イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

デイリーワイングラス1個入れ 【067】

エーデルワインの里、花巻市大迫からエーデル・ガラスシリーズ~Natur~が誕生しました。 この街に流れるゆったりとした空気をまとったガラス製品で日常生活の中に安らぎを感じてもらえたら…そんな思いが込められています。 デイリーワイングラスは安定感が抜群の、普段使いにちょうど良いデイリーワイングラスです。 ポイントは、グラスの底に着いた色付きのボタンガラス。それぞれ大迫由来のネーミングがついています。 (どれが届くかはお楽しみです。) 提供・株式会社エーデルワイン・サポート 体験工房 森のくに

9,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
デイリーワイングラス1個(高さ約12cm、直径約8.5cm) 色はランダムです。

エーデルワインの里、花巻市大迫からエーデル・ガラスシリーズ~Natur~が誕生しました。 この街に流れるゆったりとした空気をまとったガラス製品で日常生活の中に安らぎを感じてもらえたら…そんな思いが込められています。 デイリーワイングラスは安定感が抜群の、普段使いにちょうど良いデイリーワイングラスです。 ポイントは、グラスの底に着いた色付きのボタンガラス。それぞれ大迫由来のネーミングがついています。 (どれが届くかはお楽しみです。) 提供・株式会社エーデルワイン・サポート 体験工房 森のくに

9,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
デイリーワイングラス1個(高さ約12cm、直径約8.5cm) 色はランダムです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

職人手作りのガラス工芸品

ガラス工房「森のくに」は、花巻市大迫町(おおはさま)のワイナリー“エーデルワイン”の近くにあります。

吹きガラスの作りかた

写真

窯の中に溶けているガラス(約1200度)を”吹き竿”に巻き取ります。
そのあと、濡らした新聞紙で形を整えます。吹きガラスでおなじみの、ガラスに空気を入れ
膨らませる工程はこのあたりで行われます。口を広げ、底を平らに整える工程を行っていきます。

写真

理想の形になったところで竿から切り離し、480度の徐冷炉でゆっくりと冷まします。
急激に冷えてしまうと割れてしまうため、一晩掛けて冷まします。
以上のように徐冷炉に入れるまでの吹きガラスの制作は約15分ほどだそうです。

写真

デイリーワイングラスの特徴であるボタンガラスは写真のような色ガラスを使い作られます。
グラス製作時に溶けた色ガラスを底に取り付けるそうです。

写真

返礼品でお送りしているボトルプレートはコルクを挿せるようにボトルネックを残している写真の下の物になります。
使い終えたワインボトルのリサイクルを目的として作られていたボトルプレートですが、衛生面での問題があったため、現在は新品のボトルを使用しています。
ボトルネックを残すタイプのプレートは温度調節が難しく試行錯誤を重ねたそうです。こちらも窯に置く位置の都合でプレートの形状に個性がでます。

ガラス制作を体験しよう♪

写真

森のくにでは、吹きガラス制作の体験ができます♪
コップ・ロックグラス・ぐい飲みから一輪挿しまで!スタッフが丁寧にお教えしますので、花巻での思い出作りにお気軽にいらしてください。
※事前予約制、火曜定休です(祝祭日の場合は営業します)

ガラス体験工房 森のくに

ガラス体験工房 森のくに

岩手県花巻市大迫町大迫12-45-1
TEL:0198-48-3009
http://www.edel-support.com/

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる