イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

SOMES FU-02 バックパック(ブラック)

品のある素材と収納力に優れているバックパック。 競馬の調教鞍をモチーフにデザインし、上質でしなやかな革を使用したカジュアルな中にも上品さを感じられる[ハロン]。バックパックは、フラップを開けると巾着型になっているので、大きな荷物の出し入れや整理したいときは中身が見やすく、とても便利です。 サイドには本体へ繋がるファスナー付きで、小さなものをさっと出し入れしやすく使いやすい設計。背中についているファスナーポケットは、身の回りのスマホや鍵、スリムなお財布などをいれても◎! 外側サイドポケットはペットボトル、折りたたみ傘などを収納可能。革素材のバックパックはタウンユースでもかっこよく、旅行にも最適です。 (革、革製品、革鞄、革バッグ、鞄、バッグ、バックパック、リュック) ※破損や品質上の問題がある場合を除き、一度お贈りした特産品の返品・交換に応じることはできません。

330,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
サイズ:幅300ミリメートル×高さ430ミリメートル×奥行125ミリメートル スペック:外ポケット*3、内ポケット*1 素材:牛革 カラー:ブラック

品のある素材と収納力に優れているバックパック。 競馬の調教鞍をモチーフにデザインし、上質でしなやかな革を使用したカジュアルな中にも上品さを感じられる[ハロン]。バックパックは、フラップを開けると巾着型になっているので、大きな荷物の出し入れや整理したいときは中身が見やすく、とても便利です。 サイドには本体へ繋がるファスナー付きで、小さなものをさっと出し入れしやすく使いやすい設計。背中についているファスナーポケットは、身の回りのスマホや鍵、スリムなお財布などをいれても◎! 外側サイドポケットはペットボトル、折りたたみ傘などを収納可能。革素材のバックパックはタウンユースでもかっこよく、旅行にも最適です。 (革、革製品、革鞄、革バッグ、鞄、バッグ、バックパック、リュック) ※破損や品質上の問題がある場合を除き、一度お贈りした特産品の返品・交換に応じることはできません。

330,000 以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
サイズ:幅300ミリメートル×高さ430ミリメートル×奥行125ミリメートル スペック:外ポケット*3、内ポケット*1 素材:牛革 カラー:ブラック
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で唯一の馬具メーカー「ソメスサドル」が作る革製品

写真

砂川のSOMES

写真

ソメスサドルの砂川ファクトリー&ショールームは、札幌と旭川の間に広がる空知平野の真ん中、砂川市にあります。自分たちで植えた約700本の木々と共に、季節の色合いを感じながらものづくりを続けています。

春〜秋には中庭に馬を放牧し、乗馬体験のイベントや革小物づくりなどを通して、地域の方とものづくりの楽しさを共有しています。

私たちはこれからもこの場所を拠点に、「ものづくり」と「地域」の可能性を模索しながら、世界のお客様と触れ合えるフィールドを目指しています。

写真

守りたいものがありました

ソメスサドルの原点は「馬具づくり」にあります。
かつて北海道歌志内市は炭鉱で栄え、人口5万人に迫る街でした。

しかし、石油へのエネルギー転換がすすむにつれて人口が減少。
そうした中、新しい企業誘致の一環として1964年にソメスサドルが誕生しました。

明治以来、北海道の開拓を支えてきた馬、そして馬具づくりの技術。
この技を守り、受け継ぎ、世界のマーケットに通用する馬具をつくろう。

こうして馬具職人がこの地に集まり、頂点を目指すべく新たな挑戦が始まったのです。

写真

馬具屋の心を育む

「鞍」という字は「革」に「安」を添えます。

人の命を預かる鞍は、「安心・安全」を最優先するため、素材の選択と手作業に妥協が許されません。

武 豊氏やミルコ・デムーロ氏をはじめとする国内外の競馬騎手の鞍を手がけ、宮内庁に馬車具を納入する仕事のなかで、私たちは「本物」を造る心を学び続けてきました。

先陣の技と知恵を受け継ぎ、ものづくりに丹精を込める。

毎日の作業の中で生まれる小さな発見は、新しい技の創造に繋がります。

制作過程

ひとつ、ひとつ

ソメスサドルは創業以来、製品づくりをハンドメイドでおこなっています。

単なる「道具」ではなく、時を経てますます愛着の湧く製品づくりを目指し、企画から製造、販売、修理までを一貫して行っています。

写真

企画は、修理を想定して設計します。試作をつくり、幾度も改良を重ね、納得したものを造る。革製品づくりすべてにおいて共通の工程です。

写真

素材は、ひとつとして同じものがないため、一枚一枚の「個性」を見極めなくてはいけません。繊維の方向、堅牢の差など部位の特徴を見定め、裁断します。

写真

製造は、ベテランの職人と若手が組んで、3〜4人のチームで進めます。
多品種少量の生産体制を実現するために、職人はあらゆる工程を経験します。自然素材を扱う中で、自身の「進化や挑戦」の楽しみが生まれます。

写真

販売は、つくり手の想いをお客様へ、お客様の要望をつくり手へ伝える「架け橋」です。ソメスサドルのスタッフがいるお店は全国に8店舗。商品に愛着をもっていただけるように、日々お客様と向き合っています。

写真

修理は、ものづくりの大切な工程のひとつ。長年ご愛用いただいた多くの製品が工場に「里帰り」します。製品の誕生を知っているからこそ、修理の質もあがります。そしてお客様の声を聞き、再びものづくりに活かします。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

ページ内の一番上へもどる