イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

【12月発送】北海道産 江差の豆漬け 3Pセット約1.2kg【江差産大豆】

江差町に古くから伝わる郷土食「豆漬け」。枝豆をみょうが、青しそなどの薬味ともに漬け込んだ「枝豆の漬物」です。冬の間の保存食として主に農家の間で伝承されてきました。 その味の特徴は乳酸発酵による「酸味」。酸っぱいのは悪くなっているからではありません。特有の酸味は、発酵の進行とともにより強さを増します。好き嫌いは分かれるところですが、春を越し古漬けのような酸味をもった「豆漬け」こそ「至高」であると評する声も。時間経過にともなう風味の変化も「豆漬け」の楽しみのひとつ。ぜひ、少しづつ味見しながら、好みの味を探してみてください。 さやもよく漬かってはいますが食べられません。さやから豆をとりだしてご賞味ください。そのまま、ご飯のおかずや酒のつまみにするのはもちろん、混ぜご飯や炒飯の具材にもお使いいただけます。 豆漬けの仕込みが行われるのは、稲刈りが始まる前の秋の一日。えさし水土里の会の拠点となっている廃校となった小学校に、近隣の農家のお母さん方が集まり、みんなで協力しながら昔ながらの材料と製法で仕込みを行います。材料の江差産大豆「ゆめのつる」を収穫するのは当日の早朝。採れたての新鮮な豆を使うのが美味しさの秘訣だといわれています。 手作業でさやをもぎ取り水洗いした豆を固めに茹であげ、塩やみょうが、青しそ、赤唐辛子とともに漬け込みます。作業が終わるのは日暮れ過ぎ。一日がかりの大仕事です。漬け込み期間は3か月程。12月下旬には食べ頃の「豆漬け」ができあがります。 製造工程のほとんどが手作業で行われ大量生産ができないため、できあがった「豆漬け」の大半は町内で消費され外に流通することはあまりありません。ぜひ、この機会に江差の希少な郷土の味をお試しいただければ幸いです。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
豆漬け:約400g × 3パック

江差町に古くから伝わる郷土食「豆漬け」。枝豆をみょうが、青しそなどの薬味ともに漬け込んだ「枝豆の漬物」です。冬の間の保存食として主に農家の間で伝承されてきました。 その味の特徴は乳酸発酵による「酸味」。酸っぱいのは悪くなっているからではありません。特有の酸味は、発酵の進行とともにより強さを増します。好き嫌いは分かれるところですが、春を越し古漬けのような酸味をもった「豆漬け」こそ「至高」であると評する声も。時間経過にともなう風味の変化も「豆漬け」の楽しみのひとつ。ぜひ、少しづつ味見しながら、好みの味を探してみてください。 さやもよく漬かってはいますが食べられません。さやから豆をとりだしてご賞味ください。そのまま、ご飯のおかずや酒のつまみにするのはもちろん、混ぜご飯や炒飯の具材にもお使いいただけます。 豆漬けの仕込みが行われるのは、稲刈りが始まる前の秋の一日。えさし水土里の会の拠点となっている廃校となった小学校に、近隣の農家のお母さん方が集まり、みんなで協力しながら昔ながらの材料と製法で仕込みを行います。材料の江差産大豆「ゆめのつる」を収穫するのは当日の早朝。採れたての新鮮な豆を使うのが美味しさの秘訣だといわれています。 手作業でさやをもぎ取り水洗いした豆を固めに茹であげ、塩やみょうが、青しそ、赤唐辛子とともに漬け込みます。作業が終わるのは日暮れ過ぎ。一日がかりの大仕事です。漬け込み期間は3か月程。12月下旬には食べ頃の「豆漬け」ができあがります。 製造工程のほとんどが手作業で行われ大量生産ができないため、できあがった「豆漬け」の大半は町内で消費され外に流通することはあまりありません。ぜひ、この機会に江差の希少な郷土の味をお試しいただければ幸いです。

10,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
豆漬け:約400g × 3パック
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる