イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

りんごジュース<ふじ>1L×6本_A308【1073853】

【りんご農家の成田】 りんごの木は大地に根をはり、太陽に向かって枝葉を広げ、20年の歳月を経て一人前の木になります。 成田のりんごは明治37年(1904)から栽培が始まり、青森の厳しい風土のなか、祖先の知恵と情熱によって守られてきました。 110年以上の歴史あるりんご園を後世に託し、未来へ繋いでゆきたい。 自然の恵みと希望がギュッとつまったおいしいりんごジュースをお届けします。 【青森市浪岡のりんご】 朝日が昇る方向に八甲田、夕陽が沈む方向に岩木山を望む青森市浪岡地区は、青森県のほぼ中心にあります。八甲田連峰の山里にあるりんご農家の成田は、寒暖の差が大きく美味しい作物が育つので、昔は「桃里」や「百々ノ郷」と呼ばれていました。 今から800年前の平安時代末期、りんご農家の成田がある場所に「吉内館」という平城が建てられていたと考えられています。ちなみに「吉内」とは源義経ゆかりの者の「金売吉内」から名付けられ、成田家の遠祖だとも言われています。 平成の大合併前の「浪岡町」は、全国の町でも有数のりんご生産量を誇っていました。八甲田山系の雪解け水を吸い込んだ畑でとれる浪岡りんごはも食味良好と讃えられています。 ■注意事項/その他 〇直射日光を避けて保存してください。 〇搾り果肉が沈殿することがあります。品質上、問題はありませんのでよく振ってお飲みください。 〇開栓後はお早目にお飲みください。 画像はイメージです。 提供元 りんご農家の成田

12,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
■内容量/原産地 ストレート果汁100%りんごジュース【ふじ】1L×6本 原産地:青森市浪岡地区 ■原材料 りんご(ふじ) ■生産者の声 【小さなりんご農家をめざして】 多くのりんご農家は、収穫量アップを重視して広い農地でたくさんのりんごの木が植えられてきました。そこで働く農家は莫大な作業料と長い労働時間により、体とこころに疲労がたまりムリが生じていました。販売はJAや市場、仲卸業者に委託して皆様の顔が見えませんでした。 私がめざすりんご農家は、規模を小さくすることで丁寧なりんご作りをおこない、ゆとりができた時間は出来る範囲で皆様にりんごを手渡すりんご農家です。 そして、皆様とふれあうことでりんご作りの励みにする農家です。 小さなりんご農家として、りんご作りから皆様へりんごをお届けするまで家族の手でおこない生活できる仕組みをつくりたい・・・私には志があります。 「小さな農業経営を確立して若い人達へ伝える。そして、心豊かな若者が多い国にする」。

【りんご農家の成田】 りんごの木は大地に根をはり、太陽に向かって枝葉を広げ、20年の歳月を経て一人前の木になります。 成田のりんごは明治37年(1904)から栽培が始まり、青森の厳しい風土のなか、祖先の知恵と情熱によって守られてきました。 110年以上の歴史あるりんご園を後世に託し、未来へ繋いでゆきたい。 自然の恵みと希望がギュッとつまったおいしいりんごジュースをお届けします。 【青森市浪岡のりんご】 朝日が昇る方向に八甲田、夕陽が沈む方向に岩木山を望む青森市浪岡地区は、青森県のほぼ中心にあります。八甲田連峰の山里にあるりんご農家の成田は、寒暖の差が大きく美味しい作物が育つので、昔は「桃里」や「百々ノ郷」と呼ばれていました。 今から800年前の平安時代末期、りんご農家の成田がある場所に「吉内館」という平城が建てられていたと考えられています。ちなみに「吉内」とは源義経ゆかりの者の「金売吉内」から名付けられ、成田家の遠祖だとも言われています。 平成の大合併前の「浪岡町」は、全国の町でも有数のりんご生産量を誇っていました。八甲田山系の雪解け水を吸い込んだ畑でとれる浪岡りんごはも食味良好と讃えられています。 ■注意事項/その他 〇直射日光を避けて保存してください。 〇搾り果肉が沈殿することがあります。品質上、問題はありませんのでよく振ってお飲みください。 〇開栓後はお早目にお飲みください。 画像はイメージです。 提供元 りんご農家の成田

12,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
■内容量/原産地 ストレート果汁100%りんごジュース【ふじ】1L×6本 原産地:青森市浪岡地区 ■原材料 りんご(ふじ) ■生産者の声 【小さなりんご農家をめざして】 多くのりんご農家は、収穫量アップを重視して広い農地でたくさんのりんごの木が植えられてきました。そこで働く農家は莫大な作業料と長い労働時間により、体とこころに疲労がたまりムリが生じていました。販売はJAや市場、仲卸業者に委託して皆様の顔が見えませんでした。 私がめざすりんご農家は、規模を小さくすることで丁寧なりんご作りをおこない、ゆとりができた時間は出来る範囲で皆様にりんごを手渡すりんご農家です。 そして、皆様とふれあうことでりんご作りの励みにする農家です。 小さなりんご農家として、りんご作りから皆様へりんごをお届けするまで家族の手でおこない生活できる仕組みをつくりたい・・・私には志があります。 「小さな農業経営を確立して若い人達へ伝える。そして、心豊かな若者が多い国にする」。
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる