イオン銀行特設サイト Powered by ふるさとチョイス

  • ふくおかけん
  • おおのじょうし
  • 福岡県
  • 大野城市
このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

南地区高齢者移動支援事業への寄附<br /> (ふれあい号)
坂道が多い南地区では、高齢者が外出することが大変なため、ワゴン車で日常生活に必要なスーパーや病院、郵便局などを無料で巡回する事業を行っています。   南地区コミュニティ運営委員会で負担する運営費は、年間130万円程度が必要です。   この事業の運営費を寄附していただくものです。   注:南地区コミュニティとは、牛頸区、若草区、平野台区、月の浦区、南ヶ丘1区、南ヶ丘2区、つつじヶ丘区の7区で組織する団体です。
保育所(園)への本等の寄贈
子育てにおいて、幼児期は子どもたちの豊かな感性や想像力が育まれる最も重要な時期です。 幼児期の子どもたちが、市内の保育所(園)で使用する絵本や紙芝居などの図書類、知育玩具等の保育備品を購入する費用を寄附していただくものです。
花いっぱい運動 花苗購入
市内を花と緑のあふれる美しい街にするため「花いっぱい運動」を行っています。 毎年、春と秋の2回に分けて、色とりどりの季節の花を市内各所に植えています。 これらの花の苗の購入費を寄附していただくものです。 花の苗は1株100~200円程度です。寄附により、さらに多くの花を咲かせることができます。
ふるさとの未来を担う若者の就学を支援してください!奨学資金
大野城市では、就学の意欲がありながら経済的理由で就学できない学生に奨学金を給付する制度があります。    これは、篤志家からの寄附で設立した基金を運用し資金としていましたが、最近の低金利により基金が年々減少しています。 今後も意欲ある学生の就学希望がかなうよう、基金への積立金を寄附していただくものです。   注:奨学金の詳しい内容は、市奨学資金制度のページに掲載しています。
「歴史をつなぐ路」ふるさと納税
本市が全国に誇る大野城跡を身近に感じることができる登山道「(仮称)歴史をつなぐ路」のうち、総合体育館から四王寺山の毘沙門堂までのコースとして整備している、「大野城歴史の散歩道」が平成28年にオープンします。 この美しい登山道を未来に繋ぎ、残していくための維持管理費を寄附していただくものです。
【準備中】<br /> 大野城心のふるさと館 共感プロジェクト「平成の石垣づくり応援寄附金」
大野城市の新たなシンボル「(仮称)大野城心のふるさと館」にあなたの名前を刻んでみませんか! 先人たちが心一つに築いた古代山城「大野城」。 ふるさと館は平成の「大野城」として、みなさんのふるさとへの思いを積み上げて建設します。 寄附の証として、ご芳名をふるさと館に刻み、その思いを次代に受け継いでいきます。   注:このメニューは現在準備中ですので、準備が出来しだい受け付けを開始します。 写真:(仮称)大野城心のふるさと館イメージ(平成30年オープン予定)
「まどか号」AEDで市民を救う!!
コミュニティバスまどか号を利用される皆様に、より安心してご利用いただけるよう、まどか号車内にAEDを設置するため、寄附していただくものです。 また、設置と併せて車内にふるさと納税により設置された旨の掲示を行います。   注:コミュニティバスへのAED設置は県内初となります。(本市調べ)
大野城市に来る・住む・集う推進プロジェクト (心のふるさと館管理運営事業:市民ミュージアム「大野城心のふるさと館」を応援)
プロジェクト説明
新型コロナウイルス感染症緊急支援
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、市民生活に大きな影響が生じています。 大野城市では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止、地域事業者の支援や子育て世代への支援など、本市独自の施策を行っています。 この度、みなさまからのご支援を新型コロナウイルス対策に活用させていただくため、ふるさと納税の使い道に「新型コロナウイルス感染症緊急支援」を追加しました。 みなさまの温かいご支援を心よりお願いいたします。
南地区まちづくり支援事業<br /> (高齢者移動支援、世代間交流等)
南地区では、地域を無料巡回するふれあい号や軽トラックで地域をまわり食品等を販売するふれあい市場、外出と地域との繋がりを促すふれあい食堂等の高齢者支援や、世代間交流を交えながら行う子ども神輿などの子ども育成事業を実施しています。地域が進めるまちづくり事業への寄附をお願いします。
中央地区まちづくり支援事業<br /> (子どもの見守り支援、ハザードマップ作成等)
中央地区では、子どもの見守り支援として、登下校時の小学生等を事故や犯罪から守るための「見守り活動」と、放課後の午後5時から午後7時までの間「居場所の提供と見守り活動」を行います。また、各地域ごとのハザードマップ作り等を実施しています。地区の皆さんが安全に安心して暮らせる、中央コミュニティの「まちづくり」に寄附をお願いします。
東地区まちづくり支援事業<br /> (高齢者移動支援、リスクマップ作成等)
東地区では、全家庭へ避難道路や避難場所を示した「リスクマップ」づくり等の防災対策、高齢者の認知症対策、独居者対策、ワゴン車で日常生活に必要な買い物や通院等を無料で巡回する移動支援事業、子どもの安全と故郷づくりの取組みを行っています。地域のまちづくり事業について寄附をお願いします。
北地区まちづくり支援事業<br /> (御笠川を活用したイベント、子育てサロン等)
北地区では、地域のシンボルである御笠川を活用したイベントやハザードマップの作成等を通じた防災意識の普及活動、子育て研修会等、あらゆる年代層が参加でき、共感しあえる行事を実施しています。地域住民が共働して子どもたちを豊かに育み、お互いが支えあって安全で安心して暮らせるまちづくりに寄附をお願いします。
奨学資金<br /> (ふるさとの未来を担う若者の就学を応援)
 就学意欲がありながら、経済的理由で就学できない学生に「給付型」の奨学金を支給する大野城市独自の奨学金制度です。就学希望を叶えるため、寄附をお願いします。
心のふるさと館管理運営事業<br /> (市民ミュージアム「大野城心のふるさと館」を応援)
 平成30年7月開館の大野城心のふるさと館は、歴史・こども・にぎわいをキーワードとして「ふるさと大野城」をまるごと体感できる施設です。まちのにぎわいづくりにつながる事業に寄附をお願いします。
歩道・交差点・通学路の安全表示<br /> (交通事故からみんなを守る 安全で安心できる道路をつくる)
 大野城市では、にぎわいのまちづくりを進めています。こどもや高齢者、障がい者のみならず、本市を訪れる観光客等みんなが、安全で安心して市内を歩くことができるよう、カラー舗装等を整備するものです。安全で安心な道路をつくり、交通事故からみんなを守るため、寄附をお願いします。
ブックスタート<br /> (絵本の読み聞かせを通して赤ちゃんとふれあいの時間をつくる)
 生後4カ月~1歳3カ月の赤ちゃんとその親を対象として、親子が「絵本」を通して心ふれあう時間をもつ「きっかけ」を届けることを目的に実施しています。絵本を開く楽しさを届ける事業に寄附をお願いします。
使途を指定しない<br /> (市に一任する)
 寄附金の使い道を特に定めず、大野城市にお任せいただくものです。頂いた寄附については、しっかりと検討し、本市のまちづくりに役立たせていただきます。
01.地域づくり
地域課題解決に取り組む地域住民の活動支援や産業の振興、地域資源の活用など、地域との共働による魅力輝くまちづくりのための取組みに活用させていただきます。 ○各地区まちづくり支援事業(高齢者移動支援事業等) ○心のふるさと館運営事業 など
02.子育て・教育
子育て支援の充実や給付型奨学資金、教育環境の整備 など、未来を担う子どもたちが心豊かに育つまちづくりのための取組みに活用させていただきます。 ○給付型奨学資金 ○ブックスタート など
03.健康長寿・福祉
健康づくりや高齢者の生きがいづくり、地域福祉の推進など、誰もが自分らしくすこやかに生活できるまちづくりのための取組みに活用させていただきます。 ○新型コロナウイルス感染症緊急支援 など
04.都市環境・安全安心
安全安心なまちづくり、自然環境の保全、機能的で潤いのある都市空間の創出など、都市と自然が共生した安全で安心なまちづくりの取組みに活用させていただきます。 ○歩道・交差点・通学路の安全表示  など
05.使途を指定しない(市に一任する)
寄附金の使い方を特に定めず、大野城市にお任せいただくものです。まちづくり全般に係る取組みに幅広く活用させていただきます。

福岡県 大野城市 基本情報

住所
福岡県福岡県大野城市曙町二丁目2-1
URL
http://www.city.onojo.fukuoka.jp/s002/050/010/kojinban.html
TEL
092-501-2211

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

ページ内の一番上へもどる