イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

[01034](期間限定!)甘くてホクホク!太陽の光をたっぷりと浴びた真狩産男爵「まっかりじゃが」10kg

(期間限定!)甘くてホクホク!太陽の光をたっぷりと浴びた真狩産男爵「まっかりじゃが」10kg 肌寒くなってくると恋しくなるのがホクホクでアツアツのジャガイモ!でんぷん質が多くホクホクした食感が美味しい「男爵」は、どんな料理にも向いている使い勝手の良い品種です。真狩村ならではのまんべんなく降り注ぐ太陽の光と昼夜の温度差が、豊富なでんぷん質と豊かな風味を生み出します。また、カロチンやビタミンCが多く含まれるなど、栄養的にも優れた食材でもあります。 【調理方法】 茹でる時や蒸す時は、皮付きのまま湯に入れて茹であげ、後で皮をむく方がホクホクとして水っぽくならず、ビタミンCの損失も少なくなります。丸ごと茹でる場合は、水から茹でてください。沸騰してから茹でると中心まで火が通るころには外側が茹で過ぎになってしまいます。 【オススメの食べ方】 マッシュポテトやコロッケ、粉ふきイモなど様々な料理に適しています。じゃがバターもオススメですよ!十文字の切り目にのせたバターが滴り落ちる光景は、誰もがゴクリと唾を飲む瞬間♪じゃがバターは、洗ったジャガイモを皮のまま丸ごと茹で、十文字に切り目を入れてオーブントースターで約5分。バターをのせたら完成です! 【保存方法】 ジャガイモは、光に当たると光合成により有毒物質が生成されるので、直射日光はもちろん室内の明るいところも避け、光が当たらないようにします。少量保存する場合は、5℃前後で冷蔵庫に入れてください。長い期間保存するには、光の入らないところに置きましょう。保存するときにリンゴを一緒に空気穴のついたポリ袋に入れ、地下室等に保管すると芽の伸びを抑える効果があります。 ※画像はイメージです。 発送元:株式会社 真狩フラワー振興公社

9,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
じゃがいも(男爵)10kg

(期間限定!)甘くてホクホク!太陽の光をたっぷりと浴びた真狩産男爵「まっかりじゃが」10kg 肌寒くなってくると恋しくなるのがホクホクでアツアツのジャガイモ!でんぷん質が多くホクホクした食感が美味しい「男爵」は、どんな料理にも向いている使い勝手の良い品種です。真狩村ならではのまんべんなく降り注ぐ太陽の光と昼夜の温度差が、豊富なでんぷん質と豊かな風味を生み出します。また、カロチンやビタミンCが多く含まれるなど、栄養的にも優れた食材でもあります。 【調理方法】 茹でる時や蒸す時は、皮付きのまま湯に入れて茹であげ、後で皮をむく方がホクホクとして水っぽくならず、ビタミンCの損失も少なくなります。丸ごと茹でる場合は、水から茹でてください。沸騰してから茹でると中心まで火が通るころには外側が茹で過ぎになってしまいます。 【オススメの食べ方】 マッシュポテトやコロッケ、粉ふきイモなど様々な料理に適しています。じゃがバターもオススメですよ!十文字の切り目にのせたバターが滴り落ちる光景は、誰もがゴクリと唾を飲む瞬間♪じゃがバターは、洗ったジャガイモを皮のまま丸ごと茹で、十文字に切り目を入れてオーブントースターで約5分。バターをのせたら完成です! 【保存方法】 ジャガイモは、光に当たると光合成により有毒物質が生成されるので、直射日光はもちろん室内の明るいところも避け、光が当たらないようにします。少量保存する場合は、5℃前後で冷蔵庫に入れてください。長い期間保存するには、光の入らないところに置きましょう。保存するときにリンゴを一緒に空気穴のついたポリ袋に入れ、地下室等に保管すると芽の伸びを抑える効果があります。 ※画像はイメージです。 発送元:株式会社 真狩フラワー振興公社

9,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
じゃがいも(男爵)10kg
このエントリーをはてなブックマークに追加

真狩産「まっかりじゃが」のご紹介

写真
真狩産のジャガイモ「まっかりじゃが」は、甘くてホクホク!
でんぷん質が多くホクホクした食感が美味しいジャガイモは、どんな料理とも相性の良い、使い勝手の良い食材です。肌寒い日にはアツアツのじゃがバターで、心も身体もホッコリしたくなりますね♪

写真
真狩村は、北海道で蝦夷富士と呼ばれる名峰「羊蹄山」の麓にある小さな村です。農業が盛んで、生産量日本一のユリ根をはじめ、アスパラやスイートコーン、人参、かぼちゃ、ジャガイモなど、たくさんの農作物が収穫されます。真狩村は羊蹄山の南東に位置している関係で、農作物が実る重要な時期の朝から夕方にかけて、太陽の光は羊蹄山にさえぎられることなくサンサンと農地に降り注ぎます。そのため、お日様の恵みをたっぷりと浴びた甘~い農作物が出来るのです。

写真
農作物が美味しく実るために重要なものの一つに、土があります。真狩村の風土に合った土壌は、各農家さんが独自に改良を重ねてきました。毎年この土に何が足りないのかを考えて、肥料の配合を変えるのです。
真狩村では毎年「MKP(まっかりポテト)総選挙」というトーナメントを開催し、農家さんご自慢の土壌から採れた美味しいジャガイモのチャンピオンを決定します。美味しい農作物のために、ヒトカタならぬこだわりを持っています。

写真
真狩村ならではの、まんべんなく降り注ぐ太陽の光と昼夜の温度差、そして豊かな土壌が、ジャガイモの豊富なでんぷん質と豊かな風味を生み出します。ジャガイモはカロチンやビタミンCが多く含まれるなど、栄養的にも優れた食材でもあります。腹持ちが良いところも、毎日の献立を考えるうえで嬉しいところ!

写真
提供元の「道の駅真狩フラワーセンター」には、ひと目で旬の野菜が分かる可愛らしいボードが掲載されています。旬の時期と野菜のワンポイントアドバイス、そして訪ねた日の「本日のオススメ!」は嬉しい情報ですね。

作物の実らない冬期間は、ポテトサラダやコロッケなど、ホクホク甘いジャガイモ料理は食卓に欠かせない一品です。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる