圏を中心に市場関係者から高く評価されています。 肉の色が淡くてサシが赤身とバランスよく入っており、甘みがあることから大変好評を博しています。 何度食べても飽きの来ない美味しさを理想として生産に励んでいます。 解凍方法、保存方法、料理方法についてはホームページをご参照ください。 特典番号:H0032 【発送元】株式会社西部開発農産

40,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
サーロインミニステーキ(50g/個・5個入り) ヒレステーキ(170g/枚・2枚入り)

今回、ふるさと納税の寄付に対する返礼品として、北上市が誇るブランド牛「きたかみ牛」のサーロインミニステーキとヒレステーキのセットを西部開発農産としてお届け致します。きたかみ牛の肉の美味しさをご堪能ください。 「きたかみ牛」は平成5年10月の東京食肉市場で行われた「全国肉用牛枝肉共励会」で最優秀賞を受賞、肉質日本一と評価されました。 これをきっかけに北上市内の畜産農家の皆さんがたゆまぬ研鑽を積み重ね、 優れた子牛を導入し、管理技術の向上を図った結果、現在の「きたかみ牛」の銘柄が確立されました。 (株)西部開発農産の「きたかみ牛」は平成23年7月の「全農肉牛枝肉共励会」において最優秀賞(雌牛の部)を受賞して以来、首都圏を中心に市場関係者から高く評価されています。 肉の色が淡くてサシが赤身とバランスよく入っており、甘みがあることから大変好評を博しています。 何度食べても飽きの来ない美味しさを理想として生産に励んでいます。 解凍方法、保存方法、料理方法についてはホームページをご参照ください。 特典番号:H0032 【発送元】株式会社西部開発農産

40,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
サーロインミニステーキ(50g/個・5個入り) ヒレステーキ(170g/枚・2枚入り)
このエントリーをはてなブックマークに追加

北上市では、寄付者の皆様のおもいやりを大切にすることと、頂いた寄付を本当に価値のある事に利用するため、自治体だけではなく事業者や市民も含めて、ふるさと納税制度に向き合っております。事業者それぞれの寄付についての思いを知っていただくことで、お礼の品に込めた気持ちも感じて頂けると信じております。

西部開発農産のふるさと納税

■選んで欲しい寄付の使い道

ふるさとの自然環境の保全や地域づくりに

自然を相手にする農業だからこそ、環境問題は死活問題なんです。

北上市で野菜や畜産品を扱う事業者にとって、自然環境の保全に対して寄附を頂けることがどれだけ励みになっているか。本当に寄付者の方には心から感謝しております。
そして頂いた寄附については、この北上市の環境問題を改善するための利用して欲しいと当社は考えます。

北上市相去町では、耕作放棄地といって農作物が1年以上の期間作付けされず、農家が数年の期間に作付けする予定が無いと回答した田畑や果樹園が増加し、雑草が繁茂していたり、ごみの不法投棄が問題になっております。また、中山間地では条件不利農地は未開発のまま、耕作放棄としてそのまま放置されています。農地の荒廃は北上市全域で散見され、そこから害虫が発生するなど、健全な農作物を栽培する農業者にとって悪い影響が出ております。

また、工場誘致により住宅開発が必然的になり、優良農地が宅地転用されている地域が増えております。しかし、工業団地が増えることで住宅開発が活発になっているのは確かで、優良農地までが宅地開発されているのであれば問題だと感じています。それは必ず北上市として後悔する事になるからです。

このような現状に必要な助けとして、農地の保全や集約化だったり、離農を考える農家を増やさない為の指導や援助に対する補助金が必要です。

安心安全なクオリティを守り続けたいです。

農地の区画拡大(小区画農地を大区画農地に拡大し、大型農業機械が入れる体系にする→圃場整備事業に対する工事費補助)、排水対策等の耕作条件の改善に補助金を利用したり、農地集約化(農地中間管理事業や農地の適正管理)に補助金を活用することで、農産物の作業効率が改善され、安心安全な農産物が消費者に提供されることに繋がるわけです。

北上市には、農地の集約化によって作業効率が改善されると予測できる農家が多く、できるだけ早く環境を整えてあげたいと考えております。また、耕作放棄地を保全することで、雑草繁茂やごみの不法投棄といった住民にとっての環境問題の解決にも繋がります。

北上市の農産物に対して寄附を頂いたからには、この安心安全なクオリティを守り続けたいです。

もうひとつの大きな問題は、全国的にも抱えている離農者の増加です。兼業農家が多い日本は他産業に従事しているという前提なので、年齢的に農作業が続けられなくなったり、後継者問題が原因で離農せざるを得ない状況の農家の方が多い状況です。
また、農産物価格は一貫して下がり続けており、反面、農業機械・農業資材の価格は上がり続けているので兼業農家にとってコストが合わなくなってきている(農業所得があがらない・損失も発生しがち)ことも背景にあります。
離農者に対する指導やアドバイスは、基本的に農地を管理できなくなってきた人に代わって、農地を効率的に管理できる方法であったり、農地保全のために農地中間管理事業の活用などによる農地の仲介や受託を行っています。

トヨタや東京エレクトロンの工場が多く、工業都市として知られる岩手県北上市ですが、同じくらい農業の生産力も高く、日本でも有数の兼業地域です。

職人気質の農家も多く残る北上市の畜産品をどうぞお試し頂ければと思います。
そして気に入って頂けたのであれば、是非応援頂ければ幸いです。

ふるさと納税で学んだこと

ふるさと納税の取り組み当社が学んだことは、農畜産物の魅力を伝えるための写真撮影にこだわることです。たとえば調理例の撮影にも挑戦しましたし、どれだけ商品の美味しさが伝わる写真が用意できるかで、寄付者の皆さんから選んで頂くことに繋がることを実感しました。

北上市の魅力は豊かな自然と、そこから産まれる農畜産品です!春はさくらまつり、冬は日本でも有数の豪雪で知られる夏油高原でスキーも楽しめます。
そして、当社直営店「まるぎゅう」では、地元が誇るブランド牛「きたかみ牛」が味わえますので、是非足をお運び下さい。

西部開発農産シリーズ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる