イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • みやざきけん
  • こばやしし
  • 宮崎県
  • 小林市
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

『高齢化』『後継者不足』に挑む! 日本一の和牛産地を”子牛の命名”を通じて支援する!
国内和牛日本一を決める全国和牛能力共進会で、日本一の和牛の称号となる内閣総理大臣賞のタイトルを通産15年保有した宮崎牛。この受賞牛は小林市で生産された和牛です。 小林市は、日本一の和牛が生まれる産地でありますが、生産者の高齢化が進み後継者も不足している状況です。生産者を支援し、後継者を育てることにより、日本一の和牛の産地を守っていこうということが本プロジェクトの狙いとなります。
安心して子どもを生み育てることのできる子育てにやさしいまちづくり
大きな課題のひとつである少子化の進展。子育てにやさしいまちとして、安心して子育てができる環境づくりを図り、地域内の少子化対策と移住定住につなげていきます
教育環境の整備を図り、将来を担う子どもたちが積極的に学ぶことのできるまちづくり
未来を担う小林市の子ども達。誰もが将来の夢を描き、そしてその将来に向けての知識や経験の蓄積につなげるため、子供たちの学びの機会を充実させます
健康で健やかな生活を送り、一人ひとりが生きがいの持てるまちづくり
だれもが健康で健やかな生活を送り、生きがいが持てる社会をめざします。健康推進プログラムを充実し、市民一人ひとりの健康づくりをサポートします。
災害に強く、安心安全に暮らせるまちづくり
東日本大震災の教訓を活かし、今後起こりうる災害へ備え、安心安全に暮らせるまちづくりを図ります。
豊かな自然環境や文化を後世に残すまちづくり
このまちの魅力は、何より豊かな自然と人、そしてそれが織り成す文化です。この“宝もの”を次世代に残していく活動に力を入れます。
産業の活性化を図り、地域経済の発展に取り組むまちづくり
急激な人口減少により、地域経済が縮小していく中「稼ぐ観光」に焦点が当てられています。交流人口の増加や新たな雇用の創出などに向けて取り組んでいます
市長におまかせ
市長が小林市のまちづくり、ひとづくりのために有効に活用させて頂きます。
全国和牛ハイスクールサミットinこばやし初開催! 和牛生産の未来を担う高校生を応援したい!
全国的に生産者の高齢化や後継者不足に悩む畜産業界。宮崎牛の一大生産地である小林市も例外ではありません。畜産業界の抱える課題を広く認知していただき、全国に支援の輪が広がることを願って、クラウドファンディングに挑戦します。 5年に1度開かれる「全国和牛能力共進会」は、「和牛のオリンピック」とも称され、全国から一流の和牛が集います。2017年の宮城大会では復興特別枠として「高校の部」が設けられ、参加した生徒たちにとって大変貴重な機会となりました。そのような機会を一人でも多くの高校生に提供します。
生産・直販・加工・地域環境保全を含めた農業・農業者の新たな「拠点」を作りたい!
はじめまして! 小林市で有機農業を営んでいるホリケンファームの堀研二郎といいます。 今回のふるさと納税型クラウドファンディングでは、食べ物を売るということだけではなく、消費者の暮らしに寄り添える食糧基地となる「拠点」を創るための資金調達に挑戦します。 ※ふるさと納税の制度上、小林市内の方にお礼の品をお届けすることができません。小林市内の方は本文中の緑のボタン「ふるさと納税で応援」からご寄附ください。農場長の本気のお礼動画メッセージをお届けします(必ずメールアドレスを登録ください)。
火山活動に苦しむふるさとの観光地“生駒高原”を、地元高校生のアイデアで盛り上げたい!
宮崎県小林市が誇る観光名所、生駒高原。しかし近年、新燃岳の噴火や硫黄山の噴火警戒レベルの高まりなどの影響を受けて大変厳しい状況に置かれています。 その課題解決に挑むのは地元の高校生。シムシティ課の取組を通して生まれた先輩のアイデアを後輩が受け継ぎ、ブラッシュアップして、生駒高原の魅力を新たな角度から高めることに挑戦します。 現地視察やワークショップなどを重ねて生まれた高校生らしいアイデアの数々。そのアイデアの実現は、ふるさとの観光名所に必ずや新しい価値を創造します。 ※小林市内の方は本文中の緑のボタン「ふるさと納税で応援」からご寄附ください。5,000円につきVR体験チケット1枚をお届けします。
平成30年宮崎県小林市 新燃岳噴火災害支援受付
学生の皆さん、コロナに負けるな!ふるさと繋ぐ繋がるプロジェクト
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて発令された国の緊急事態宣言の対象地域が39県において解除となりましたが、都市間の移動自粛が必要な状況に変わりはありません。小林市でも感染拡大につながる都市間の往来について、帰省を含め可能な限り控えていただくよう協力を要請しています。 ■全国を対象とする緊急事態宣言が5月31日まで延長されたことを受けて、本プロジェクトの実施期間も5月31日まで延長し、支援を要望する学生の募集及び寄附の募集を継続しています。 この非常事態に帰省自粛を余儀なくされている学生の皆さんの不安は計りしれません。休校などで学校に通うことが出来なくなり、アルバイトや帰省も自粛の影響で出来なくなるなど、これまでの生活が一変しています。 そんな学生の皆さんを応援するために「学生の皆さん、コロナに負けるな!ふるさと繋ぐ繋がるプロジェクト」を立ち上げました。 このプロジェクトではいただいた寄付金を活用し、帰省を自粛している小林市出身の学生を対象に、ふるさと小林市からお米やマスクなどの応援物資を届けます。 ぜひとも、多くのご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ※ふるさと納税の制度上、小林市内の方にお礼の品(マスク)をお届けすることができません。小林市内の方は本文中の緑のボタン「ふるさと納税で応援」からご寄附ください。寄附金額は2,000円以上から受け付けます。 ※応援物資を希望する学生の皆さんは、小林市地方創生課にお電話(0984-23-1148)かメール(k_furusato@city.kobayashi.lg.jp)でご連絡ください。

宮崎県 小林市 基本情報

住所
宮崎県宮崎県小林市細野300番地
URL
http://www.city.kobayashi.lg.jp/
TEL
0984-27-3256

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる