イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

ときシードル(光秀連歌通説版)750ml×1本(掛け紐:水色)青森県産りんご使用 [№5898-0514]

【トキあっぷる社 ときシードル(光秀連歌通説版)750ml×1本(掛け紐:水色) ここで真実を明らかにします。明智光秀が「本能寺の変」の直前である1582年5月28日の愛宕山連歌会で詠んだ有名な歌(通称 光秀コード)、これが通説と新説の2種類存在していることはご存知でしょうか。 通説では「ときは今 あめが下しる 五月かな」、新説では「ときは今 あめが下なる 五月かな」です。異なるのは一文字だけですが、意味が大きく変わるようです。通説では「今こそ土岐氏である自分が天下を取る五月になった」という、まさに本能寺の変を予告したかのような解釈がなされています。一方新説では「土岐氏は今、この五月雨にたたかれているような苦境に立たされてる五月だ」という現状の心境を素直に表したもので、わざわざ謀叛を匂わせる内容ではないというもので、通説は秀吉によって書き換えられたという解釈です。 ここで双方とも共通して登場するのが「土岐氏」です。明智光秀は土岐源氏の流れであり、家紋も土岐一族の桔梗紋であります。さて、この土岐氏に関係したりんご「トキ」はご存じでしょうか。土岐傳四郎氏が育種開発し自身の名前を品種名とした黄色に輝くリンゴです。 このシードルは、2020年大河ドラマで大注目の明智光秀や土岐さんが作った「トキ」、これらの歴史が一つに繋がった「ご縁」で出来ています。苦境にあった光秀の歴史的決断を風味で表現すべく、白神ワイナリーとのコラボで白神ブナ酵母にて発酵させ、香り高く辛口に仕上げました。光秀に代わり天下を目指す「ときシードル」をご堪能ください。                         トキりんごを愛する会 土岐彰寿 事業者:トキあっぷる社

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
750ml×1本 ※アルコール分:7%

【トキあっぷる社 ときシードル(光秀連歌通説版)750ml×1本(掛け紐:水色) ここで真実を明らかにします。明智光秀が「本能寺の変」の直前である1582年5月28日の愛宕山連歌会で詠んだ有名な歌(通称 光秀コード)、これが通説と新説の2種類存在していることはご存知でしょうか。 通説では「ときは今 あめが下しる 五月かな」、新説では「ときは今 あめが下なる 五月かな」です。異なるのは一文字だけですが、意味が大きく変わるようです。通説では「今こそ土岐氏である自分が天下を取る五月になった」という、まさに本能寺の変を予告したかのような解釈がなされています。一方新説では「土岐氏は今、この五月雨にたたかれているような苦境に立たされてる五月だ」という現状の心境を素直に表したもので、わざわざ謀叛を匂わせる内容ではないというもので、通説は秀吉によって書き換えられたという解釈です。 ここで双方とも共通して登場するのが「土岐氏」です。明智光秀は土岐源氏の流れであり、家紋も土岐一族の桔梗紋であります。さて、この土岐氏に関係したりんご「トキ」はご存じでしょうか。土岐傳四郎氏が育種開発し自身の名前を品種名とした黄色に輝くリンゴです。 このシードルは、2020年大河ドラマで大注目の明智光秀や土岐さんが作った「トキ」、これらの歴史が一つに繋がった「ご縁」で出来ています。苦境にあった光秀の歴史的決断を風味で表現すべく、白神ワイナリーとのコラボで白神ブナ酵母にて発酵させ、香り高く辛口に仕上げました。光秀に代わり天下を目指す「ときシードル」をご堪能ください。                         トキりんごを愛する会 土岐彰寿 事業者:トキあっぷる社

15,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
750ml×1本 ※アルコール分:7%
このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像はイメージです。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。未成年者の申し受けは致しておりません。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる