イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

[№5642-0120]【数量限定!】石田めん羊牧場の羊毛100%使用 職人手作りの羊毛布団(シングル1組)

北海道足寄・石田めん羊牧場産羊毛を100%使用、時間と手間のかかった非常に貴重な職人手作りの羊毛布団シングル2点セットです。 羊毛には繊維の表面にウロコがあり、独特な捲縮(クリンプ)があるため、他の繊維に比べて吸湿性・発散性に優れています。 外の湿度に合わせて自ら吸湿発散作用を繰り返すので、いつでもサラッとした快適さを保ちます。 毛刈り直後の状態から最終的に布団になるまでに、すべての行程を経ておよそ3割まで目減りするため、この布団1組に使用する羊毛は、なんと約10頭分! 10頭の羊たちと共に心地良い時間をお過ごしください。 ※画像はイメージです。 事業者:石田めん羊牧場

320,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
掛け布団1枚(無地) シングル幅155×縦200cm 中綿(石田めん羊牧場産ウール100%・約3kg) 側生地(綿100%)     敷き布団1枚(無地) シングル幅100×縦200cm 中綿(石田めん羊牧場産ウール100%・約3kg) ポリエステル(フォームエース100%・約0.7kg) 側生地(綿100%) ※フォームエースは凹凸構造でクッション性・保温性・緩衝性に優れた従来のポリエステル固綿よりも約40%軽量化された新タイプの敷布団用芯材

北海道足寄・石田めん羊牧場産羊毛を100%使用、時間と手間のかかった非常に貴重な職人手作りの羊毛布団シングル2点セットです。 羊毛には繊維の表面にウロコがあり、独特な捲縮(クリンプ)があるため、他の繊維に比べて吸湿性・発散性に優れています。 外の湿度に合わせて自ら吸湿発散作用を繰り返すので、いつでもサラッとした快適さを保ちます。 毛刈り直後の状態から最終的に布団になるまでに、すべての行程を経ておよそ3割まで目減りするため、この布団1組に使用する羊毛は、なんと約10頭分! 10頭の羊たちと共に心地良い時間をお過ごしください。 ※画像はイメージです。 事業者:石田めん羊牧場

320,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
掛け布団1枚(無地) シングル幅155×縦200cm 中綿(石田めん羊牧場産ウール100%・約3kg) 側生地(綿100%)     敷き布団1枚(無地) シングル幅100×縦200cm 中綿(石田めん羊牧場産ウール100%・約3kg) ポリエステル(フォームエース100%・約0.7kg) 側生地(綿100%) ※フォームエースは凹凸構造でクッション性・保温性・緩衝性に優れた従来のポリエステル固綿よりも約40%軽量化された新タイプの敷布団用芯材
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

日本における羊肉の自給率をご存知ですか?
牛や豚などの主要家畜と違い、国内で正確な統計すら存在しない特殊な「羊業界」、実は自給率は1%にも満たないといわれています。
日本国内で飼育されている羊の頭数は約17,000頭と言われていますが、その中で北海道における飼育頭数が約10,000頭、これは北海道に生息するヒグマと同レベルで、経済動物としてはいかに少ないかが分かります。
つまり、国産の羊の肉はもちろん、毛や革製品を普段目にすることは非常に稀だという事を、まず皆さまに知っていただきたいと思います。

羊は、肉用種であろうなかろうと健康管理のためにも1年に1度必ず毛刈りを行う必要があり、当牧場では春から夏にかけて次々と羊を丸裸にしていきます。

写真

1頭毛刈りするのに要する時間は2~3分。なるべく羊と人に負担が少ないよう、素早く細心の注意を払って手際よく刈り上げます。
刈った直後の羊毛は、すぐさま広げて状態を確認し、大きなゴミや汚れを除いた後、用途別に保管します。
布団の綿用として集めた羊毛は、専門の国内の工場で洗浄後、十勝の老舗布団工場において職人さんの手作業で布団に仕上がっていきます。

写真
写真

羊毛には繊維の表面にウロコがあり、独特な捲縮(クリンプ)があるため、他の繊維に比べて吸湿性・発散性に優れています。外の湿度に合わせて自ら吸湿発散作用を繰り返すので、いつでもサラッとした快適さを保ちます。

敷き布団の材質として、羊毛が最も優れているのはこのためです。
羊毛布団は重たいというイメージがありますが、他の繊維の布団と同じように厚くすると、値段的に高くなり、朝晩の取り扱い時の負担が増します。
そこで、当牧場の布団には新タイプの敷布団用芯材(フォームエース)を使用しています。一列おきに交互に並んだ凸部の反発力が正しい寝姿勢を保ち、この凹凸構造により指圧効果が得られます。従来のポリエステル硬綿と比較すると実に40%も軽くなり、クッション性、保温性、緩衝性に優れています。そのため、フローリングや床に直接敷いてもじとじとしません。

国内の羊牧場で刈られた羊毛は殆どが廃棄処分されるのが現状ですが、石田めん羊牧場ではなるべく価値あるものとして手間をかけてでも商品化していきたい思いがあり、1年間を通じて健康な羊を育てることで、良質の肉、良質の毛を生産できるように注意しながら飼育しています。
肉に限らず、羊毛も輸入製品が市場のほとんどを占めるなかで、せっかくの日本国内で生まれた製品を国内で消費していきたいと考えています。

※羊毛布団の特長として独特のにおいが感じられるものもありますが、ご使用前に一度日干し頂くとかなり軽減されます。
※吸湿性が高く押入れの湿気も吸収しますので、保管に関しては普段は風通しの良い所で陰干しし、たまに日干しすることでヘタリを少なくし、衛生的にご利用頂けます。

-----石田めん羊牧場について-----

石田めん羊牧場は、2001年から始めた足寄町の羊牧場です。
羊の中で最高品質を誇る「サウスダウン種」を主体に、独自の飼育方法と多品種との掛合わせなど模索しながら、石田めん羊牧場独自ブランドの羊肉生産を目指しています。
また、羊から得られるあらゆるモノを商品化することで、余すことなく命を頂くという事を常に意識しています。
2016年からは「フライスランド種」の羊乳からのチーズ作りにも挑戦しています。
同じ足寄町内の「しあわせチーズ工房」本間くんの手によって、国内では大変珍しい羊のチーズが誕生しました。
2017年秋には、「消費者の目線で優れた第1次産業の生産者を応援する」というコンセプトで2004年に始まった「コープさっぽろ農業賞」において、第10回農業賞「特別賞」を頂きました。
ここ1~2年は、足寄町内の若手農業者らで立ち上げた「あしおこし隊」としての活動で、中学3年生対象の足寄町食材を使用したフルコースランチ、街なかの道路を封鎖してビアガーデン開催、有名シェフを招きフルコースディナーの開催等、自分たちも楽しめる町おこしにも取り組んでいます。

写真
写真

石田めん羊牧場HP http://www.ishida-sheep-farm.com/

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる